単体考察

はやてのつばさファイアローはまだ頑張れる


疾風の翼ファイアローは思考停止で採用できる強さではなくなりましたが、普通に活躍できるポケモンだと思います。


ファイアローの特性疾風の翼はXY/ORASでは飛行タイプの技を優先度+1する非常に強力な特性でしたが、サンムーンではファイアローが全快のときに限り飛行タイプの技を優先度+1する効果に弱体化調整されました。これにより、高火力先制技持ちの掃除役やトリル対策としてのファイアローは死にました。HAファイアローさんはログアウトしました。
 

私は疾風の翼を「全快のときにしか飛行技を優先度+1で使えないからHPをうまく維持しないといけない」と考えているうちはとても弱く感じていました。普通にやってれば1ターンたてばHPは削れるので無理があります。体力が削れてしまうのは前提として、「1ターン目のみ飛行技を先制で使うことができる」と考えれば現状でも強いと思えるようになりました。


シングルだと勝手にHPが削れてしまって使い勝手が非常に悪いので基本的に炎の体で採用したほうが強いと思います。

しかしこれがダブルバトルの場合だと「1ターン目のみ飛行技を先制で使うことができる」というだけで他のポケモンにない十分な魅力になります。1ターン目の仕事として追い風があるからです。

追い風を優先度+1にする方法は特性の疾風の翼か悪戯心のみ。悪戯心のポケモンとは耐性も打点も違って似ていないのであまり比べる必要もありませんね。同じ飛行タイプのプテラやクロバットと比べた場合のファイアローは、カプコケコの10万ボルトやスカーフガブリアスの岩雪崩の前でも確実に先制して追い風が使えるポケモンになります。10万を耐えるために襷を持つ必要もなく、雪崩で怯んで予定が狂うことも、想定外のスカーフ持ちに奇襲されることもないんです。

そして疾風の翼が発動しない状態になってもキュウコン以上の速さの炎打点持ちであり一貫がとりやすい飛行打点持ち。ドレディアコータスにつよい。浮いているポケモンとして隣で地震ができる。十分に魅力的な性能ですね。



 

単体考察 トゲデマル

タイプ:電気+鋼
種族値:65-98-63-40-73-96

半減以下:ノーマル、飛行、毒、岩、 虫、鋼、草、電気、エスパー、氷、ドラゴン、フェアリー
弱点:格闘、地面、炎

 今作の電気タイプマスコット枠のポケモンで、アニメではマーマネのパートナーとして最初から出演しています。種族値が低いので対戦で一戦級になることはないとは思いますが、種族値バランスが非常に良く特性やタイプも優秀で強い専用技までもっていて強みはたくさんあるのでデデンネ達とは違って対人戦でも活躍させやすいポケモンだと思います。
 

◆特性
鉄のトゲ:あのガブリアスのサメ肌と同じ効果の強い特性です。
避雷針:もともと電気は半減ですが、無効耐性が増えるのはやはり強いです。
頑丈 :先発サポート役と考えれば耐えて麻痺まきがより安定するようになるため強いです。


◆技
・びりびりちくちく、ワイルドボルト、ほっぺすりすり、ボルトチェンジ
・放電
・猫だまし
・ころがる、毒づき、草結び、蜻蛉帰り、きしかいせい
・充電、まるくなる、願い事
・ニードルガード、くすぐる、アンコール、エレキフィールド 、毒々

 専用技のびりびりちくちくは80/100/10の3割ひるみでかなり優秀な技です。
電磁波がサンムーンから命中90に下がっているため、ほっぺすりすりは命中100の麻痺技として相対的により優秀になりました。

◆考察
ほっぺすりすり+びりびりちくちくで麻痺まきから怯み狙いが単純に強いです。アンコールがあるのもいいですね。A特化すればほっぺすりすり+びりびりちくちく×2でHP振りカプ・テテフが倒せる程度の火力も持っています。

願い事+ニードルガードで回復していく戦術はトゲデマル単体で相手を封殺できるならいいですが、味方を願い事で回復させたくなったときにHPの低さが物足りなくなりそうです。

