サナマンダ
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
サーナイトトレース→フェアリースキンサーナイトナイトハイパーボイスサイコキネシス守るアンコール
コジョンド精神力気合の襷とび膝蹴り岩雪崩猫騙し叩き落とす
ウインディ威嚇拘り鉢巻フレアドライブ神速インファイト寝言
トリトドン呼び水オボンの実大地の力凍える風濁流守る
ボーマンダ威嚇→スカイスキンボーマンダナイトハイパーボイス捨て身タックルめざパ地面守る
ギルガルドバトルスイッチ命の珠シャドーボールラスターカノンキングシールド身代わり


いしよまさんがメガリザードンY+メガサーナイトの2メガ構築を作ろうと苦戦していたのを見て自分も似た感じのを作ってみようと思った。

2メガ構築で、相手に刺さっている方のメガシンカを初手に選出して残りのポケモンでサイクルを回すような構築にしたいと考えた。

メガサーナイト入りの並びとしてメガサーナイト+モロバレルという並びで怒りの粉+ハイボで殴っていくのがあることを知る。
モロバレルと並びを作れるメガシンカを考えてiconメガマンダ+モロバレルも良さそうだと気づいて、サーナイトとボーマンダの2メガ構築を作ることにきめた。範囲がいい感じに被ってて似た取り巻きを使って活躍できそうな気がする。

でもバレルで補助するのは猫騙しに弱くて猫+追い風とか猫+トリルとかを簡単に許しそうだしサポートはガルーラより速いポケモンにしたくなってきた。

そして、メガサーナイト+コジョンドメガサーナイト+ゴウカザルの並びがあることを知った。コジョ、猿もマンダのサポートとしても良さそう。

ググってみると、バルドルさんのブログのサルサナコジョサナの記事がでてきたのでこれをベースにすることにした。

ゴウカザルよりもコジョンドとウインディがいるのの方が気に入ったのでそっちを採用してポケモンを並べてみた。

◆選出
使ってみるとほぼ2パターンになった。
メガサーナイト+コジョンド+(ウインディ+トリトドン)
選出機会が多いのはこっち。

iconメガマンダ+コジョンド+(ウインディ+ギルガルド)
相手にドランがいるとき、威嚇がかなり刺さるときはこっち。


同時選出はできなくていいからメガガルーラを2体別々の技構成で採用して相手の並びに合わせて使い分けたいみたいなことを考えることありますよね。メガサーナイトとメガボーマンダの同時採用はイメージそんな感じ。サーナイトとボーマンダはどちらも高火力スキンハイボを使いこなせて攻撃範囲も被っている。メインウエポンが似ていて同じ取り巻きで活躍させやすい。でもサーナイトは特殊技に強く、ボーマンダは物理技に強くサブウエポンとして物理技も使えるから得意な範囲に少し違いがある。これを相手にあわせてぶつけていく。


ダブルレートで1900台で安定していたものの、ジャパンカップでの環境の変化についていけなかった。
この構築の欠点バンドリボルトマンダ、プテラキザンに対してマンダもサナも苦手で勝てなかった。


◆個別紹介
メガサーナイト 特性  トレース→フェアリースキン  持ち物  サーナイトナイト 
 ハイパーボイス  サイコキネシス  守る  アンコール 
 控えめ  171(220)-65-85-165(36)-135-132(252)

丸パクリ調整のHSメガサーナイト。眼鏡、珠サザンの上からハイボで縛れるのは重要だった。

ハイパーボイスで何でも削っていく。ワイガ持ちの相手は格闘が多いのでサイキネで処理する。

コジョンドの膝を通すための守る封印は使う機会が少なかったためアンコールに変更した。キンシやワイガをアンコールして相手のギルガルドを腐らせる。


コジョンド 特性  精神力  持ち物  気合の襷 
 とび膝蹴り  岩雪崩   猫騙し  叩き落とす
 陽気  141(4)-177(252)-80-99-80-172(252)

猫騙しでメガ枠の動きを補佐する。隣のポケモンの縛りを解除する猫騙し、この指とまれ、怒りの粉あたりを用いるポケモンにはゴウカザル、マニューラ、モロバレル、ライチュウ、ピッピなどもよく採用される。これらのポケモンは高火力のポケモン、特に高火力の全体技を扱うポケモンと相性がいい。この構築ではスキンハイパーボイスを扱うメガサーナイト、メガボーマンダを採用している。

猫騙し持ちの中でもコジョンドはガルーラより速いためガルーラ入りの並びに対して1ターン目から動かすことができ、猫騙しで止めるだけでなくとび膝でガルーラ打点も確保しているのが長所だ。ファスガ、ワイガも扱うことができ相手に択を押しつけることができる。捨て身なら威嚇込みでもガルーラを縛ることができ、精神力のブラフがあって猫騙しの対象にはされにくいということで高レートでは捨て身の採用率が高い。自分が参考にしたブログでは 膝/雪崩/猫/ワイガ の構成だった。

雪崩を打たれる場面にワイガ+隣でハイボをしようとしても相手の猫の可能性や単体攻撃を通される可能性がケアできなくて選択しにくかったのでワイガは切った。味方を岩耐性に交代しつつコジョは膝や叩き落とすで殴ることにする。スカーフ雪崩に対して下から殴ることになるので怯みがケアできる精神力の方が役立つ。

とび膝はガルーラ打点。岩雪崩はリザアローサンダー打点と、ちょい残しの相手を削りつつもう片方の怯みも狙える便利技。叩き落とすは対ゴースト打点になり、ゲンガー+αやギルガルド+αの並びでこちらのコジョンドを腐らせようとしてくる相手につっぱって負担をかけていくことができる。


ウインディ 特性  威嚇  持ち物   拘り鉢巻 
 フレアドライブ  神速   インファイト  寝言 
 意地っ張り  185(156)-176(236)-100-103-100-130(116)

準速ドラン抜き、A高めの11n

威嚇枠。高威力先制技持ち。珠を持たせたかったけどガルドと競合したので鉢巻。

マンダの弱点の氷技、サナの弱点の鋼技に対してくりだしていく。トノルンパのチョッキルンパはサナのハイボ+相手トノの波乗り+ウインディの鉢巻神速で倒す。サンダーをフレドラで葬る。ランド入りの並びに対して相手のランドの火力を下げつつ雪崩の上から神速したり、削れたボルトに電磁波をうたせずに神速をいれていったりできて事故率を減らせるのが偉い。
威嚇でキザンにだしにくいこと、威嚇を入れたい雪崩が弱点で受けだしにくく急所も怖いことなどが短所。
S最速ガッサ抜きか、準速ガッサ意識したサンダー抜きで充分だった。インファを使う機会はないし寝言の外れクジでしかなかったのでフレドラ神速寝言でいい。


トリトドン 特性  呼び水愛  持ち物  オボンの実 
 大地の力  凍える風  濁流  守る 
 控えめ  218(252)-79-120(252)-124(4)-102-44

最遅ギルガルド抜かれくらいで十分だと思ってたけど最遅ローブシン抜かれ。

岩耐性として繰り出すことが多い。濁流の使う機会が少なかった。バレル+αの並びに可能性を残せる地割れの方がましかもしれない。


ガブリアス、ギルガルド等への打点がある。凍える風はサーナイトのS補助にもなる。


salamence-mega.gif 特性  威嚇→スカイスキン  持ち物  ボーマンダナイト 
 ハイパーボイス  捨て身タックル   めざパ地面  守る 
 おっとり   173(20)-156(4)-90-177(248)-100-150(236)

高火力のハイパーボイスと捨て身タックルを打ち分けることができるポケモン。

初手でコジョンドと並べたときに威嚇を撒くことができて、ガルーラの上をとることもできてサナよりもガルーラ耐性が高い。ハイボでバレルにも抜群を取ることができる。

ヒードラン打点としてはじめは地震を採用していたが味方が浮いていなくて扱いにくかったのでめざ地に変更した。相手がシュカや残飯もちでなければC特化ハイボ+めざ地でヒードランを倒すことができる。


ギルガルド 特性  バトルスイッチ  持ち物  命の珠 
 シャドーボール  ラスターカノン   キングシールド  身代わり 
 控えめ  159-49-170-104-170-96

ボーマンダ選出時に特に必要になる鋼枠。クレセリアへの遂行が早い。

トリプルの流用でガルドミラー意識のS振りをした個体で、結果的に4振りクレセリア抜き調整になっていた。

ニンフクレセの並びの前にだせたときはニンフ→ドラン交代でラスカノを受け止められることが多いのでクレセにシャドボが正解。

珠身代わりからラムワイガに変えてもいいかもしれない。