シングル構築

シングル構築 カバラッキー軸受けループ

ラッキーカバルドンメガフシギバナ
メガプテラメガヤミラミ ジバコイル
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ラッキー自然回復進化の輝石地球投げ卵産み電磁波ステルスロック
カバルドン砂起こしゴツゴツメット地震怠ける欠伸吹き飛ばし
フシギバナ葉緑素→厚い脂肪フシギバナイトヘドロ爆弾エナジーボールめざパ炎光合成
プテラプレッシャー→堅い爪プテラナイトストーンエッジ氷の牙燕返し地震
ヤミラミ悪戯心→マジックミラーヤミラミナイトバークアウト自己再生鬼火瞑想
ジバコイル磁力食べ残し10万ボルトめざパ氷身代わりバリアー

シングルレート1800代前半をうろうろしていました

◆調整
ラッキーずぶとい 326(4)-×-62(252)-×-157(252)-70
カバルドンわんぱく 215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67
メガフシギバナひかえめ 187(252)-×-104(4)-166(248)-121(4)-100
メガプテラいじっぱり 155-205(252)-107(12)-×-115-201(244)
メガヤミラミ ずぶとい 157(252)-×-194(252)-105-136(4)-40
ジバコイル ひかえめ 177(252)-×-135-198(236)-110-83(20)

◆構築を組んだ経緯

ラッキーカバルドン
しばらくシングルを離れるたびに、とりあえずカバラッキー@4から構築を考え始めて勝てない勝てない言ってる自分がいることに気づき、ちゃんとガチの受けループも作ってみようと考えました。(6世代になってから受けループを作ろうと考えたことが未だになかった)

ラッキー+ゴツメ枠+メガシンカの選出だけしてるのが強そう。TOD前提のポケモンって性に合わないしグライオンとかいれたくないな。

よし、4メガにしよう!

ラッキーカバルドンメガフシギバナメガバンギラスメガボスゴドラメガヤミラミ 
相性良さそうなメガシンカをいっぱいいれてみました。使ってみると、バンギラスが弱い。ゲンガー対策に選出したいけどガルーラの格闘技が怖かったりキノガッサが怖かったりして選出しずらい。選出しても無理な数値受けが必要になって水技が一発急所あたって負けになる場面が多い。

地球投げ/卵産み/電磁波/ステルスロックのラッキーと地震/怠ける/欠伸/吹き飛ばしのカバルドンの組み合わせは天才的に思えたんですが、さて取り巻きはどうしたらまとまるか。

ラッキーカバルドンメガフシギバナメガプテラメガボスゴドラメガヤミラミ 
ゲンガーとキノガッサに強いメガシンカを募集したところメガプテラという案を貰ったので、疑いながらも採用。メガプテラがめっちゃ活躍してびびりました。バンギラスと違って早いから運勝ちの場面も増えました。
参考:ジオットの流儀 S12使用構築 プテラ入りエンジェループ【2151】 

受けループ対策ばっちりな人にある程度負けるのは仕方ないと割り切ってはいたものの、カバルドンにドラゴン耐性がないせいで鉢巻カイリューやラム竜舞カイリューに負ける展開がよくあるのが気になりました。カバルカカイリュージャローダみたいな構築に勝てない。物理受け枠が鋼でなくて鋼枠がメガ枠なのがよくない気がしてきました。

ラッキーエアームドヤドランメガフシギバナメガプテラメガヤミラミ 
4メガじゃなくなるけどまぁいっかと思いつつ鋼タイプのエアームドをゴツメ枠に。そして新たにチョッキヤドランを採用。

初戦からガルーラのグロパン雪崩1怯みでエアームド死亡。ガルーラすら受けれないとかなんだよこのゴミ。解雇。
ヤドランは選出しやすそうだったけどパルシェン耐性はボスゴドラでもつくし、バシャーモも物理ならカバで見れるし、カバラッキーからスタートする場合は役割が半端に被るので解雇。

ラッキーカバルドンメガフシギバナメガプテラメガボスゴドラメガヤミラミ 
1つ戻りました。

カバラッキーバナはもうテンプレ受けループな並びで強い。
カバラッキープテラはめちゃくちゃ強いし実は一番選出してる。

ボスゴドラはカバラッキーボスゴって並びがすごく微妙な感じがする。鋼枠がメガ枠なのが扱いづらい。
ヤミラミは選出したときは確実に勝ってくれてるけど選出回数が少ない気もする。

・ヤドランかボスゴドラかパルシェン耐性が強いポケモンが1体はほしい。
・カイリューの逆鱗を止められるポケモンが何か欲しい。
・グライオンに打点を持てるポケモンも残したい。
・ゲンガーマリルリの並びへ対抗できる方法を何か考えたい。

ラッキーカバルドンメガフシギバナメガプテラメガヤミラミジバコイル
そしてボスゴドラの枠がジバコイルになりました。鋼枠が一般枠になって選出の幅が広がり、ジバコイルのキャッチ性能によってヤミラミの選出できる機会も増えました。



◆選出パターン

ラッキーカバルドンメガフシギバナカバルドンジバコイルメガフシギバナ
バナ選出
ニンフィア入り、カバルドン入り、ブルンゲル入り、キノガッサ入りあたりにはフシギバナをぶつけたいですね。

ラッキーカバルドンメガプテラカバルドンジバコイルメガプテラ
プテラ選出
ゲンガー入りの相手には主にプテラ選出で、ガルーラ入りにはカバルドンを入れる。水タイプがいたらジバコも必要になる。

