ローテハガネールトリパ
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ハガネール頑丈→砂の力ハガネールナイトジャイロボール地震岩雪崩鈍い
クレセリア浮遊ゴツゴツメットサイコキネシストリックルーム瞑想月の光
ポリゴン2ダウンロード進化の輝石トライアタックトリックルームシャドーボール重力
ニンフィアフェアリースキン拘り眼鏡ハイパーボイス破壊光線ムーンフォースマジックコート
シザリガー適応力拘り鉢巻クラブハンマーアクアジェット叩き落とす噛み砕く
ボーマンダ威嚇→スカイスキンボーマンダナイト捨て身タックルから元気瓦割り竜の舞

35人規模の第121回週末ローテ大会 兼 日本vs中国ローテーション対抗戦代表者決定戦に参加して、4勝1敗で準優勝しました。

僕自身はローテはあまりしたことがなくて、5世代と6世代合わせても多分50戦くらいしか対戦したことがない。経験が少なくて直前にローテやったのが何か月前だか分からないのに、構築を大会直前に考えて試運転ゼロで大会に臨んで、それでも勝敗に影響あるミスはせずに済んだ。

6世代のローテで使ったことがあるメガシンカはローテドラフト大会で使ったメガボーマンダとメガギャラドス、鉢巻イカサマブラッキーをローテで使いたい考えて使ったときに同居してたメガハガネールの3体のみ。

ローテについて持っている知識といえば
・ローテは積み技とS操作が強い。
・相手に一貫する行動を作らせない並びを意識する。
・4体目の先制技かS上昇手段持ち積みエースで積んで殴って一掃するには事前に何を削っておけばいいか意識して動かす。
このくらい。

今回の大会でこの構築を使って思ったのは、俺が使いたかった強いハガネール構築はこれだというのがなんか完璧に作れたということ。俺が使いたかったハガネールは、ローテのハガネール構築をググってでてくる欠伸や壁で強引に起点作って願い事でちまちまHP調整しながら鈍いより剣舞があればとか思いながら使うポケモンじゃない。綺麗な並びを作って耐性を保険に動かして積んで殴っていくエースなんだ。鈍いを積んで相手の物理技を全部受けきって殴るタフなポケモンなんだ。積んでトリル貼っての2ターンで場を整え終わってハガネールともう一体の拘り持ちで殴って相手をぶち壊す展開の速いポケモンなんだ。圧倒的な物理耐久で相手の先制技にも弱点物理技も受けきって動くハガネールほんとかっこいい。見た目も大好き。

怯みとかまもみが遅延とかの嫌いな要素と無縁だったのもよかった。打点だけ考えて選出したら耐性もいい感じに噛みあう並びを自然に作れて、好みの展開速度で、ローテーションバトルが最高に楽しめた。何度も択勝って勝負に勝ったから楽しめたってのもあるけど、それができたのはやっぱ自分にあった強いパーティができたから。

◆調整
20141202195747700.png 勇敢 182(252)-194(252)-250-74-115(4)-31
クレセリア 穏やか 227(252)-75-163(196)-95-165-113(60)
ポリゴン2 控えめ 192(252)-79-110-172(252)-116(4)-80
ニンフィア 控えめ 191(164)-85-107(172)-167(172)-150-58
シザリガー 意地っ張り 159(164)-189(252)-105-99-87(92)-75
メガボーマンダicon 意地っ張り 170-216(252)-150-115-111(4)-172(252)

◆構築を組んだ経緯
ローテ週末大会の告知に気付いたのが当日の夜。この大会のあった日の昼にずらっぷさんの枠であった12人規模のシングル突発大会でハガネールトリパを使って優勝していて、じゃあローテでもこれ使うか。ハガネールってシングルよりローテの方が絶対強いよな。同じ日にほぼ同じ構築でシングルとローテの大会両方優勝したりしたらかっこよくね?と思ったのがハガネールを使おうと思った理由。

