◆検索上位にでる育成論投稿サイトを信頼しすぎるのはやめる
初心者がポケモンのPTを作る参考にするときに、まず見やすいのがポケモン徹底攻略などの育成論投稿サイト。PTは6匹をそれぞれ何を選ぶか、構成の努力値振り、技構成はどうするかと同時に考えることが多くて難しいので1匹ずつ考えたくなりますからね。新着欄を見ればメジャー、マイナー、テンプレ、奇形といろいろな構成が混じってて面白いし、自分が思いつかなかったポケモンを見つけることができるかもしれない。
分かりやすさよりも「検索上位にでてくる」ことがそのサイトを選ぶ理由になってるかな。そのサイトが検索上位にでてくるほど人が集まる理由はだいたいポケモン図鑑等の機能の便利さで、育成論がどのくらい参考になるかとかはあまり関係ない。だいたい、不特定多数の人が自由に投稿できるシステムなら投稿の質が保証されるわけがない。投稿の質を保証できるような上級者しかいないサイトなら投稿数が更新頻度が少なすぎてつまらなくなるに決まってる。


◆PT紹介を載せている個人ブログをいくつか回ってみる
上級者の場合はどうするかというと、PT単位でポケモンを紹介しているある程度以上の実力の人のブログを巡ってまず大まかなポケモンの並び、役割分担とそれを満たすために必要な技と持たせるアイテムの一部を決める。そして余った技枠とかに何が適しているのかを試運転しながらじっくり考える。

PT紹介記事を読むときはまずどの組み合わせがどうして相性がいいのか、それぞれどういう役割を持っているのかを確認する。そしてどういうPTに対してどういうプレイングをするのかを確認する。
PTを組む段階でそれぞれのポケモンに任せる役割をよく考えて、対戦するときはPTを組むときに考えた動き方の候補から消去法で最善にみえる選択肢を選んでいく。

「(ポケモン名) PT」「(ポケモン名) 構築 oras シングル」「(ポケモン名) 構築 2000」などで検索すれば適当なブログが見つかると思います。

Q1. なんで上級者だと育成論投稿サイトでなく個人ブログなの?
A1. 個人ブログというかPT紹介をしている個人ブログですね。ポケモン1体ずつの型よりも何体かのセットで考えることの方が重要かつ難しいからです。たった6体で全部に対応できるようにしないといけない。役割分担を考えるにはタイプ相性補完だけじゃなくポケモン毎の特性、技、速さ、耐久、攻撃力をちゃんと意識してそれぞれ考えないといけないし、嵌め戦術の突破法も用意する必用があるし、対策枠が選出しやすい形で組まないと機能しない。強い構築の満たしている要件をいくつか抜き出すことはできるかもしれないけど殆どは知識と経験で感覚的につくられていて一般化できてない。考えないといけないことがやたら多いから誰かが試行錯誤した完成形を貰う方が早い

使いたいポケモンが何かある場合でも、まず完成形のPTをいくつかさがす。それぞれの役割を理解し、使いたいポケモンとほぼ同じ役割のポケモンがいたらそこを入れ替えて試してみる。役割がずれて周りも変えた方が良さげなら他のポケモンも調整していく。という風にしていった方がある程度の完成度のPTを組むのに使う労力が少なく済みます。

単体考察だと単体で活躍できる場面だけに焦点があてられるので、そのポケモンの苦手な場面とその補い方については情報がたりないです。単体で強そうでも2体セットを作ろうとしたらいい組み合わせが思いつかないなんて状況ならむしろ弱い。

Q2. 読んでも理解できるほど知識がなくて困るときはどうすればいいの?
A2. 構築の記事だと単体考察のときより1体あたりの説明が少すくなくて理解しづらいことがありますね。上級者向けで説明が省かれすぎていたり、そもそも本当に使用者のメモで説明がなかったりすることもありますね。そういうときはまずその人に分からないことを質問してみましょう。