ラッキーカバルドンメガヤミラミカバルドンジバコイルメガヤミラミ
ヤミラミ選出
グライオン入りとか受けループにはヤミラミをぶつける。

ラッキーカバルドンジバコイル
メガなし選出
ナットレイさえ潰せばカバラッキーで全部倒せそうな時ときにこうなりました。

相手のパーティ見て活躍できそうなポケモンを選ぶだけですね。

相手に有利なポケモンを受けだす。回復技であと投げできるだけのHPを維持しつづける。隙をみてステロを撒き、状態異常技を使って崩していきます。

マリルリが太鼓するかどうかのプレイング読み、相手のドランが毒まも型かどうかの型読みあたりをピンポイントであてる必要があるなどまだたくさん弱点が残っています。


◆個別紹介
ラッキー 特性  自然回復 持ち物  進化の輝石
 地球投げ卵産み電磁波ステルスロック
 ずぶとい 326(4)-×-62(252)-×-157(252)-70

強い特殊受けとして採用しました。

汎用打点として地球投げ、回復技として卵産みを採用。

ステルスロックを採用することで蜻蛉帰りやボルトチェンジに対する耐性を強化。

4枠目にはステルスロックと相性がよさそうな技として電磁波を採用しました。瞑想眠るスイクンなどを運次第で突破できるようになりました。

ステロでサイクルをまわして削る。サイクルをまわしつつ隙をみてステロを撒き、隙をみてカバの欠伸連打に持ち込む。というのも強いですが、終盤にHPわずかの先制技持ちを温存しておこうと考えてる相手をステロで潰したときが特に快感があります。

カバルドン 特性  砂起こし 持ち物 ゴツゴツメット
 地震 怠ける 欠伸 吹き飛ばし
 わんぱく 215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67 

強い物理受けとして採用しました。

最低限の打点として地震、回復技として怠けるを採用。

欠伸はメガガルーラのグロウパンチにあと投げしたあとに秘密の力で殴られるパターンに対してのベストな回答になりました。相手がそのままカバを殴ってきても後続で処理できるし、引いてくれば怠けるで次の繰り出しに備えて回復できます。

吹き飛ばしはそのメガガルーラが身代わりしてきた場合の対処や、相手の瞑想素眠り展開に対する解除に役だちました。

ラッキー側でステルスロックを採用しておくことで、ステルスロック+欠伸+吹き飛ばしの展開を自然に可能にしつつもカバルドンの技スペースが圧迫されないようにできたのがとても扱いやすく感じました。

100戦以上やってマッチした9割のガルーラがグロパン持ってて秘密の力か岩雪崩ももっている感じでほぼ勝てたので、地震怠ける欠伸のゴツメカバルドンが現環境1番安定するガルーラ受けだと思いました。負けたのはグロパン雪崩怯み雪崩怯み雪崩急所怯みとかされた1回だけです。


メガフシギバナ 特性  葉緑素→厚い脂肪 持ち物  フシギバナイト
 ヘドロ爆弾エナジーボールめざめるパワー炎光合成
 ひかえめ  1187(252)-×-104(4)-166(248)-121(4)-100 

スイクンやキノガッサに強いポケモンとして採用したので遂行技としてそれぞれヘド爆とエナジーボールを採用。エナジーボールは瞑想スイクン耐性を上げたり、ガブリアスを確定2発にできたりするのがギガドレインとの違いです。

草耐性としてナットレイにもだしていきたいのでめざパ炎を採用しました。

メガプテラ 特性  プレッシャー→堅い爪 持ち物  プテラナイト
 ストーンエッジ追い打ち氷の牙地震
 いじっぱり  155-205(252)-107(12)-×-115-201(244) 

メガプテラはダブル用のポケモンだしわざわざシングルで使うとかマイオナでしょwww と今までは思っていたんですが、受けループを使うにあたってメガゲンガーとキノガッサに強いポケモンが欲しいと考えていたときにフォロワーからこの案を貰いました。強かったので驚きました。どのくらい活躍したかというと、メガ枠が4体いるのに半分の選出がプテラになるくらい活躍していました。
 
メガゲンガーを縛れるポケモンとして選出でき、バンギラスと違ってキノガッサにそこまで弱くない。メガマンダにも強そう。地震をいれれば残飯ヒードランも縛れる。

ストーンエッジは最大打点として採用。リザードン、ファイアロー、サンダー、カイリュー等には弱点をとれます。誘う水ロトムに対しての威力を見たときに岩雪崩でなくストーンエッジである必要性を感じました。

燕返しはヘラクロスやキノガッサへの打点になる。

氷の牙はガブリアスへの打点になる。

地震はヒードランへの打点として採用。ラッキーに強い毒まもみがヒードランにはラスターカノンの技スペースはないため、早くて炎半減で地面技を持っているというのは便利でした。地震のおかげでルカリオ入りの並びを3縦できたことも複数回あります。

追い打ちはメガゲンガーに打点のないラッキー入りの並びでメガゲンガーを素早く処理するために有用でした。ただし、ゲンガーとうまく初手対面を作れないと使えないピンポイント技なので高レートになって相手が裏ゲンガー選出をしてくるようになると使う場面がなくなりました。受けだしから遂行ではなく初手対面から遂行を前提にするのはリスクが高すぎるため、メガゲンガーより速いポケモンとしてゲンガー入りの並びを3縦するエースとして運用する方が正しいのではと考えて抜きました。


