その他

2020年03月18日 22:00

keisanki

URL:https://pokecosmos.github.io/calc_stats_galar/ 

ガラル図鑑対応のステータス計算機を公開しました。

ブラウザで動くツールです。パソコンでブログを書きながら別タブでこのツールで調整を確認してブログにコピペする使い方ができます。

ポケモン名を入れると種族値が自動で入力されます。ポケモン名はひらがなで入力してエンター、もしくは別のところをクリックして選択を外してくれれば変換しなくても勝手にカタカナに変換して認識します。

努力値を変更すると能力値に反映され、能力値を変更すると努力値に反映されます。Lv5やLv30など低レベルでのステータス調整に関しても能力値の上下ボタンを押すだけで必要努力値が計算されます。

努力値が振られている状態で性格補正位置を変更すると実数値にあわせた必要努力値が再計算されるので、性格補正をどこにすべきかどちらでも問題ないのかが簡単に確認できます。

耐久振りボタンを押すと余りの努力値をいい感じにHBDに振り分けます。既に耐久振りがされているポケモンについても物理耐久、特殊耐久を下げない範囲でバランスがいい配分に変更します。
参考:http://firefly1987.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
http://firefly1987.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

フォルムが複数あるポケモンはボタンで切り替えが可能です。


2018/12/1
公開

2019/1/25
コオリッポのアイス、ナイスの切り替えボタンを追加
イエッサンの♂♀の切り替えボタンを追加
ヤドンのデータ追加

2019/1/28
個体値を変更したときに色を変える機能を追加
スマホ表示のときに×ボタンが非表示になるよう変更

2019/1/31
全国図鑑のポケモンのデータを追加

2020/3/18
耐久振りボタンを追加

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月29日 05:00

Pokémon-Icon_083a_StSdPokémon-Icon_865_StSd


カモネギの進化条件は1回の戦闘で3回急所にあてて勝利すること。
戦闘から逃げたり、戦闘終了時にカモネギがひん死になっていたりすると進化できない。

攻撃の試行回数が必要なら攻撃してこないソーナンスが丁度いいのではと最初は思っていたのですが、3回攻撃を当てることができる程度に近いレベルの相手に挑戦する必要があるのでソーナンスのカウンターやみちづれで簡単に倒されます。なので、別の手頃な相手をさがしました。

つじぎり遺伝のカモネギを孵化し、けいけんアメM1個でレベル14に育てて、ながねぎを持たせ、ガラル鉱山のドッコラーにつじぎりを3発当てると丁度倒せて進化できます。

格闘タイプ相手につじぎりするのがいいです。


ガラル最初の構築としてネギガナイト入りを考えて何体も再育成をしていてるうちに気づきました。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月30日 15:40


厳選とは、基礎ステータスの高いポケモンを入手するための作業のことです。

ポケモンのステータスは捕まえたばかりの同じレベルの同じポケモンでもそれぞれ異なります。個体値と呼ばれる隠しパラメータや性格によるステータス補正があるからです。

EKiKhRoUwAIuqNa

ポケモンのステータスは強さを見るで確認できるこの数字です。ポケモン対戦をやりむ人の間ではHPをH、こうげきをA、ぼうぎょをB、すばやさをS、とくこうをC、とくぼうをDと略すのが一般的になっています。

個体値はHP、こうげき、ぼうぎょ、すばやさ、とくこう、とくぼうの6つの能力値それぞれに対応する0~31の値です。殿堂入り後、バトルタワーで6勝してジャッジを解放することで個体値を確認できるようになります。ボックス内で+ボタンで表示をきりかえられます。

性格による補正はステータス画面から確認することができます。ステータス確認画面で青色のステータスが0.9倍に、赤色のステータスが1.1倍になる補正がかかっています。

性格と個体値はポケモンを捕獲したときに決定されます。個体値は「ぎんのおうかん」または「きんのおうかん」を消費して「すごいとっくん」をしたときのみ修正することができ、性格はミントを使用したときのみ補正位置を修正することができます。

ポケモン対戦をやりこんでいる人は、基礎ステータスの高いポケモンを何体も用意するためにポケモンをつかまえる作業をひたすら繰り返します。ポケットモンスターソード・シールドではポケモンを入手する方法は捕獲・交換・孵化の3種類です。それぞれ説明しようと思います。

ポケモン対戦を始めたばかりの人にとっては「基礎ステータスの高いポケモンを何体も用意するよりこと」よりも、「たくさん対戦して強いプレイングを覚えること」のほうが対戦で勝利するためにもモチベーションを高めるためにも重要だと思うので、ポケモンをやりこんでる人たちを真似て最初から厳選に時間を使いまくるのはあまりお勧めしません。昔からポケモンをやりこんでいる人は感覚が麻痺している人が多いです。


1.捕獲
捕獲は野生のポケモンにモンスターボールで捕まえる作業です。

野生のポケモンの個体値や性格は基本的にランダムなので、個体値が全部さいこうのポケモンや狙った性格のポケモンを野生で捕まえようとするととても難しいです。

◆ポケモンを捕まえるときに便利な特性
〇シンクロ
先頭にシンクロのポケモンを置いていると確実におなじ性格のポケモンと遭遇できます。伝説のポケモンやレイドでは効果がありません。

〇ふくがん
先頭にふくがんのポケモンを置いていると道具をもったポケモンに遭遇しやすくなります。

長くなるのであげませんが、他にもポケモンの出現率が変化する効果のある特性がいくつもあります。

◆オーラを纏ったポケモン
野生のポケモンの中にはたまにオレンジ色のオーラをだしているポケモンがいます。倒すとワットをくれるのですがオーラには他にも意味があり、タマゴ技を覚えていたり、2V以上が確定だったりするようです。

Vは個体値が「さいこう」であることを表す略称です。2Vならば2つの個体値が最高、6Vならば全ての個体値がさいこうであることを表します。「ダメかも」のときが最低で個体値0の状態です。

◆マックスレイドバトル
ワイルドエリアで光の柱のある場所で発生するバトルのことです。★1~★5のランクがあり、★3で3V以上確定、★5で4V以上が確定するので個体値の高いポケモンを捕獲することができます。レイドバトルでは隠れ特性のポケモンが出現する可能性があります。稀にキョダイマックスした特別なポケモンが出現します。

厳選をはじめるにあたって4V以上のポケモンが簡単に入手できるのは非常に重要なので、対戦環境を整えるときはレイドバトルにたくさん参加して個体値の高いポケモンを捕獲しまくるのがオススメです。性格や特性がよければそのまま育成してランクマッチで使っても良し。孵化厳選をするときの親にするのも良し。隠れ特性であれば交換用のポケモンとして需要が高いかもしれません。

キョダイマックスは普段のランクマッチでは使用不可能ですが、友達と対戦するときや特別な大会のときなら使用可能です。他人の開くレイドの場合キョダイマックスポケモンの捕獲成功率はとても低くなり、捕獲率の特に優秀なリピートボールを使用しても何度もチャレンジしないと捕獲は難しいです。

出現するポケモンや勝利後に獲得できる技レコードには場所によって違いがあるので、狙いが決まっている人はポケモン徹底攻略で場所を確認しましょう。

インターネット接続をしている状態であればフレンドや知らない人のレイドにも参加できます。NPCは攻撃を選んでくれないことも多いので、レイド参加の機会を増やすためにもレイド勝率をあげるためにもフレンドを増やすのは大事です。レイドを開くときに+ボタンを押してパスワードを設定すると、パスワードを教えたフレンド同士で他のプレイヤーを混ぜずにレイドをすることができます。

2.交換
YYコミュニケーションから行える機能です。

ポケモンは一人で冒険や図鑑埋めを楽しむこともできますが、友達と協力するほうが楽しいし難易度が下がります。それは対戦準備も同じで、別々のポケモンを厳選した人同士で交換すれば厳選作業の手間を減らすことができます。

5Vの理想個体がでるまで孵化をつづけたハズレとしてたくさんでる4V同士を気軽に交換すると、その後の厳選が楽になります。そして、お互いに5Vまで頑張ってもらって理想個体同士を交換ができれば、4Vをもらった後に改めて孵化厳選をする手間まではぶけてもっと楽になります。

◆通信交換
パスワードなしの交換では誰かとマッチングして交換ポケモンを選ぶ画面に移動します。パスワードありの交換では4桁のパスワードを入力して同じパスワードを入力した誰かと交換になります。特定の友達を選んで交換を始めることができなくなりました。

被りにくそうなパスワードを使って、友達とタイミングを合わせて交換を試みて、すぐポケモンを選ばずに+ボタンで切り替えて相手のトレーナーネームを確認してから交換しましょう。誕生日になりうる数字は被りやすいため避けましょう。