Q3. 単体考察よりPT考察の方がいいに決まってるならなんでそういうの投稿してるサイトがないの?
A3. なんででしょうね。PTをつくるのも評価するのも難しいからかもしれません。PTの強さなんて基本的には実際に使って勝った負けたの結果論くらいでしか評価できない。そして勝敗には使用者のプレイングや運や対戦相手との相性も影響する。PTをみて強くない可能性を指摘する人はいても、つよいPTの基準を明確に定義できる人は多分いません。


単体考察の方が分かりやすいし初心者も真似しやすい。PTを作るのは技術が必要で初心者に真似が難しい。
・難しいことはとっつきにくいから初心者だし単体考察から始めよう ←これ自体は正しい
・難しくて理解できないから理解できてる強い人の真似から始めよう ← 強くなるためにはこう考える

まぁ、PTを1から全部自分で考えた方が達成感はあるし楽しむことが第一ならどうでもいいんですけどね。


◆単体考察記事の読み方
単体考察記事は補完枠としていれるポケモンの候補として覚えて置く程度のつもりでみる。前の項目で書いたようにある程度ポケモンの並びを決めて、残りの枠に必用な条件が○○に後投げ可能で○○に対面で勝てるとか消去法で決まってきたときにそこに当てはめるための候補。だから、どういう前提で何ができるのか役割についての記述が一番大切。

例えばめざ氷持ちメガライボルトに対して後投げできるポケモンの候補を考えるとき。ガブリアスはめざ氷で倒れるから、仮にこの枠をガブリアスで採用するなら10万読みでだすにしてもスカーフガブかヤチェガブじゃないと無理かな?でも相手に次に交代されたときに負担が少ないなぁとなるけど、AD振り鉢巻ガブのようなある程度の火力を持った選択肢もあることはその型を知っていないと気づけない。
ポケ徹で奇形ばっか評価されるのはそういう知らない型を求めてる人が多いからかもしれない。ただし、テンプレも知らない初心者にとってはテンプレの育成論を読んでそれがどうして多く採用されているのか知ることの方が大切なのは言うまでもない。

単体考察は読んでその型の役割を頭に入れて置いて、その役割が自分のPTで偶然必要になったときにいれる。記事が面白かったから自分のPTとあってるかどうかわかんないけど入れてみようっていうのは単体考察の意味がわかっていない。(そのアイデアを中心に新しいPTを組もうというなら問題ない)

自分のPTに何が足りないか分からないレベルのときはPTの組み方を分かってないので、強そうな人のPTを改変せずに丸パクリしていくつか使って何がどうするから強いのか理解しようとしてみよう。


◆wikiを盲信するのはやめる
単体考察サイトと同じく利用しやすく検索上位に出てくるサイトにポケモンwikiや対戦考察まとめwikiがありますね。いろんな情報がのってるけど、いろんな誤情報ものっている。自分が知らなかった仕様を考察wikiで見つけたときは、6世代wikiと5世代wikiと4世代wikiの同じ項目を遡って確認しましょう。一字一句違わずコピペされていたならまず間違った情報です。信じないように。
世代が変わって仕様が変更されたと書いている場合も油断せずに他のサイトの情報と比べてみましょう。ポケモンwikiの急所率の項目とかはつい最近まで間違ったまま放置されていた。

では、正しい情報を得るためにはどうしたらいいのか。
・怪しい情報はできるだけ自分でゲーム内で試して真偽を確かめる
・できるだけ修正頻度の多い場所を利用する、複数の場所を調べる。
・ポケモンのことを四六時中考えている上級者から直接聞く


◆ポケモン上級者とどうやって仲良くなるの
ツイッターを始めるのが早い。ポケモン名とかでツイート検索かけるなり、見たことのあるブログに書いてあるツイッターアカウントを検索するなり探す方法はいくつかある。そして、その人のフォローフォロワーや仲良くしているアカウントをフォローしていけばポケ勢がどんどん見つかっていく。
フォローしてリプライを送ってみましょう。共通の趣味をもつ一人として普通に仲良くなればいいだけです。だいたいはコミュ症で承認欲求を満たすためにネットやゲームに逃げてる学生なので喜ぶと思います。