メガヤミラミ 特性  悪戯心→マジックミラー 持ち物  ヤミラミナイト
 バークアウト 自己再生 鬼火 瞑想
 ずぶとい 157(252)-×-194(252)-105-136(4)-40
  
受けループミラー意識で採用。刺さる相手には1体だけで勝ってしまうから怖い。

攻撃技として身代わり貫通のバークアウトを採用したテンプレ要塞型のメガヤミラミです。

受けループは基本的にヤミラミに手も足もでません。滅びゲンガー相手に交代ができるゴーストタイプであるというのも強かったです。

ジバコイル 特性  磁力 持ち物  食べ残し
 10万ボルトめざパ氷身代わりバリアー
 いじっぱり  177(252)-×-135-198(236)-110-83(20)

パルシェンにあと投げできて、逆鱗にあと投げから氷技で遂行できて、マリルリゲンガーにも強めのポケモンとして採用。

拘らせたくなかったのでナットレイやクレッフィを嵌めることができる身代わりバリアー型にしてみました。

プテラ選出におけるスイクンを倒せるポケモンとして選出したり、ヤミラミ選出でクチートを処理してヤミラミの一環をあげるために選出したりもします。

シングル構築 I'm a stranger Thundurus.

 眼鏡ボルトボスゴ
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ボルトロス悪戯心拘り眼鏡10万ボルトボルトチェンジ蜻蛉返り悪の波動
ボスゴドラフィルターボスゴドラナイトヘビーボンバー冷凍パンチ馬鹿力岩石封じ
ガブリアスサメ肌ゴツゴツメット地震岩石封じ逆鱗毒々
サザンドラ浮遊命の玉悪の波動流星群火炎放射地震
ローブシン根性突撃チョッキドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチ叩き落とす
マリルリ力持ちオボンの実滝登りアクアジェットじゃれつく腹太鼓 

最高レート2003くらい


アイカツ!の霧矢あおいさん可愛い

◆調整
ボルトロス臆病 155(4)-121-89-176(252)-100-179(252)
S:最速ラティゲンガー抜き
メガボスゴドラ意地 177(252)-187(76)-250-64-123(180)-70
A:冷凍パンチで無振りガブリアス確定
HB:意地ドリュウズの地震2耐え
HD:C特化眼鏡ニンフィアのハイボをメガ+通常でほぼ耐え
ガブリアス陽気 191(60)-164(140)-122(52)-83-106(4)-169(252)
HB:意地ガルーラの捨て身タックル耐え調整
マリルリ意地 194(148)-112(252)-101(4)-61-101(4)-83(100)
H:2n(太鼓)
S:ラグラージ抜きのついでで4振りバンギラス抜き
サザンドラ控えめ 199(252)-112-114(28)-176(116)-112(12)-131(100)
H:10n-1(珠)
HB:陽気ガルーラの捨て身耐え、意地マンダの捨て身最高乱数以外耐え
HD:襷ゲンガーのヘド爆2耐え
C:ASメガギャラドスを流星群で1.5発
S:準速ホルード抜き
ローブシン意地 207(212)-195(140)-121(44)-57-99(108)-66(4)
H:16n-1(砂)、8n-1(鉄のトゲ)
HD:控えめリザYのオバヒ耐え、メガゲンガーのシャドボ+D↓シャドボ耐え
HB:意地カイリューの鉢巻逆鱗耐え、マンムーの地震2耐え 意地地震の乱数がずれるところ
A:残り 


◆構築を考えた経緯

自分が5世代で使っていた眼鏡ボルトロス軸の構築を6世代版に作り変えたいと考えていました。
ボルトロスコバルオンガブリアスユキノオーウルガモススイクン 
ぱるしぇんさいきょーせつ 秋桜スタン

6世代でコバルオンの数値がめざパの威力低下とメガガルーラの登場によって全く足りなくなっていて、ユキノオーの吹雪の威力も下がりうまく回らなくなっています。メガガルーラがいない時代の構築なのでゴツメ枠もなく、メガ進化もいないです。

特に中核になっていたコバルオンの弱体化は深刻で、どうやっても同じ役割を持たせるのは無理だったのでポケモンを変更することにしました。そこで思いついた代替案がメガボスゴドラです。残り5匹は変えずに回してみたところ、どうも回しにくくレート1500スタートで4連敗したのでもっと周りも変更する必要を感じました。

そして、「メガボスゴドラ 構築」で検索してでてきた記事の説明を参考に並びを再編しました。
メガボスゴドラメガフーディンサザンドラマリルリモロバレルイノムー
 ポケモン雑記置き場 アタッカーメガボスゴドラ軸構築


ボルトロス+ボスゴドラだと電気炎悪タイプが重かったので悪炎につよいマリルリ、電気炎につよいサザンドラ、電気悪タイプにつよい突撃チョッキローブシンを採用しました。補いきれなかったリザードン耐性をつけつつ電気無効枠をつくるために最後にガブリアスを採用しました。 ガルーラ耐性をあげるためにガブリアスはゴツゴツメット持ちです。

ボルトロス以外はボルトチェンジや蜻蛉返りから受けだす耐性を意識して採用しています

ボルトロスメガボスゴドラマリルリサザンドラローブシンガブリアス
この並びを作ってから戦績は19-2と序盤はかなり連勝できたので超強いPTなんじゃないかと思いました。