有利な相手を完封するという意味では食べ残し+充電を持たせて耐久アップ、火力アップ、回復を同時に狙うのも良かったです。

鉄のトゲで採用すれば接触技を受けたとき相手にダメージを与えられます。ゴツゴツメットを持たせて捨て身タックルや逆鱗に繰り出していけば受けるだけで相手のHPを大幅に削ることができます。

頑丈で採用すれば行動保障になるのでサポート役として採用したときの麻痺まきがより安定します。安定して相手を麻痺にできればそこからびりびりちくちくやアンコールが続きます。また、氷半減に絶対零度無効が加わって氷タイプにより有利になります。

避雷針で採用すれば電気が無効になるため電気相手にさらに強くなります。特にバトルツリーの場合はめざるパワーを持っているポケモンがいないのでめざ地やめざ炎の警戒が不要になりジバコイルなど電気タイプを完封しやすいです。

避雷針+猫だましがあるだけでダブルバトルでギャラドスなどのサポートをするのに十分な性能を持っています。

びりびりちくちく/ほっぺすりすり/充電/毒々@食べ残しの構成の旅パ振りでバトルツリーで使用して、アシレーヌ、ギャラドス、トゲデマルの旅パ3体そのままパーティでノーマルシングル一発クリアからスーパーシングル20戦目まで到達するくらいには強かったです。厳選して努力値をちゃんと振った個体にしたら40勝以上できました。

単体考察 ジュナイパー

ジュナイパー

タイプ:草+ゴースト
種族値:78-107-75-100-100-70

半減以下:ノーマル、格闘、地面、水、草、電気
弱点:飛行、ゴースト、炎、氷、悪

ジュナイパーはサンムーンの御三家モクローの最終進化です。タイプはオーロットやパンプジンと同じ草ゴーストです。このタイプは耐性も弱点も多いですが弱点の範囲がメジャーで役割対象を作るのが難しいです。種族値はどれもパッとしない平均的な数値なうえにACが高めというゴミのようなバランス。対戦で扱うのはかなり難しいポケモンだと言えそうです。


◆特性: しんりょく
御三家用のいつもの特性です。特に使い道はないですね。 


◆技
・かげぬい、シャドーボール、リーフブレード、エナジーボール、草結び、ハードプラント
・ブレイブバード、アクロバット、蜻蛉帰り、ふいうち、ローキック
・光合成、羽休め、悪巧み
・呪い、フェザーダンス、怪しい光、黒い霧

専用技のかげぬいは80/100/10のゴースト技で黒い眼差しと同じ効果を持っていて、専用Z技のシャドーアローズストライク(威力180)を使うことができるようになります。


◆考察
種族値的にはACが高めですがそれも対戦でよく使われる他のポケモンと比べると低く、覚える技の威力も高くなく、草タイプの攻撃範囲もかなり低いためアタッカーとしての採用は絶望的です。しかもダダリンがいます。この攻撃範囲や専用Z技ではなく、呪い+羽休めを覚えるという点が他のポケモンにない長所になりうるのではないかと思います。(バトルツリーで呪い羽休めをされて気づきました)

ゴースト呪い+安定した回復技を覚えるポケモンは他になく、オボン収穫や宿り木ができるオーロットや痛み分けができるサマヨールがいる程度です。


かげぬい/呪い/羽休め/リーフブレードかフェザーダンス@残飯、オボン、光の粉あたり
しんちょう 185(252)-128(4)-96(4)-×-137(36)-117(212)
S:4振りカプ・テテフ抜き
HD:C特化アシレーヌのムーンフォース2耐え、4振りスイクンの冷ビ乱数3発

水タイプや電気タイプを狙って羽休めでしのぎ、余裕ができれば呪いをしていく動きを狙いたいです。一致攻撃技としては草は範囲が狭すぎるのでゴーストタイプの攻撃技をまず採用したいです。

呪いする隙ってどうやってつくるんだっけ・・ 収穫オーロットのほうが強くない?

プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644


このブログは週一更新が目標
記事検索
初心者向け記事
◆初心者にはまず読んで欲しい ◆厳選&育成について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