もとの並びは20141202195747700.pngシザリガーニンフィアクレセリアブルンゲルナットレイ
ハガネール、ニンフィア、シザリガーがエースアタッカー。クレセリアとブルンゲルがトリル役。ナットレイが火力補助のステロ撒き。

ナットレイ枠がステロ爆発で炎タイプを倒すこと、ブルンゲル枠がメガルカリオの対策を意識したシングル用の採用理由でローテだと不要になる。

具体的な先発のパターンとして

20141202195747700.pngニンフィアクレセリア+(シザリガー)
みたいに考えたときに、トリル役がクレセだけだとギルガルドに対して不利になりすぎる。特に相手が身代わり持ちの場合なんてきっつい。
ブルンゲル枠に代わりに入れるトリル役はギルガルドに耐性があるポケモンにしたい。シャンデラポリゴン2を思いついた。シャンデラはすり抜けで身代わり貫通で攻撃できて打点もかなり高いが脆くて襷でしか行動保証ができない。ポリ2は高耐久、相手のシャドボ無効、自分のシャドボでガルドに十分なダメージを与えられて、相手のラスカノはシザリガーハガネールに通らないから撃たれにくいし毒もハガネールで無効化できる。ハガネール達との並びを考えると相手に択を押しつける要素と自分視点の動かしやすさを考えてポリゴン2がいいと判断した。
20141202195747700.pngニンフィアポリゴン2+(シザリガー)
20141202195747700.pngクレセリアポリゴン2+(シザリガー)
これでギルガルドに打点があるポケモンを2体以上並べる選出が作りやすくなった。
以前ハガネール入りで潜ったときはシザリガーとナットレイの枠にブラッキーファイアローを使っていた。鉢巻ブラッキーは強いけどハガネール入りとは相性が悪くてハガネールと同時選出できないという感想だったので、水打点と先制技要素が確保できてハガネールとも同時選出しやすいシザリガーのままに。ゴツメ鬼羽挑発アローもまずまずの働きをしたけど選出するときにハガネールの枠を削って選出したくなるばかりで選出全体のパワーが下がった感想だったので、どうせ同時選出しないなら2枚目のメガシンカを採用してパワーをあげようということでメガボーマンダiconを採用した。ハガネールが持っている物理耐久やハッサム耐性と似たものを持っていて、トリル展開を許してくれそうにないパーティを上から殴れる。ハガネールが選出しにくい炎や水に耐性がある。


◆単体考察
steelix-mega.gif 特性  頑丈→砂の力  持ち物  ハガネールナイト 
 ジャイロボール 地震   岩雪崩  鈍い
 勇敢  182(252)-194(252)-250-74-115(4)-31

ハガネールは鈍いジャイロ地震で殴るのが強いとシングルで感じていたのでその構成。鋼+地面の範囲はまずまず強い。耐性面で電気無効飛行半減というのも偉い。ガルーラ前で動かしやすい耐久なのも偉い。シングルでは鈍いからガッサのマッパを耐える耐久の身代わりを多用していたけどローテはそこを一点読みはできないし、三日月の舞もシングルと違って使えなくて願い事も今回の構築には入ってこなかったということで変更して4枠目に岩技を採用。

調整はシングルで使ってhAd調整の個体も育成済みを持ってたけどHAぶっぱを持ってきた。鈍い積みつつ猫グロパングロパンエアスラブレバを耐えて4タテする展開があったのが熱かった。

クレセリア 特性  浮遊  持ち物  ゴツゴツメット 
 サイコキネシス  トリックルーム   瞑想  月の光 
 穏やか  227(252)-75-163(196)-95-165-113(60)

クレセリアはトリックルームサイコキネシスの他に瞑想月の光採用のゴツメ持ちで、とにかく腐りにくくするよう意識した構成。ガルーラにぶつけていきやすい。
以前ローテをやったときにトリル役もS下げる必要ないし通常時にバナ抜ける方が強いと気付いたのでS無補正個体。