狙った相手との交換が難しくなったので使い勝手が悪くなったのは事実なのですが、この仕様は別の便利な扱い方が可能です。

パスワードあり通信交換の機能を使えば、大人数が集まる配信で同じパスワードを使ったランダムマッチ交換会が可能になります。数百人があつまる配信で孵化余りを交換しあうパスワードあり交換を体験したのですが、数秒でマッチングが成立する超高速交換が実現し、持っていない孵化余りがどんどん集まり図鑑もどんどん埋まりました。すごかったです。

◆マジカル交換
ミラクル交換から名前が変わりましたが同じ機能です。登録しておいたポケモンをどこかの誰かと交換してくれます。有用な個体がくる可能性は低いですが、知らない人との交換という行動自体にIDが増える効果があるので、IDくじの当選率アップのために活用できます。

IDくじは、ポケモンセンターのパソコンで行えるくじです。ソフト内のポケモンの親のIDNo.が多いほど当選率が高くなり、ID下2桁を100通り揃えた状態を作れば毎日ポイントアップ等のお得なアイテムが当選するようになります。下3桁が一致すればポイントマックスが当選するため、サブロムでID下3桁を全パターンそろえて毎日ポイマを回収ということも可能です。


3.孵化
対戦用のポケモンを同じポケモンでも構成を変えて何匹も育成したい場合に必要になる作業です。

タマゴグループが一致している♂♀の組み合わせで育て屋にポケモンを預けた場合、もしくはメタモン一匹と別のポケモンを育て屋に預けた場合、ポケモンのタマゴを手に入れることができます。タマゴを孵化すると♀親のポケモンの進化前、もしくはメタモンと一緒に預けた♂親のポケモンの進化前のポケモンが生まれます。

タマゴグループはそのポケモンがタマゴを一緒につくることができる属性です。ポケモン徹底攻略の図鑑で確認しましょう。例えばサーナイトはタマゴグループ人型/不定形と書かれていて、クリックすると同じグループのポケモンが確認できます。このサーナイトのようにサンムーンまでと比べてタマゴグループが追加されたポケモンも存在するので、以前からポケモンをやっている人もよく確認してみましょう。
無題

◆個体値遺伝
HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6つのステータスのうち3つについて、どちらかの親の能力を遺伝するのが基本的な仕様です。残りの能力はランダムに決まります。

あかいいと
どちらかの親に赤い糸をもたせた場合は5つのステータスについてどちらかの親の能力を遺伝するようになります。孵化厳選の必須アイテムで、ナックルシティポケモンセンターで10BPで交換できます。

6Vの両親+赤い糸の場合は確実に5Vが生まれ1/32, 約3%の確率で6Vが生まれます。
5V+6Vの親+赤い糸で6Vが生まれる確率は1/6*1/32+5/6*1/2*1/32 = 7/384, 約2%
両親がA抜け5V+赤い糸でA抜け5Vを産む確率は1/6+5/6*1/32 = 37/192, 約19%
A抜け4V+A抜け5Vの親+赤い糸でA抜け5Vが生まれる確率は
1/6*((1/2+1/32*1/2) + 1/32 + 3*(1/2*1/32))=19/192, 約10%

親にしたポケモンの個体値が高いほど孵化厳選も楽になります。

◆性格遺伝
タマゴから生まれるポケモンの性格は、野生のポケモンを捕まえるのと同じで基本的にはランダムです。

かわらずのいし
どちらかの親にかわらずの石を持たせた場合は、タマゴから生まれるポケモンが必ずそのポケモンと同じ性格になります。これも孵化厳選の必須アイテムで、ワイルドエリア/ハノシマ原っぱ預かりや前にいる穴掘り兄弟や、野生のダンゴロやガントルから入手できます。
また、ガラルフォルムとこれまでのフォルムが存在するニャース、デスマス、バリヤードは普通にタマゴを作ってもガラルフォルムになってしまいますが、通常フォルムのポケモンに変わらずの石を持たせてタマゴを作ると通常フォルムのポケモンが生まれます。

◆特性遺伝
孵化で出会ったポケモンの特性は♀親の特性と同じ特性である確率が高くなります。

メタモン×通常特性親(♂♀): 親(♀)の特性が8割遺伝
メタモン×隠れ特性親(♂♀): 親(♂♀)の特性が6割遺伝
親(♂)×通常特性親(♀): 親(♀)の特性が8割遺伝
親(♂)×隠れ特性親(♀): 親(♀)の特性が6割遺伝

通常特性1、通常特性2、隠れ特性の3つを持つポケモンの孵化は♀親の特性が6割で遺伝、残りが通常特性自然発生になります。通常特性孵化の場合、自然発生した2割も成功になるので見た目8割遺伝になります。