毎シーズン序盤からどんどん潜っててレートリセットもしたことがなくて、シーズン終盤に1500スタートする感覚を知らないだけでした。今回偶然シーズン終盤になるまでレートに潜れていなかったので、レートリセット勢の気持ちが少しわかりました。レートあがると普通に負け始めました。レートの強さは勝率じゃなくレートの数字ですね。


◆基本選出
先発:ボルトロスサザンドラどっちか
後発:メガボスゴドラマリルリローブシンガブリアスから2体

例:ボルトロス+メガボスゴドラ+ローブシン
先発ボルトロスのボルトチェンジで削り、ボスゴドラに対しての地面技格闘技やローブシンに対しての飛行技にボルトロスをまた繰り出し、10万ボルトで詰める。ボルトロスには速さとブレバ耐性、マッパ耐性があるためエースとして動かしやすいです。不意打ち持ち等にはローブシンのマッパで詰められるようにします。

電気技が一貫していない場合には蜻蛉返りからマンムーに対してローブシンを投げるような形で有利対面をつくっていきます。10万で一貫をとるのが難しそうなら悪の波動で一貫をとるのを狙います。


◆耐性面の補完
 ボルトロスボスゴドラ(メガボスゴドラ)
ガルーラの猫、捨て身、冷パン、冷ビに対して受けだせる。ボルト+ガブの並びだと氷技が一貫するとことを補える。馬鹿力が打点になるが火力が少し足りないのでボルトチェンジと合わせて遂行する。ボスゴドラの弱点の地面、格闘技はボルトロスに対して選びにくい。
 メガボスゴドラボルトロス
ローブシンの格闘技、拘りガブリアスの地面技を誘いつつ受けだせる。初手ボルトで相手ローブシンの冷パン叩きを誘いつつボルチェンで削り、ボスゴでドレパンを誘いつつボルトで受け、ボルトの10万で倒すといった流れができる。
 ボルトロスガブリアス
ガルーラの猫、捨て身、グロパン等に対してゴツメ+サメ肌で大ダメージを与えられる。対ガルーラ、対リザードンの受け先として安定する。ボスゴドラ引きの選択肢と合わせて相手ガルーラに安定択を作らせないことができるのが偉い。
 ボルトロスマリルリローブシンボスゴドラ(メガボスゴドラ)
蜻蛉で襷を潰しつつマンムーの氷柱針に受けだせる。そのまま高威力技で遂行できるので、一致技で殴って襷発動したマンムーに先制技を撃ったら低負担で交代されるパターンを回避できる。
 ローブシンサザンドラマリルリボスゴドラ(メガボスゴドラ)
マリルリ、クチート等のじゃれつくを誘って半減で受けだす。メガボーマンダの捨て身タックルを誘って半減で受けだす。物理フェアリー受けとしてはボスゴドラはメガシンカなので叩き落とすにも耐性がある点が優秀。


◆弱点
HBゴツメマンムー:ヘビーボンバーメガボスゴドラじゃ倒せない。馬鹿力ではASマンムーしか倒せない。
残飯みがまもギルガルド:打点が足りない
メガフシギバナ:等倍ごり押しで突破するしかないので宿木がきついです。ラッキー入りに入ってると降参。
メガチルタリス:一貫がとれない。ヒードランやナットレイと一緒にいてボスゴドラで対応できない。
ポイヒガッサ:無理です。テクニシャンにしてください。

音技、連続技がないというのが明らかな欠陥。炎タイプもいない。

サザンドラ、ガブリアスの枠が採用理由が薄めなので、ここを変更してもいいかもしれない。

毒突き/蜻蛉返り/剣の舞/羽休めのメガスピアーを採用すればチルタリス入りやフシギバナ入りには厚くなるのではないかと考え試作中。


 ◆個別考察
ボルトロス 特性  悪戯心 持ち物  拘り眼鏡
 10万ボルト ボルトチェンジ 蜻蛉返り 悪の波動 
 臆病 155(4)-121-89-176(252)-100-179(252)

ボルトロスは高速+高火力から10万ボルト、ボルトチェンジを押しつけていくことができるエース枠です。

眼鏡持ちの電気タイプというとライコウやサンダースの方が印象がつよいですが、ボルトロスは飛行耐性があるため格闘、地面に対して受けだすことができ、マンムーに対しても蜻蛉で襷を潰しながら動くことができます。霊獣ボルトでなく化身ボルトで採用しているのはラティゲンガー以下を上から叩ける速さ、型の豊富さによる択の押し付け性能を評価しているからです。

10万ボルト:一貫をとって詰める技。珠ボルトロスを珠ダメ込みで8割で倒せる。
悪の波動:一貫をとって詰める技2つめ。CSボルトロスを確定2発で霊獣への打点になる。
ボルトチェンジ:序盤の削り+交代で耐性受けしてダメージ軽減。ボルチェン+10万でASガッサが倒せる。
蜻蛉返り:マンムーの襷潰しなど

技構成にめざ氷、草結び、気合玉が入ってないことを疑問に思う人も多いと思いますが、それらの技は範囲が狭く、拘りアイテム持ちの場合は使い勝手が悪いです。相手をある程度削った後に一貫をとって上から潰せる技として、地面タイプやドラゴンタイプにも通る悪の波動を採用しています。めざ飛でも悪の波動と同じように範囲を広げられますがラティゲンガーに弱点をつけたり怯みも狙えたりする悪波の方が気に入ったのでこちらを採用しています。

PTの軸だから迷ったときは先発で出す。なにより意表がつける。


メガボスゴドラ 特性  頑丈→フィルター 持ち物  ボスゴドラナイト
 ヘビーボンバー 冷凍パンチ 馬鹿力 岩石封じ 
 意地っ張り  177(252)-187(76)-250-64-123(180)-70

メガボスゴドラはマンムー、ガブリアス、カイリュー、ガルーラ、クチート、ルカリオ、ボーマンダ、ジャローダ等に後投げします。

アタッカーボスゴドラの調整をググるとガルーラのグロパン+地震耐えの調整がでてきますが、このPTでは先発ではなく後発に置いてガルーラの猫騙し、捨て身、ガブ交代読み冷パンに対して繰り出す想定なので別の調整にしました。冷パンでガブを倒し、馬鹿力でルカリオを倒せるだけの火力を確保して鋼タイプとして特殊フェアリーにも繰り出せるようDに多めに割いています。

ヘビーボンバー:ニンフィア、クチート、ジャローダへの遂行
冷凍パンチ:カイリュー、ボーマンダ、ガブリアスへの遂行
馬鹿力:ガルーラ、ルカリオ、パルシェン、マンムー、ミミロップへの遂行
岩石封じ:対ファイアロー打点

メガボスゴドラは実はギルガルドと同じく適当に後投げしやすい高性能な鋼枠で、構成欄を見ればわかるとおりギルガルドとは数値や技が大きく違います。ボーマンダやクチートに強いのは偉い。鋼タイプのポケモンは特にボルトロス、サザンドラのような浮いているポケモンと並べると活躍できます。

メガミミロップ、メガヘラクロスと対面して普通に殴りかてるところが面白いです。ミミロップの膝でこっちは乱数2発、こっちの馬鹿力で相手は確定1発。

最初は岩石封じの枠はステルスロックをいれていたんですが、岩タイプに後投げして悠長に剣舞積んで来る鳥がいたのにイラッときて変えました。

ガブリアス 特性  サメ肌 持ち物  ゴツゴツメット
 地震 岩石封じ 逆鱗 毒々 
 陽気  191(60)-164(140)-122(52)-83-106(4)-169(252)

ガブリアスはPTの耐性を整えつつメガガルーラ耐性、メガリザードンX耐性をあげるために採用しました。

対ガルーラでは捨て身に後投げすればゴツメで十分な仕事をしてくれます。BSぶっぱでなく、耐久に必要なだけ振ってAにも振るようにすることで、ゴツメ警戒の秘密の力や地震を撃ってくる相手に対してもちゃんと勝てるようにしています。

地震:ゴツメで削ったガルーラへのとどめ
岩石封じ:ファイアローへの打点
逆鱗、毒々:枠が余った。毒々はクレセリアへの削りに非常に役立った。

リザードンの数が少なかったこともあってこのPTで選出回数が一番低いポケモンになっていますが、選出した試合はほぼ負けてないしかなり活躍してくれています。

サザンドラ 特性  悪戯心 持ち物  命の玉
 悪の波動 流星群 火炎放射 地震
 控えめ  199(252)-112-114(28)-176(116)-112(12)-131(100)

サザンドラは電気、炎、水あたりに強いポケモンとして採用しました。

悪の波動:つよい
流星群:つよい
火炎放射:クチート、ナットレイへの打点を確保できて安心できる
地震:ライコウ打点

地震の枠はふるいたてるにしたり気合だめにしたりして遊んでいました。どれでも大差ない。

フシギバナ、メガゲンガー辺りが入ったPTに対して選出しました。クレセリア入りのガルーラスタンに対してもボルトロスより選出しやすいですね。

ローブシン 特性  根性 持ち物  突撃チョッキ
 ドレインパンチ マッハパンチ 冷凍パンチ 叩き落とす 
 意地っ張り  207(212)-195(140)-121(44)-57-99(108)-66(4)

ローブシンはバンギラス、ポリゴン2、マンムー、ロトム、ゲッコウガ等に後投げします。

ドレインパンチ:つよい
マッハパンチ:つよい
冷凍パンチ:ボルトロス、ランドロス等に
叩き落とす:威力、格闘との範囲補完、道具を落とす追加効果が優秀で序盤の安定択になりやすい。

特にゲッコウガとポリゴン2の処理はローブシンに一任しています。

マリルリ 特性  力持ち 持ち物  オボンの実
 滝登り アクアジェット じゃれつく 腹太鼓 
 意地っ張り  202(212)-112(252)-101(4)-61-103(20)-73(20)

マリルリはバシャーモ、マンムー、ローブシン、ラティオス、サザンドラ等に後投げします。

滝登り:マンムー等に対して
アクアジェット:つよい
じゃれつく:ローブシン、ラティオス、サザンドラ等に対して
腹太鼓:つよい
 
特に受けループの処理は唯一の積み技持ちであるマリルリに頼りきりでした。 なので、バナがいると無理でした。

シングル構築 眼鏡シャワーズ軸ビートダウン

シャワマンムー
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
シャワーズ貯水拘り眼鏡波乗り熱湯ハイドロポンプ冷凍ビーム
マンムー厚い脂肪気合の襷氷柱針地震氷の礫地割れ
ボーマンダ威嚇→スカイスキンボーマンダナイト捨て身タックル大文字羽休め毒々
ジャローダ天邪鬼ゴツゴツメットリーフストームめざめるパワー炎リフレクター光合成
ローブシン根性突撃チョッキドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチ叩き落とす
ボスゴドラ石頭→フィルターボスゴドラナイトヘビーボンバー冷凍パンチ馬鹿力諸刃の頭突き

シャワーズから組んだ構築。スイクン入りの並びをいろいろ考えて、スイクンマンムーマンダのスイクンをシャワーズに置き換える形に行きついた。シャワーズとボスゴドラが殴るパーティ。

シャワーズで1体倒して相手のサイクルを崩して他のポケモンで詰める。

1700~1800台を行き来している。対面無視交代一点読み行動や役割破壊技が特別多いシングル特有の読みあいの感覚を忘れていて納得いかない負けが多い。シングルってやっぱり一番難しいルールですね。

◆調整
シャワーズ控えめ 216(84)-63-101(164)-178(252)-116(4)-86(4)
マンムー陽気 185-182(252)-101(4)-67-80-145(252)
メガボーマンダiconいじっぱり 201(244)-214(236)-152(4)-126-113(20)-141(4)
ジャローダ臆病 169(148)-73-115-113(144)-115-176(216) 
ローブシンいじっぱり 207(212)-195(140)-120(44)-57-100(108)-66(4)
メガボスゴドラいじっぱり 177(252)-187(76)-250-64-123(180)-70


◆個別紹介

シャワーズ 特性  貯水 持ち物  拘り眼鏡 
 波乗り 熱湯 ハイドロポンプ 冷凍ビーム
 控えめ216(84)-63-101(164)-178(252)-116(4)-86(4)
C:特化 波乗りでゲンガーワンパン、破ったHAパルシェンもワンパン、HDカバ中乱数
HD:ゲッコウガの悪の波動ほぼ3耐え、サザンの特化眼鏡流星耐え
HB:陽気ガルーラの捨て身耐え

ゲッコウガ、ゲンガー等の低耐久枠を倒す。クレセリア、カバルドン、ヤドラン等の物理受け枠も倒す。熱湯無効なのでヤドランを完封できる。

ゲンガーを倒したら他のポケモンの一貫ができて勝ちの展開が多い。催眠一発命中即起きできずの4割で負けて不利択強いられて負けの展開も多い。

マンムー 特性  厚い脂肪  持ち物  気合の襷 
  氷柱針 地震 氷の礫 地割れ
 陽気185-182(252)-101(4)-67-80-145(252)

電気無効耐性。チョッキも余ってないしAS襷。シャワーズの波乗り+マンムーの礫でオボン巧みボルトが倒せる。電気タイプを倒す目的で選出して、相手が電気タイプを選出してなくても襷で耐えてマンダやバシャーモを倒す形で仕事をする。

技4枠目未定。最速である意味があるのか微妙だし準速もためしたい。

salamence-mega.gif 特性  威嚇→スカイスキン  持ち物  ボーマンダナイト
 捨て身タックル 大文字 羽休め 毒々
 意地っ張り201(244)-214(236)-152(4)-126-113(20)-141(4)

HD:無邪気バシャーモの珠めざ氷最高乱数以外耐え
HB:メガヘラクロスのロックブラストほぼ耐え
S:メガシンカ後で最速メガヘラクロス抜き+1

殆ど選出してない。主に選出画面でシャワーズの役割対象を誘う仕事をしてる。
メガバナ入り、メガヘラ入りに対して選出する。エアームドに対応するために炎技も入れた。


ジャローダ 特性  天邪鬼  持ち物  ゴツゴツメット 
 リーフストーム めざめるパワー炎 リフレクター 光合成
 臆病169(148)-73-115-113(144)-115-176(216)
HB:ガルーラの恩返し耐え
S:スカーフカイリキー抜き、最速テラキオンと同速 準速マンダ準速ゲッコウガ抜き+αを意識

この並びにあうゴツメ枠。

めざ炎個体が余ってたから流用して挑発枠がめざ炎になってるけど、ハッサムが重いパーティだしなくはないかもしれない。
ガルーラの捨て身で出落ちすることが多かったのでそこまで耐久に振った方がよかったかもしれない。

ローブシン 特性  根性  持ち物  突撃チョッキ 
 ドレインパンチ マッハパンチ 冷凍パンチ 叩き落とす
 意地っ張り207(212)-195(140)-121(44)-57-99(108)-66(4)

H:16n-1、8n-1
HD:控えめリザYのオバヒ耐え、メガゲンガーのシャドボ+D↓シャドボ耐え
HB:意地カイリューの鉢巻逆鱗耐え、マンムーの地震2耐え 意地地震の乱数がずれるところ
A:残り 

ぐりーどさんの調整
をパクリつつBDを1変えた。

削れたガルーラをマッパで縛りつつ他のポケモンにも殴り勝てる状況をつくりやすかった。

メガボスゴドラ 特性  石頭→フィルター  持ち物  ボスゴドラナイト 
 ヘビーボンバー 冷凍パンチ 馬鹿力 諸刃の頭突き
 意地っ張り177(252)-187(76)-250-64-123(180)-70

HB:メガシンカ前でファイアローの鉢巻フレアドライブ2耐え調整、ドリュの地震2耐え
A:冷凍パンチでガブリアス確定調整 諸刃の頭突きで火傷状態でもファイアロー確定
D:余りぶっぱ CSボルトの10万2耐え+2 眼鏡ヤティオスの流星を通常+C↓↓メガでほぼ耐え

ボーマンダ、ファイアロー、クチート、ニンフィア等に強い。鋼タイプとして流星やハイボに繰り出そうとするとHDにしっかり振っていないと扱いづらい。

対ボーマンダではメガシンカ前なら地震で落ちるがメガシンカ後だと余裕耐えくらいなので、繰り出し際に地震を撃たれないようにする。シャワーズを地震じゃしばれないけど捨て身なら倒せそうなHPからボスゴドラに交代など。

メガシンカ後ならマンムーの地震くらい2耐えするし、ミミロップの猫猫膝急所を耐えて返しの馬鹿力でワンパンしたこともあるし、物理方面に関してはタイプ相性の倍耐えると思っていい。

シングル構築 メガサーナイト入り

さながっさすいくん
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
サーナイトトレース→フェアリースキンサーナイトナイトハイパーボイスサイコショック瞑想かげうち
ガブリアスサメ肌ゴツゴツメット地震岩石封じステルスロック毒々
ファイアロー疾風の翼拘り鉢巻ブレイブバードフレアドライブ蜻蛉返り寝言
キノガッサポイズンヒール毒々玉種爆弾気合パンチキノコの胞子身代わり
スイクンプレッシャー食べ残し熱湯冷凍ビーム守る身代わり
ロトム火浮遊拘りスカーフ10万ボルトボルトチェンジオーバーヒートトリック


◆構築を考えたときの流れ

ポイヒキノガッサを中心にパーティを組みたいと思った。ポイヒガッサを採用するとギルガルド、ジャローダ、フシギバナ辺りがきつくなるので草弱点枠をそこに対抗できるまもみがスイクンにすることにした。

ガッサスイクンの並びからタイプ相性補完の流れでガブアローを採用することを決めて、スイクンがゴツメを持っていないのでガブにゴツメを持たせることにした。スイクンを入れるとどうもスイクン+ガブリアス+飛行の並びを作りたくなる。

ここまで電気に重くなっていていたのでそこに強めのメガシンカ枠としてサーナイトを採用。

ボルトロスとナットレイに後投げできるポケモンを考えて最後にスカーフヒートロトムを採用した。


攻撃範囲の並びとしてフェアリー+炎、フェアリー+水は強い。特にステロを撒かれると動かしにくいこの並びの弱点に対してキノガッサ、スイクンを投げることで相手の展開を許さない。かなり綺麗な並びになったと思う。

メタグロス以外低種族値 ⇒ さながっさすいくん
グランブルをサナに、ホルードをガブに、パルシェンをスイクンにして種族値をあげたらレートが1600から1900にあがった。けど九尾杯の結果が2-2から0-3にさがった。

◆欠点

攻撃範囲は綺麗にしたつもりだけど上から殴られるのに弱かった。
毒羽マンダとスイクンが全快同士で対面したらスイクンが負けるのが納得いかない。
メガゲン+ステロ撒き+水ロトムで詰んだ。
ジャロゲンガーの並びをファイアローでみる選出をして襷めざ岩に泣くことがあった。
相手のガブにガッサを合わせた場面で胞子に身代わりをあわせられて負けることが多かった。
相手にボルトがいるときなど、電気耐性としてロトムを使うのにスカーフを持っている必要があるのに不用意にトリックをしたせいで負けることがあった。

シングル構築 スピアーサイクル

supia- ダウンロード
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
スピアー虫の知らせ→適応力スピアナイト毒突き蜻蛉返り守るドリルライナー
カバルドン砂おこしゴツゴツメット地震怠ける欠伸吹き飛ばし
サザンドラ浮遊拘り眼鏡悪の波動気合玉流星群ハイパーボイス
エルフーン悪戯心ジャポの実エナジーボールがむしゃら身代わりしびれごな
ニョロトノ貯水食べ残し熱湯冷凍ビームアンコール滅びの歌
オムスターシェルアーマーラムの実波乗り冷凍ビームハイドロポンプ殻を破る


17人規模の霧弥湖杯を準優勝しました。


◆スピアー入り構築を組むにあたって
なんとなくビードルの孵化をしているとき、この動画を見つけた



これは、こんなの見せつけられたらスピアーを使ってあげなくちゃいけないな。
活躍できないポケモンをつくってボックスの番人をさせるなんて可愛そうすぎる。
スピアーはメガシンカして強くなったんだ。

そしてスピアー考察をスタート

スピアーの基本情報
タイプ:虫毒  特性:虫の知らせ→適応力 
種族値 65-90-40-45-80-75 → 65-150-40-15-80-145

速さ:通常状態ではキノガッサまで抜ける。それ以上には初手守るから入らないと抜けない。
陽気S252振りでメガシンカ後の実数値が216になる。意地スカーフランドロスが143*1.5=214でその辺りのスカーフ持ちやS上昇積み技持ちにも上を取ることができる。

火力:一致技として扱えるのは毒突きと蜻蛉返り。補正なし252振りで実数値202になる。毒突きで無振りウルガモスやボルトロスを低乱数1発、蜻蛉返りで無振りメガガルーラを確定2発

耐久: 特殊技耐久はそれなりにある。ニンフィアのハイボを2耐えする。キングドラの眼鏡竜波を耐える。物理耐久は低く、マリルリのじゃれつく+アクジェも耐えないので繰り出せない。ガルーラの不意打ちで確1なので様子を見る必要がある。

耐久が低く、蜻蛉で削りつつ交代していく動きを多用することになるのでしっかりとしたクッション役を用意する必要がある。


◆蜻蛉でくりだすクッション役候補として挙がったポケモン
水ロトム、サンダー:弱点のメガマンダ、アローなどに強い耐性があり、ボルトチェンジでスピアーの繰り出しを補助できる。

ブラッキー:鉢巻ブレバ2耐えできる。ガルーラにも受けだしやすい耐久。バトンタッチでスピアーの繰り出しを補助できる。スピアーの得意な相手であるニンフィアを誘うことができる。

脱出ボタン持ちの何か


◆ググってでてきた記事
あすなろさんのブログ
くぼじ社長さんのブログ
うみひょうさんのブログ


◆できあがった並び
supia- ダウンロード

スピアーの得意な相手を誘うため、苦手な範囲を補うために悪タイプのポケモンは採用したい。ブラッキーだとゲンガー対策として微妙だと考えて、サザンドラを採用することにした。

クッション役候補として脱出をためしてみたいと思い、脱出トノ+すいすいエースを試す。キングドラだとアローに弱くなりすぎるのでエースにオムスターを採用。ゴツメ枠としてカバルドンを採用してトノスターとカバスターの並びを作れるようにした。

キノガッサの胞子受けとしてエルフーンを採用。マンムーが重いのでエナジーボールを採用。リザYが一貫していると聞いてがむしゃらを採用。

スイクンが重いので、ニョロトノを貯水に変更。オムスターは雨じゃなくても選出できるでしょう。

トノスターの並びの脱出やエルフーンのアンコを意識して相手が動きに困ってスピアーのS確認を怠ってくれればうれしい。


◆個別紹介


beedrill-mega.gif 特性  虫の知らせ→適応力  持ち物  スピアナイト 
 毒突き  蜻蛉返り   守る  ドリルライナー
  NN おれはつよい 陽気 140-142-61-57-100-139
メガシンカ後 140-202-61-30-100-216
そこらのスカーフもちを上回る速さと高い火力を持ったエース。

メガシンカとして選出固定。スピアーを初手に選出して守るメガシンカを決めるところからこの構築は動き始める。
削りも終盤の詰めもやるこの構築の中心。虫毒のタイプで半減できる相手に繰り出せて、一致技で負担をかけていけて、メイン技には3割の追加効果もある。タイプ耐性だけをみて扱いやすい。繰り出せる相手はジャローダ、ニンフィアなど。火力が高いので行動回数を稼いだぶんだけ仕事をこなしてくれる。

マイナーで速さを知られていないことで上から殴って勝つ場面が何度もあった。虫飛とタイプを勘違いされる場面もあった。

カバトノスターで草タイプを強く誘い、スピアーで草1/4の強い耐性を活かして繰りだす機会をつくる。

カバトノスターサザンエルフでスキンハイボを誘い、スピアーのフェアリー耐性を活かして繰り出す機会をつくる。

脱出ボタンやボルトチェンジを入れなくても気が付いたらスピアーでサイクルを回せる並びをつくれていました。


聞いてもこの耐性で繰り出せると信じられないと思うのでBVを貼っておきます。

霧弥湖杯
1回戦: E3KG-WWWW-WWXU-XWMV
2回戦: 8CVG-WWWW-WWXU-XWNQ
3回戦: JB8W-WWWW-WWXU-XWZM
4回戦(決勝): L43W-WWWW-WWXU-XWPJ

大会直前に育成してぶっつけ本番だったのでプレミもあった。



カバルドン 特性  砂おこし 持ち物  ゴツゴツメット
 地震 怠ける  欠伸 吹き飛ばし
  NN ほんとカバ  腕白 215(252)-132-187(252)-72-93(4)-67

ガルーラを受け止められるポケモン枠。ついでに電気の一貫も切る。
ボーマンダ、バシャーモの身代わりに対して吹き飛ばしが必要になった。


サザンドラ 特性  浮遊  持ち物  拘り眼鏡 
 悪の波動  気合玉   流星群  ハイパーボイス 
  NN レッドアイズ  控えめ 189(172)-×-111(4)-194(252)-111(4)-128(76)

ギルガルド、ゲンガーなどへの打点をもつ悪打点。電気耐性なども兼ねる。


エルフーン 特性  悪戯心  持ち物  ジャポの実
 エナジーボール  がむしゃら   みがわり  しびれごな 
  NN もふもふーん  臆病 135-×-106(4)-129(252)-95-184(252)

マンムー、キノガッサ、リザードンの対策。

ジャポエナボ持ちでマンムーに強くしつつ身代わりがむしゃらでリザを削ることにしたけど多分襷でいい。



ニョロトノ 特性  貯水  持ち物  食べ残し 
 熱湯  冷凍ビーム   アンコール  滅びの歌 
  NN さねうらダム  控えめ 192(212)-75-126(244)-128(58)-120-90
単体考察記事

見せ合いでスイクンを強く誘いつつ対策する枠。


オムスター 特性  シェルアーマー  持ち物  ラムの実 
 波乗り  冷凍ビーム   ハイドロポンプ  殻を破る 
  NN おむらいす  控えめ 177(252)-62-145-154(36)-90-103(220)

アロー、ハッサムなどに強めなポケモンとして選出する。からを破ってもいいし、別に破らなくてもいい。
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644


このブログは週一更新が目標
記事検索
初心者向け記事
◆初心者にはまず読んで欲しい ◆厳選&育成について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