ピクシー

ピクシーの対策にやたら一撃必殺を押す人がいるけどそれは違うと思っているので書きます。

ピクシーのテンプレは 瞑想小さくなるムーンフォース月の光@アッキ 天然
ムンフォの枠がアシストパワー、瞑想の枠がコスモパワー、天然ではなくマジックガードの可能性もある。真皇杯準優勝のところてんさんは回復技をねむカゴにしていた。個人的には残飯みがわり小さくなるもありだと思ってる。


積みエースとしてのピクシーの強さは小さくなるという積みの速い回避技に加えて、回復技、火力をあげる手段と一貫性の高い攻撃技、無効タイプ持ちの優秀な耐性をもっていること。起点が作りやすく抜き性能も高い。遅延での対処もされにくい(積みと遂行に必要な総ターン数が多すぎない)。

また特性と技に優秀なものが複数あり、どれを採用しているかによって有効な対処方が少しずれるのも大きな長所。
天然であれば、起点作り役の前に積みエースをぶつけて先に展開することで対応してくる相手に強くなる。
マジガであればピクシー対策を補助技に頼っている相手を完封できる。


短所は苦手なポケモンを起点にできる後続を用意するのが難しいこと。鈍足で積みに時間がかかる(1ターンでは準備が終わらない)ポケモンで、倒されるときは何もできずに倒される。

ピクシーを使用する際のサポートの方法
・電磁波などの麻痺 (S順によっても痺れによっても行動回数を増やすことができる)
・壁、鬼火(相手の火力を落として起点にする) 
・タイプ相性(バンギラスを初手にだしてガブリアスを誘うなど)



◆具体的な対策

・滅びの歌(ゲンガー、ニョロトノなど)
非常に有効。構築の主軸としていれることができる。

・まもる身代わり(グライオン、ライコウ、ギルガルドなど)
ピクシーの攻撃技が1つなのでPPを枯らすことができる。時間制限のあるレート戦の場合は遅延判定勝ちを狙える。
非常に有効。構築の補完として非常に採用しやすい。

・弱点をつけてフェアリー耐性もあるポケモン(ドリュウズ、メタグロス、ハッサム、フシギバナなど)
交代だしからピクシーの攻撃を受けきり弱点技で素直に殴る。
かなり有効。それなりに採用しやすい。

・火力があるポケモン(ガルーラなど)
そこそこ有効。非常に採用しやすい。

・挑発(ボルトロスなど)
起点作り役、積み役ともに挑発で止めることができる。
タイプ相性で対面操作して積んでくる場合にはうまくいかない。それなりに採用しやすい。

・毒菱(ゲッコウガなど)
天然ならそれで機能停止する。マジガだった場合のケアもすぐに開始できる。
非常に有効。採用しにくい。

・ステルスロック(カバルドン、ドリュウズなど)
ピクシーの特性を相手が繰り出した直後に知ることができる。ステルスロックのダメージそのものは耐え調整を崩せる場合があるかどうかといったところだが、特性を素早く判断して有効な手段での対応に移りやすいのは便利。積みパーティの他のポケモンにも刺さりやすい。
非常に有効。そこそこ採用しやすい。

砂おこし、ゆきふらし(カバルドン、ユキノオー、バンギラス)
ピクシーが過去作産の卵産みを仕様できなくなったため、回復技が月の光だった場合に回復量を減らしつつ定数ダメージを与えられる。ピクシーの登場前に仕込むことができ、火力の高いポケモンのごりおしで突破の選択肢が成功しやすくなる。
非常に有効。採用しやすい。

・電磁波(クレセリアなど)
最初に述べたように、ピクシーは全抜きエースになる性能はあるが積みサイクルの中継パーツになる性能はもっていない。そのため麻痺でピクシー自体の性能を落としてしまうことができれば毒々などと違ってピクシーの特性に依存せずに処理にむかうことができる。
かなり有効。かなり採用しやすい。

・呪い、毒々、トレース、かわりもの(シャンデラ、ポリゴン2、メタモンなど)
ピクシーが天然でなければ突破できるグロパンガルーラ、剣舞ガブリアスなどと組んでいる前提であれば有効。
ピクシーの特性がマジガだと無効でさらに積みのターン稼ぎに協力してしまう。採用しやすい。

・トリック(ロトムなど)
ピクシーに押しつけることができれば動きは止められる。回避されたり、1度引いて別のポケモンに拘りアイテムを受け取られたりメガシンカポケモンで起点にされる可能性が面倒。回避して瞑想を積まれたあとにトリック命中読みムンフォを成功されるときつい。
まずまず有効。採用しにくい。

・麻痺が無効のポケモン(サンダーなど)
麻痺で起点を作る構築の場合、それが効かないポケモンを前に出すことで展開を妨害できる。
有効かどうかは場合による。かなり採用しやすい。

・天然(ピクシー、ヌオーなど)
非常に有効。採用しにくい。

・吠える吹き飛ばし(スイクン、カバルドンなど)
初手や2番手ピクシーには対応できるがラス1ピクシーには対応できない。そのため時間制限のある対戦で遅延と併用しないと対策になりにくい。
そこそこ有効。それなりに採用しやすい。

・一撃必殺(マンムー、ラプラスなど)
ピクシーの攻撃をある程度受けきることができる前提でないと対策にならない。
そこそこ有効。採用しにくい。

・スキルスワップ、なしくずし、のしかかり、クリアスモッグなど
非常に採用しにくい。