ニョロトノルンパッパゴチルゼル
ナットレイハリテヤママリルリ
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ニョロトノ雨降らしソクノの実熱湯雨乞い滅びの歌守る
ルンパッパすいすいラムの実熱湯エナジーボール猫だましフラフラダンス
ゴチルゼルかげふみオボンの実サイコショック癒しの波動トリックルーム守る
ナットレイ鉄のトゲ食べ残しジャイロボールパワーウィップ剣の舞守る
ハリテヤマ厚い脂肪突撃チョッキインファイト猫騙しヘビーボンバー叩き落とす
マリルリ力持ち防塵ゴーグル滝登りアクアジェットじゃれつく守る

イッシュファイナル戦績26-0 レート1835 順位は13位でした。

無題

フレ戦でも大会でも無敗。対戦回数が限られてないトリプルレートでもここまでレートがあがったことがなくて、トリプル自己最高レートを大会で更新することになったので満足のいく結果になりました。

あーあ、負けた。プレイングミスったな。と思ったけどなんか勝てた。って展開が3度も4度もあったのでナットレイ、ハリテヤマ、マリルリの3体がイッシュファイナル最強の3匹です。

噴火ドランどころか配布も準伝もいない完全にカロス孵化産だけのパーティです。


◆調整
ニョロトノれいせい 197(252)-×-100(36)-151(220)-120-67
ルンパッパひかえめ 170(116)-×-90-156(252)-120-108(140)
ゴチルゼルなまいき 177(252)-×-116(4)-115-178(252)-63
ナットレイゆうかん 181(252)-160(252)-151-×-137(4)-22
ハリテヤマゆうかん 219-187(236)-98(140)-×-97(132)-49
マリルリいじっぱり202(212)-112(252)-101(4)-×-103(20)-73(20)

◆構築を組んだ経緯
ニョロトノルンパッパ
イッシュファイナルは間違いなく天候合戦になるし雨パも作ろう!

トリプルの雨パといえば雨トリルクチートだな。

参考記事
ニョロトノルンパッパクレッフィメガクチートゴチルゼルニンフィア
【トリプル】噴火杯優勝構築 雨ゴチルコントロール【ORAS】

5世代はポケモンをやってる人の人数が今より少ない。だから5世代構築より6世代構築のほうが環境が進んで強い構築ができてるし、6世代のパーティを再現できればそれが1番強いはずなんです。(ちなみに雨トリルクチートをコピーして自分で使ってみたときはクレッフィがうまく扱えなくてあまり勝てませんでした)

ニョロトノルンパッパゴチルゼル
この3体まではそのまま採用できますね。

ではまずトリルエースのクチート枠

ナットレイ
ナットレイが第一候補かな?雨ナットっていうのも無難に強い、古き良き組み合わせですね。

ハリテヤマ
でもナット一体だと範囲が足りない。それに元記事であきらめてる相手のナットレイも今回の環境だと意識しないといけない。だからその対策にハリテヤマを採用。もともとクレッフィをうまく扱えなかったのでこれでいいでしょう。

マリルリ
最後のニンフィア枠。ここまでの並びだと日本晴れとあわせた噴火ヒードラン耐性が低いというのも意識して、同じフェアリータイプの中からトゲキッスではなく炎耐性のマリルリを採用しました。

ニョロトノルンパッパゴチルゼルナットレイハリテヤママリルリ
この並びで完成。


ただこの並び、技構成はともかく持ちものをどうするかがすごく難しいんですよね。オボンチョッキゴーグルあたりを持ちたいポケモンが多すぎます。

最初は元記事を参考にしつつ
ニョロトノ@ゴーグル、ルンパッパ@メンハゴチルゼル@オボンナットレイ@残飯ハリテヤマ@チョッキマリルリ@命の珠としていました。

そして1回だけ試運転。

すきやバイトさんとフレ戦をして、感想戦をして、アイデアをたくさんもらった結果
ニョロトノ@ソクノ、ルンパッパ@ラムゴチルゼル@オボンナットレイ@残飯ハリテヤマ@チョッキマリルリ@ゴーグルとなりました。

どのアイテムもよく発動したので完璧なアイテム選択だったと思います。

机上論で考えるより実際に対戦してみるほうが考察は進むけど、対戦して1人で考えるより2人で考えるほうが考察が進むんですね。すきやバイトさんにはとても感謝しています。




ちなみに、偶然にも似た構築を使っていた人を見かけたので紹介しておきます。
トノ、ルンパ、ゴチル、ナット、格闘、フリフォ対策重石枠までパーティバランスかぶり。
ニョロトノルンパッパゴチルゼルナットレイカポエラードサイドン 
似非耕す雨【イッシュファイナル(トリプル)】




◆基本選出
先発ニョロトノルンパッパゴチルゼル
ナットレイハリテヤママリルリ

天候を変えてくる相手には初手雨乞い、猫騙し、トリックルーム

ゴチルが耐えきれそうで先発さえ潰せば後続が残りで優位をとれると思える相手には滅びの歌、猫騙し、ムーブ

雨でごり押せばどうにかなりそうな相手には熱湯、熱湯、トリックルーム

後は熱湯、猫騙し、トリックルームや交代、猫だまし、トリックルームの動きもありました。

よくわからないときは守る、フラフラダンス、守るの動きも何度かしましたが1度もうまくきまりませんでした。フラダンは不要でした。

◆苦手
ローブシン
珠ちからづく毒づきでマリルリを倒されるのはさすがに無理。オボンとかだと熱湯で押し切りやすいですが、チョッキだと特殊技で倒すときは覚悟して集中かけないと無理な耐久なのもまた面倒くさい。サブロムのサマヨールのお見通しで道具を判定してからメインロムで対戦するのが一番有効な動きだと思いました(実際にそうなった)。

クロバット
ハリテヤマの重さをフリフォ耐性にしているのでブレバや暴風ができる飛行タイプがきついし猫だましがきかないクロバットが最大の難関だと思っていました。が、1度もマッチしなかったのでセーフ。

エルテラドーとかもマッチしませんでした。ドーブル自体サブロム合わせて71戦して3体くらいしか見覚えがない。

勝てる相手とだけマッチングする運があれば全勝できるんですね。


◆個別考察
ニョロトノ 特性  雨降らし 持ち物  ソクノの実
 熱湯  雨乞い 滅びの歌  守る
 れいせい197(252)-×-100(36)-151(220)-120-67
 
理由はよく考えずに技構成を真似しました。

雨起動特性で、硬くて、滅びが使えて強い。今まで眼鏡トノしか使ってなくて火力ないトノは弱いと思っていましたが、ゴチルゼルと組ませるならこういうトノも強いんですね。滅びかげふみ展開はとても強かったです。

バンギラスやキュウコンと天候の取り合いになって雨乞いが活躍する場面も多かったです。

ルンパッパ 特性  すいすい 持ち物  ラムの実
 熱湯  エナジーボール 猫だまし フラフラダンス
 ひかえめ  170(116)-×-90-156(252)-120-108(140)
 
熱湯、エナボ、猫だましまで何も考えずに採用して、最後の枠は適当にフラフラダンスを採用しました。

フラフラダンスは何度か選択してみて1度も活躍しなかったので要らない技でした。守るがあったほうがもう少し強かったです。

Sは意地スカーフランドロス抜きで残りを耐久に振っています。耐久振りのおかげでフリーフォール等のそこそこ威力の攻撃を耐えることも多かったし、後投げしてくるS降り鉢巻バンギラスあたりにトリル下で先手をとってニョロトノの雨乞いと合わせて動いていくこともありました。また、交代して猫だましの弾として温存することもありました。

電磁波で狙われてラムが有効に働く場面が何度かありこのアイテムで正解だったと感じました。

ゴチルゼル 特性  影踏み 持ち物  オボンの実
 サイコショック  トリックルーム 癒しの波動 守る
 なまいき 177(252)-×-116(4)-115-178(252)-63
 
トリックルーム役としても機能し、中央にムーブから守るで滅び展開もこなし、安定感のある低レート狩りを実現してくれました。

天候パとかげふみというのが非常に相性がよく、相手の天候役を逃がさず倒しながら自分は天候を手動で変える動きがよく決まりました。

トリックルームがまず必要、滅びギミックのために守るも必要として残り枠も理由はよく考えずに雨クチートの記事を真似していたのですがこれでよかったです。相手がナットレイを6割削った!ハリテヤマ集中で9割削った!みたいなことをやった直後に癒しの波動で回復させて絶望させることもできました。


ナットレイ 特性  鉄のトゲ 持ち物  食べ残し
 ジャイロボール  パワーウィップ 剣の舞 守る
 ゆうかん 181(252)-160(252)-151-×-137(4)-22

受けだし性能、エース性能、詰ませ性能が高く雨ととても相性がいいポケモンです。ナットレイを採用すると晴れで天候を塗り替えられた場合の展開がきつくなるので残り2枠にはヒードランに対して耐性と打点があるポケモンを採用しています。 

パワーウィップ、ジャイロボール、守るまでは強いから採用。

残りの枠に叩き落とすや宿り木よりも積み技がいいと思い、鈍いと迷って剣の舞を採用しました。

最初は気分で入れていただけなのですが、すきやバイトさんに威嚇分打ち消せるのは強いから剣舞のほうがいいと後押しされて剣舞になりました。実際剣舞のほうがつよかったです。


ハリテヤマ 特性  厚い脂肪 持ち物  突撃チョッキ
 インファイト  叩き落とす ヘビーボンバー 猫だまし
 ゆうかん 219-187(236)-98(140)-×-97(132)-49
 
範囲技のないこの構築ではフェイントは不要だと思ったのと、攻撃範囲を増やしたいと思ったのでこの構成になしました。硬い猫だまし持ちなので滅び展開をするときにトノやルンパの引き先として出しやすく、普通にトリルから殴る展開のときも強いアタッカーとして扱いやすかったです。

インファイトが無難に一致技でヒードラン、ナットレイ、ルンパッパなどへの打点。
叩き落とすがゴチルゼル、ブルンゲル、サマヨールあたりのトリル役への打点。
ヘビーボンバーがピッピ、トゲキッスあたりのフェアリーへの打点。
イッシュファイナル環境ならどれも必要だと思いました。



マリルリ 特性  力持ち 持ち物  防塵ゴーグル
 じゃれつく  滝登り アクアジェット 守る
 いじっぱり 202(212)-112(252)-101(4)-72-103(20)-73(20)
 
とくにいうことのない無難な構成のマリルリです。
 
ゴーグルのおかげでバレルドランの怒りの粉噴火に対して滝登りでドランを殴れます。ただ、最遅ドランと同速にしてしまったのはさすがによくなかったです。Sを下げるべきでした。