雑記

秘密のレプタイルズって漫画にハマりました


裏サンデーのトップで70話の「ん…」って両手を広げて舞ってる長良さんを見かけてこれは!と思いこの漫画をはじめて開きました。何このシチュエーション、良い。


そしてマンガワンで1話から読み始めました。


ラブコメは興味あるけど爬虫類はちょっとなと思ってたんですが面白くて気づくと夢中で読んでいました。近寄りにくい冷めた目の女の子かと思っていると好きなものが出てきた瞬間目を輝かせて話しだす長良永さんの性格が僕の性癖にクリーンヒットしました。長良さんが可愛い。好き。可愛い女の子が夢中になって好きなこといっぱい語ってるの最高じゃないですか?特等席で最高の笑顔をみていたくないですか?その子の色に染められたくないですか?独占欲を向けられたくないですか?

アニマーレ店員として次にクローズアップされた凶塚射ちゃんもすごく濃いキャラクターでした。僕はそういう趣味はないけど好きそうな友達に紹介してあげたい。僕はそういう趣味はないけど。会うたびに長良さんとイルちゃんで煽りあっているんですが、たまにみかける二人が普通に会話してるシーンで仲の良さを感じて幸せになります。

はじめのうちは純白静さんのキャラが微妙だなと思っていたんですが、静さんの過去の話とその続きを見てからはもう静さんも大好きなキャラになりました。あの表情、ゾクゾクして何度も見返してしまう。好き。

外国人が日本を好きになる理由にアニメ・漫画を挙げるパターンはありがちだけど、此野ミーツェ弛芽ちゃんで特にBLを推させてるの設定なのは何でそこまでと途中まで思ってたんですが、52話で有絵ちゃんを引っ張り合うシーンで
来海「あ…有絵ちゃんがいないと…癒しが…!」
ミーツェ「カプ妄想もはかどるしナ。」
と言って主張を補強してるのを見て、天才か?このためのミーツェちゃんだったのかと納得しました。




僕は裏サンデー/マンガワンで今までずっと何作品か読みつつどの作品も購入はしていなかったんですが、秘密のレプタイルズは今まで読んでた他の作品と比べると話が面白いとかに加えて途中の単行本発売の宣伝部分までめっちゃ面白いのが後押しになってつい単行本全巻購入してしまいました。

買ってよかった。何度も読み返しています。
ちなみに1話を読み始めたのが3月1日でこの記事を書いているのが3月19日です。




漫画で興味もった爬虫類は実際どんな感じだろうと少し調べてみたりしてました。イルカくんがレオパの飼育ブログを検索する話を見て、自分でもググってブログ、動画ツイート、youtubeとかを確認してやっぱりレオパは可愛いなと思いました。youtubeでレオパの飼育環境を紹介していた人が「爬虫類は人には懐かない。人に慣れることがあるだけ。」と言っていたのが印象的で、爬虫類を飼うにはそういう愛し方ができる人でそのうえでしっかり世話ができる人でないといけないんだなと思いました。漫画を読み進めていると同じ言葉が話に登場してびっくりしました。


秘密のレプタイルズを初めて読んでからは自分のツイートがかなり秘密のレプタイルズで染まってしまったし、周りに勧めたくて仕方なくなって、興味もってくれそうなフォロワーにリプライを送って勧誘まではじめてしまいました。





あとは、漫画での絵や動画だけじゃなく実際に爬虫類を見に行ってみたいと思って、実際に爬虫類ショップに足を運んでみました。ペットを飼ったことがなくてペットにもペットショップにも馴染みがなかったのですが、「アミーゴ等のペットショップだとどうせ犬猫メインで爬虫類なんてそういないだろうな。特に田舎だし大した規模の店ないでしょ。」と偏見だけはもっていたので、まずは爬虫類専門の店に行こうと県名+爬虫類ショップで検索。

県内の爬虫類を扱うショップリストのページがでてきたのでクリックすると表示されたのはたったの2件。やっぱ田舎だからなぁ。どっちもwebページが古い。グーグルマップに表示されない。片方は住所打ち込んでストリートビューで確認しても民家しか見えない。消去方でこの一件か……。

webページにある店の外観写真と住所を頼りに動いてくれるカーナビさんを頼りに出発しました。カーテンが閉まった店舗を見つけてもしかして潰れてる?と思ってしまったんですが open と書いてるのを見つけて店に入ってみるとショーケースにいくらか爬虫類が入っていて、客がいなくて、店長が一人の空間。

店長「コオロギですか?」

僕「こういう店に来るの初めてで。漫画を読んで爬虫類に興味をもって」

店長「あぁ。それね。秘密の~」

僕「(えっ。漫画って言っただけで作品特定されるの?そういう少ないジャンルだったんだ?)」

店長「その漫画を描いてる子も昔うちでバイトしてて」

僕「(!?!?!?)」

僕「(爬虫類界隈狭すぎない?なんで適当に行った店でこうなるの?)」

店長「そこにあるビバリウムガイドって本の編集もうちに来てた人で~」

店長「うちが日本で初めての爬虫類屋だから。はじめ15年は日本ではうちだけで~」

僕「(この店が特別なのか!!!)」


たくさん売れてしまったばかりのタイミングだったらしく生体がかなり少なかったですが、トカゲモドキ、フトアゴ、リクガメ、ヘビを見ることができました。漫画で魅力的に見えたトカゲモドキよりyoutubeでかっこよく見えたヘビより特に気になってなかったフトアゴヒゲトカゲがカッコよくて可愛くて魅力的に見えました。漫画の中ではソメワケのベビーを見てハートを射抜かれるシーンがあったしやっぱ小さい生き物のほうが可愛いかなと思ってたんですが、存在感あるサイズの生き物のほうが魅力的かもしれないなと実物をみて思いました。

「漫画に書いてることあんまり信用するなよ。」と店長に注意されました。言われてみれば漫画にして面白く見えるほどの種類のいきものを実際に全部作者が飼ってるわけはないし、調べながらそれっぽく書いてるだけで不確かな情報もあるだろうなと思いました。爬虫類飼育に正解はないし、てさぐりで育て方を改善していくのも爬虫類飼育の醍醐味とかどこかで見た気がするし、そういう意味かもしれません。

生き物を飼うっていうのがすごく難しいことに思えるし今のところは僕は爬虫類を飼う気は全くないけど、いつかもっと余裕ができたら飼ってみたいかなと思えました。





「秘密のレプタイルズ」すごく面白いのでお勧めです。

試し読み:裏サンデー(最新話と1話~3話)、マンガワン(無料で1話から最新話まで読めます)
購入:漫画全巻ドットコム
BT000039403400100101

替え歌 DRAIN - DRAIN

5e434da29f0b960bc8e448d55300cd03
THE BLUE HEARTSのTRAIN-TRAINの替え歌です


殴ると同時に回復 俺の十八番のドレマッパ
フェアリー環境つらいけど レートで勝てぬこともない
ルカリオ ポリ2 バンギラス こいつらが俺の主食かな
引き読み毒々大歓迎 根性発動ハイ勝ちです

見えないゴツメにおびえて
叩き落とすに逃げないで
ドレインパンチを指示しておくれよ

球ちからづく冷パンで マルスケカイリューも一撃
火炎玉で欠伸対策 カバルドンも起点にする
キンシ択が嫌になれば 地震採用で解決
バンドリと一緒のマンダは リフレクビルドレでごりおせ

両壁張ってビルドして ドレインパンチ撃ちまくる
俺の活躍を見ていておくれよ

DRAIN - DRAIN 殴ってゆけ
DRAIN - DRAIN どこまでも
DRAIN - DRAIN 殴ってゆけ
DRAIN - DRAIN どこまでも

リローテーションをプレイしてみた


ローテの亡霊アズマゴローさんがつくったゲーム、リローテーションをプレイしてみました。

DLしてから夢中になって3日で35層まで攻略してしまって、すごく楽しかったので、紹介する意味で記事を書いてみました。

ReRotation公式サイト → https://rerotation.wixsite.com/rerotation
ReRotation公式Twitterアカウント → @ReRotation

Screenshot_2018-08-13-12-03-17

これがホーム画面です。チュートリアルを済ませてデッキを受け取ったら、バトルして、勝利報酬やクエスト報酬でカードを増やして、デッキを調整して、次の対戦に臨んでいくカードゲームです。対人戦モードはまだ実装されていません。

ポケモンBWに存在したローテーションバトルをシャドウバース風のデザインで再現した雰囲気のゲームです。

Screenshot_2018-08-13-12-04-03

これが対戦画面です。3体+控え1体のユニットで構成したデッキを使い、手札から技のカードを選択して対戦していくカードゲームです。カードに表示されている左上がタイプ属性、右上の緑の羽が素早さ、右下の赤い盾が体力、左下の剣が攻撃の入る枠で技カードを選択した後決定されます。技カードには技のタイプ属性、威力、効果、使用するユニットが描かれています。

選択する技を決定すると技を使うキャラクターが中央に出て、お互いに技を使って攻撃を受けます。

属性によって有利不利があるのですが、技を選択する段階では相手がどのユニットを選ぶか分からないので3体全てを想定して不利になりすぎない選択をしていく必要があります。

この画面では私は中央のフレイムデーモンの特性によってフィールドを炎天下に変えて炎属性のフレイムデーモンの攻撃力を上昇させ、さらに炎天下で素早さが上昇する特性と威力が上昇する技を持った不思議草マンドレイクを並べて数値のあがった2体でごり押す戦術のデッキを使用しています。



Screenshot_2018-08-13-12-03-02

これはユニット図鑑から所持しているカードを確認した画面です。

カードはそれぞれレアリティ、タイプ属性、4つの技、特性、フレーバーテキストを持っています。

ユニット図鑑画面からは持っていない技を含めて習得可能な技一覧が確認できます。

それぞれのユニットは4種類から7種類くらいの技を習得可能で、その中からランダムに4枚(重複あり)が自分のユニットの使える技になります。

この画面で、ポケモン対戦勢なら気づくと思いますがこのゲームにはポケモンをモチーフにした名前や技などをもったユニットが数多く登場しています。ぼくはポケモンが大好きなので、入手できたカードのモチーフが何か気づくととても愛着がわきました。


◆技を入れ替える方法
・スキルリロール
持っているユニットの技の組み合わせをリセットします。課金で手に入るスキルリロール固定は有用だったので、スキルリロール固定の240円かこれを含んだセットの360円くらい課金するとゲームがそれなりに楽になると思います。

◆ユニットを増やす方法
・スカウトカード
対戦中にスカウトカードを使うことで対戦相手のユニットをゲットできます。レア2以下くらいなら簡単に捕まるのですが、レア3やレア4だとなかなか捕まりません。マスターカード(要課金)を使えば確実にユニットが捕まります。

・ユニット合成
要らないユニット2枚を合成して別のユニットを生成します。レアリティが同じ同士を合成しておけば、基本は同じレアリティのままだけど何割かの確率でレアリティの高い別のカードに化けます。

・レシピ合成
指定のレシピ通りの4体をまとめて合成することで決まったモンスターを確実に入手できます。

↑これらを使って自分のデッキを強化したり、図鑑埋めを進めたりしてゲームを進めていきます。


Screenshot_2018-08-13-13-19-25Screenshot_2018-08-13-13-20-30

対戦要素やモチーフの話以外にもデザインやフレーバーテキストも気に入るものがありました。特にこのサラマンダーのテキスト、『「サラマンダーの姿をはっきり見た」というのは、嘘つきの言葉とされる』っていうのが世界観がすごく表れててぼくは大好きです。

オークファイター、砂隠れの民サンダンのテキストも良かったです。まだ持ってないユニットも多いのでもっと読みたいですね。




以上。リローテーションの紹介記事でした。

フットボールネーションという漫画を読みました。

しっかり戦術について書いてあるタイプのギャンブルとかスポーツが題材の漫画だと、ポケモンバトルに通じる部分を感じることがたまにありますね。フットボールネーションはそういう要素のある漫画でした。



『いい文章を読んだことのないものは決していい文章をかけない。インプットの量と質がアウトプットの質と無関係なはずがない。どんなジャンルであっても。』 これは主人公の沖と相手チームのプロの秋葉匠を比較する際の言葉です。沖のサッカー脳はトッププロのプレイ動画を見続けることで養われていて、秋葉はトップ層を見ていない。自分のプレイを反省、修正しているだけ。

ポケモンの構築の組み方、対戦スキルにもあてはまりますよね。

ぼくもいつまでたっても初心者の1500以下の人と、そうでない人は試合の後、特に負け試合の後に反省するかどうかが違うと経験則で感じていました。でも、自分よりもっと上の人や、特に初心者の状態からすぐに高レートにいってしまう人はまた何かが違うとも感じていました。

つよい人の考えたつよいものを見ているかどうかが違いますね。

車輪の再発明という言葉もある。自分しか見ていない人はゼロからくみ上げていくけど、しっかり情報収集ができている上位層の友達を作れている人は常識と思えている最低ラインが違う。





『麻雀は初心者ほど自分の手配にしか意識が行かないものだ。全体が見えていない。つまり相手との駆け引きができない。守りもおろそかになる。サッカーも同じだ。日本のチームが陥りがちな「自分たちのサッカー」は初心者の麻雀に似ている。』
沖がしているのがサッカーで、匠がしているのは球蹴りだとまで言っていました。サッカーは何人でやるスポーツかという問いに、匠は11人と返したのに対して沖は自チームと相手チーム合わせた22人とレフェリーでやると答えました。

ポケモンの場合だと、対面した相手倒すことばかりを意識して大局を見えてない場面かな?目の前のポケモンをそのまま倒したら積みの起点になってしまうからあえて交換先にしか刺さらない技を連打して倒されたほうがいい場面としっかり処理した方がいい場面の判断。相手のパーティのナットレイとか特定のポケモンを倒せるポケモンを温存したほうがいい場面。試合の中で使われた行動、使われなかった行動から型を断定して適切な処理法を選んでいけるかとか。

ブログ記事の読み方でも文章をちゃんと読んで理解せずに並びだけ真似たり、単体でポケモンの型を抜き出して意味を理解できてなかったりしますよね。


麻雀をやったことがあると、自分と格上の相手とで同じ盤面から得ている情報量が圧倒的に違う。運ゲーのはずなのに超えられない実力差がある。と感じます。






『「自分たちのサッカーね」… 「自分たちのサッカー」ってやつにこだわってる監督は往々にして選手の特性無視してムリヤリ落とし込むし、試合中の柔軟なフォーメーション変更もできない場合がある。交代策が消極的なことも多い』

勝つために強いポケモンを好きになれって喰い断さんに言われたのを思い出しました。ぼくは使いたくなった思いついたマイナーポケモンからパーティを組もうとしてこのポケモンは強くないなという結論に至ることが多いです。

勝つためにはプレイしないといけないからプレイし続けるモチベーションは大事で、そのために好きでいることは大切。でも、勝つためでなく自分が好きな何かに固執してたら勝つためにプレイしてる人とは差はできるなぁと感じますね。強いポケモンを使ってる人のほうが強い。あたりまえだ。

まぁ、ポケモンの場合はもっと上の世界大会常連層までいくと勝つための実戦経を験積むために実機の育成環境が手間だから別の場所で経験値を積んで公式大会用に最低限必要な個ポケモンも不正な方法で調達するまでいってしまってる人さえいるので、本当に対戦要素のみを求めるならポケモンってゲームを選ぶのが可笑しいし自分の好きを優先でいいか。ポケモンの世界観も愛していたいですね。





そう、ぼくは去年の今ごろはポケモンをしばらく離れていたからレーティングもなかった。モクローを使いだして、ダブルレート1800を達成できた。ポケモンは進化させたほうが強い。でもモクローのほうがかわいい。かわいくて楽しいから続けられる。

そうしてSM環境でレート1800を達成したドンババモクローでもUSM環境では1500台で停滞してしまった。苦手な相手の対策を考えて、ジャパンカップの放送をみて強いポケモンを知って、ムシャーナをクレセリアに変えることでいまダブレ1700までもどってこれた。強い人の対戦を見ると強いポケモンを知れて参考になりますね。


ポケモンパン考察


ポケモンスクラップで夢特性のサンダーファイヤーフリーザーが解禁されるということで話題になっていますね。去年は伝説ポケモン配布だったのですが、今回はレートで使える準伝説ということで私も気になっています。

正式な情報はポケモンスクラップ2016特設サイトを確認してください。

このサイトにキャンペーン参加方法、対象商品などが全て記載されています。特に目玉になっている静電気サンダーGETには12枚集める必要があるようですね。 期間は十分にあるので集めるのはゆっくりでも問題ないですが、指定の枚数スクラップをゲットしポケモンを受け取った後に厳選にかかる時間も別にかかることを忘れないようにしましょう。


このポケモンスクラップを集めるために販売店舗が多いという意味で一番購入しやすそうなのがポケモンパンです。ポケモンパンはいくつもの種類がありますが、通常はデコキャラシールが付いているだけで、キャンペーンの応募に必要なポケモンスクラップが封入されているのはいちごミルククリームパン、ツナパンの2種類のみです。 


・いちごミルククリームパン
いちごミルククリーム入りのパンです。食べてみたところ、パンは普通でクリーム部分はアポロチョコをクリームにしたような味でした。美味しいかどうかというと、不味いとは言わないけど味がきつい。アポロチョコを1つ食べるのは大丈夫でも2つ3つ一度には食べたくならないという意味できつい。相性のいい食材や調理法も特に思いつかないし、パンといちごミルククリームのシナジーも特にないです。この味が特に好きでもない限り、ポケモンスクラップの数を集めるのには不向きだと感じました。

・ツナパン
パン部分は同じで、こちらは中身がツナになっています。おにぎりやサンドイッチによく入ってるツナが丸いパンに入っているだけで味は普通です。ツナは非常に汎用性が高いため、好みのものをトッピングして食べれば飽きずに食べられると思います。またパンなので温めるという工程を加えることで味が向上します。トッピングの選択肢に関してはポケモンパンのアレンジレシピに限らずともサンドイッチのレシピを検索すればいくらでも見つかるのではと思います。肉(カツ、ハンバーグ等)、野菜(レタス、トマト)、茹で卵あたりが無難な選択肢でしょうか。


アンニュイあぁんてい ハンバーガー構築
この記事ではポケモンパンに具を加えることで味を向上させ、なおかつ2つセットで食べることで消費スピードを加速するギミックの具体例が提案されています。

 サンドイッチの作り方 ツナ卵サンド
サンドイッチのレシピを書いているサイトを適当に探してみつけました。サンドイッチといえばレタスとゆで卵を入れた構築がやはり王道ですね。ポケモンパンを用いて作る場合、アンニュイさんの構築のようにパンを2つ使用せずともパンを包丁で切って開いて具を詰めて試してもいいのではないかと思います。
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