ポリゴン2 特性  ダウンロード  持ち物  進化の輝石 
 トライアタック  トリックルーム   シャドーボール  重力 
 控えめ 192(252)-79-110-172(252)-116(4)-80

ポリゴン2はHCのアタッカー構成。十分堅くて択負けのリスクが少なく、火力もそこそこあって、周りとの耐性もかみ合ってゴースト無効まで活かせて、トライアタックも無難に強くて、シャドボでギルガルドを削るから地震で削る前提と違って風船に左右されない。めっちゃ動かしやすくて、マリルリ、ボルトロス、ギルガルドとかをうまく削ってくれた。ポリ2採用を決めた瞬間にトリル、トラアタ、シャドボまで構成を決定して4枠目で迷ったんだけど、重力というハガネールと相性ばっちりの神技を見つけたので再生とかじゃなくこっちを採用。今回は地震を当てる方じゃなく、相手の小さくなるピクシーをクラブハンマーで叩き割るのに重力が活躍した。
クレセリアと同じく、Sを下げる必要を感じなかったのでS無補正個体。通常時のマリルリを抜けて動かしやすかった。

ローテなら登場時発動特性の発動機会が少ないし、アナライズでよかったですね。


ニンフィア 特性  フェアリースキン  持ち物  拘り眼鏡 
 ハイパーボイス 破壊光線   ムーンフォース  マジックコート 
 冷静 191(164)-85-107(172)-167(172)-150-58

積まずに殴る型にしたかったので眼鏡を持たせた。ニンフィアは眼鏡でハイパーボイスをぶつけるだけ。フェアリーは無効タイプもなく半減も少ないかなり一貫が獲りやすいタイプ。格闘技やサザンの悪波流星へ耐性を持ってる点ももちろん意識したが、大会の決勝戦でクレセリアニンフィアvsハッサムの対面になれば虫耐性まで活きることが判明した。
ダブルで使ってた個体で捨て身の乱数を意識した調整。Sは相手のニンフィアにトリル下で先制するため最遅。


シザリガー 特性  適応力  持ち物  拘り鉢巻 
 クラブハンマー  アクアジェット   叩き落とす  噛み砕く 
 意地っ張り159(164)-189(252)-105-99-87(92)-75

シザリガーは鉢巻持ちで高火力をぶつけるだけ。適応力が効く技4つを採用。削れた相手をアクジェで詰める動きもできれば、トリル展開から叩きやクラブハンマーで削り役を担うこともできる。水も悪もかなり一貫をとりやすいタイプ。エスパー氷炎鋼に耐性を持っている耐性面も活躍した。
役割論理wikiに乗っていた調整。HAぶっぱより少しD振ってる方がシングルで使用感が良かった。勇敢でなく意地なおかげで今回はクチートを上からワンパンできた。


salamence-mega.gif 特性  威嚇→スカイスキン  持ち物  ボーマンダナイト 
 捨て身タックル  から元気   瓦割り  竜の舞 
 意地っ張り 170-216(252)-150-115-111(4)-172(252)

飛行打点はもちろん一貫をとりやすい強い打点。ボーマンダは普通に捨て身竜舞をまずいれて、鬼火熱湯聖なる炎を受ける機会が多いことを考えてから元気を採用。捨て身と違ってHPを削らない意味の撃ちわけも意識。4枠目は地震と迷って瓦割りを採用した。パーティで相手の壁がきつそうなのと、ガルド打点意識してもローテだからどうせ浮いてるのと並べられるし意味ない。浮いてる何かと鋼の並びを見たらボーマンダはむしろ捨て身で鋼を削る方を選ぶでしょ。

ローテは風船持ちが特別多いルールだし、瓦割で削る前提の方がヒードランの風船で計算崩されない点もいいなと風船持ち鋼を何体か見て思った。記事を書いてて催眠耐性がゼロなことに気付いたからこの枠は寝言でも良さそう。

マンダは何もかんがえずASぶっぱ。