◆技遺伝
〇タマゴ技遺伝
レベルアップや技マシンでは覚えない技を孵化によって覚えさせることができる場合があります。覚えることができる技はポケモンによって決まっているのでポケモン徹底攻略でそれぞれのポケモンについて調べて、タマゴ技の欄を確認しましょう。

たとえばヒバニーの場合、とびひざ蹴りを覚えたサワムラー♂とヒバニー♀でタマゴを作ることでとびひざ蹴りを覚えたヒバニーを孵化することができます。

タマゴ技は♂♀どちらからでも遺伝できるので、とびひざ蹴りを覚えたヒバニー♀と遺伝技をもっていないヒバニー♂を親にして孵化をしても同じようにとびひざ蹴りを覚えたヒバニーが生まれます。

遺伝したタマゴ技は忘れさせてもポケセンで自由に思い出させることができます。
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

〇レベル技遺伝
レベル技は決まっているレベルに達したときに覚えるか、既に覚えるタイミングを過ぎた技をポケモンセンターで思い出させるかで習得できます。通常は覚えるレベルが現在のレベルより高く設定されている技を思い出しさせることはできません。ただし、♂♀両方がその技を覚えた状態でタマゴを作ることで、レベル技をタマゴ技扱いで習得させ、自由に思い出せるようにすることができます。

たとえば、ドリュウズは52レベルで地震を覚えるため50レベル時点では地震を思い出すことはできませんが、地震を覚えたモグリュー♂と地震を覚えたモグリュー♀でタマゴを生ませることで、地震を遺伝したモグリューをつくると50レベルのドリュウズの状態でも地震を自由に思い出すことができるようになります。

タマゴ技教え
タマゴから孵化したポケモンだけでなく、親のポケモンにもタマゴ技を覚えさせることができる新仕様です。同種のポケモン2匹を育て屋に預けると、生まれるポケモンだけでなく親にもタマゴ技を覚えさせることができます

たとえばヒバニーの場合、飛びひざ蹴りを覚えたヒバニー♂と覚えていないヒバニー♀を育て屋に預けると、ヒバニー♀にも飛び膝蹴りを覚えさせることができます。このとき、ヒバニー♀は技を一つ忘れさせた状態で預けてください。

タマゴ技教えは同じ種類のポケモン同士である必要があります。性別の同じポケモン同士でも教えることができます。

たとえばエースバーンにとびひざ蹴りを教えたい場合、とびひざ蹴りを覚えたサワムラーの場合でも、とびひざ蹴りを覚えたヒバニーとエースバーンでも教えることはできません。飛び膝蹴りを覚えたエースバーンと覚えていないエースバーンとを育て屋に預けた場合にタマゴ技教えができます。

タマゴ技教えはタマゴ技遺伝の場合と違って技を忘れさせると思い出しさせることはできず、同じように教えなおす必要があります。

◆ボール遺伝
両親の入っているボールが孵化したポケモンに遺伝します。

親(♂)×親(♀):両親が同じ種類のポケモンの場合、親(♂)と親(♀)のボールどちらが遺伝するかは50%。別の種類の場合は♀のボールが遺伝します。
メタモン×親(♂、♀、性別なし):親と同じボール

※6世代だと♀親からのみ遺伝、5世代以前では孵化はモンスターボール固定でした。

◆孵化で便利な特性・道具
〇じょうききかん、ほのおのからだ
「じょうききかん」または「ほのおのからだ」の特性をもつポケモンをパーティの先頭に置くと半分の歩数でタマゴが孵るようになります。タンドン、ヒトモシやその進化系がもっている特性です。

〇あかいいと
前述のとおり、高個体値のポケモンを孵化するために必要なアイテムです。

〇かわらずのいし
前述のとおり、狙った性格のポケモンを孵化するために必要なアイテムです。

〇まるいおまもり
持っていると育て屋でタマゴが見つかりやすくなるアイテムです。殿堂入り後、キルクスタウンの左側のホテルの2階でモリモトと勝負すると貰うことができます。

〇ひかるおまもり
持っていると色違いのポケモンに遭遇しやすくなるアイテムです。孵化にも野生のポケモンに対しても効果があります。ガラル図鑑を完成後キルクスタウンのホテルにいる医者に話しかけると貰うことができます。











過去記事
5世代厳選環境
6世代厳選環境
7世代厳選環境




    このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

SMダブル、モクロー入りで1800達成
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: