2016年11月23日 18:53

サンムーン新アイテム考察


・グランドコート
技や特性でフィールドを張ったときに5ターンではなく8ターンになる。

7世代で追加されたフィールド特性をもつポケモンたちは強力ですが、フィールドは天候と違っていまのところ素早さに影響しないです。そのためフィールドの取り合いが発生したとしてもグランドコートは6世代の天候岩と比べて重要度が低いアイテムになりそうです。
 

・ぼうごパット
攻撃する相手にさわって受ける効果を受けないようにする。

ゴツメや鉄のトゲ、炎の体などの効果を受けなくするアイテムです。メガガルーラはメガストーン以外のアイテムを持てないため他のポケモンでしか使えません。火力や耐久が直接あがるアイテムよりもぼうごパットを優先させる意味があるのかというと微妙なところですが、ゴツゴツメットをメインのダメージソースにしているポケモンをローブシンのような物理アタッカーで強引に突破しようとする場合は役立ちそうです。

・ビビリだま
威嚇を受けた時すばやさがあがる。消費アイテム。

相手の威嚇依存なのでかなり扱いが難しいアイテムになりそうです。普通に早いポケモンを使いたいなら間違いなくスカーフが安定するので、特殊アタッカーに持たせて威嚇持ち先発を読んでぶつけるのは不安定で弱いと思います。これを持たせたくなるのは拘らせると弱いポケモンでなおかつ威嚇持ちに強くしたいとき、ダブルバトルで猫だまし持ちとして採用したくてランドロスが相手にいた場合はうえから殴れると嬉しいマニューラあたりのアイテムの選択肢になりそうです。


・ミストシード
ミストフィールドのとき、特防を1.5倍にする。消費アイテム。
・サイコシード
サイコフィールドのとき、特防を1.5倍にする。消費アイテム。

基本的には突撃チョッキでもいい効果なので、フィールド特性前提で動かす場合の選択肢です。カプ系に持たせるとデメリットがほぼないかもしれません。

・エレキシード
エレキフィールドのとき防御を1.5倍にする。消費アイテム。
・グラスシード
グラスフィールドのとき防御を1.5倍にする。消費アイテム。

いままで選択肢が少なかった防御をあげるアイテムです。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

SMダブル、モクロー入りで1800達成
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: