第2回トリプル診断大会結果に参加しました。
診断メーカーででてきた6匹を使用する縛りでPTを組んで対戦する大会です。

◆PT紹介へのリンク ←大会前に書いた

◆対戦結果へのリンク ←大会後に書いた


◆環境
B-HN-a0CEAAyQGy.png
前回より人数が増えましたね。パッと見で一番強そうなのは3列3行目のジョンさんのPTかな。
一番弱そうなのは3列7行目のれどれどさん。



◆自分のPT
swampert-mega.gif レジギガス ドクロッグ マンタイン ズルズキンバッフロン
水ゴリラ、ホワイトゴリラ、格闘、マンタ、格闘、牛

格闘2枚、ノーマル2枚、水2枚の組合わせ。水、格闘、フェアリー、飛行が重め。

猫騙し×2、ファスガ×2、ワイガ×3、追い風×1、雨乞い、神秘×1、横取り×2、手助け×2、フェイント×1
サポート要素は完璧な水準で、メガシンカも弱くないポケモン。取り巻きもメガラグと相性がとてもいい部類のポケモンたち。マンタインは他のPTならお荷物要素になりかねないけどメガラグと組むなら強い。使い勝手が不明なのはレジギガスくらい。

そして自分が選んだ構成がこれ

ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ラグラージ激流→すいすいラグラージナイト滝登り守る岩雪崩馬鹿力
レジギガススロースタート食べ残し恩返し雨乞い電磁波神秘の守り
ドクロッグ毒手オボンの実猫騙し毒突きけたぐり叩き落とす
マンタインすいすいソクノエアスラッシュ雨乞い追い風黒い霧
ズルズキン威嚇カゴの実猫騙しドレインパンチ叩き落とす炎のパンチ
バッフロン防音突撃チョッキアフロブレイク岩雪崩地震燕返し

猫騙し持ちでサポートしつつマンタの雨乞い黒い霧を受けたラグラージで暴れ、相手の張ったトリルに乗ったバッフロンで詰める。

ワイガ可能3枚で相手に警戒させつつ実はワイガなし

威嚇無効化の黒い霧を入れた程度で拘りもちの高火力もなく味方の火力をあげる手段もいれてないので、鬼火や毒を入れて眠るだけの戦術が特に苦手。メガマンダ、水タイプに対して単純に打点がないから苦手。診断メーカーの縛りぬきにラグマンタを組んでいくとしたらその辺を補う駒が欲しい。



◆個別紹介 ↑ の名前がそのポケモンの個別紹介へのページ内リンクになってるよ

swampert-mega.gif 特性  激流 → すいすい  持ち物  ラグラージナイト 
 滝登り  守る  馬鹿力  岩雪崩 
 意地っ張り  195(156)-178(252)-110-90-110-93(100) 
 メガ後  195-222-130-99-130-103

まずは滝登り/守る/馬鹿力/地震の普通の構成から入ったものの、PTに地震無効が1体のみではワイガがあったとしても地震が選びにくいことに気付いて岩雪崩に変更。Sは追い風か雨込みで最速135族抜き。

普通に滝登りで削っていると地震警戒のワイガ無駄うちを貰えて、飛行入りの並びで地震が一貫しないから普通に殴られる場面で普通に雪崩が通る。

中央から地震を無理やり通す構築なら重力とかそういうの以前にいばキー、怒りのツボなどの何段階も火力をあげるサポートが必要だし、ラグの場合は難しそう。


マンタイン 特性  すいすい  持ち物  ソクノの実 
 雨乞い  追い風   エアスラッシュ  黒い霧 
 控えめ  171(244)-44-109(148)-111(4)-161(4)-104(108) 

メガラグラージの最高のパートナー。ワイガ手助け雨乞い追い風などを覚える。対角まで届く便利な詰め技としてエアスラッシュ、ラグの火力&速さ補助として雨乞い、そして黒い霧を採用。ラグラージとS種族値が同じで、マンタインが速く動くようにすることで先制黒い霧で相手の威嚇や凍える風の能力ダウンを打ち消すことが可能になる。相手への威嚇も打ち消してしまうし味方の火力あげなら手助けの選択肢もあるものの、物理ATばかりのこのPTでは味方2体のAを戻せるのは相性が良さそうにみえた。この技を使うために特性すいすいで採用した。ラス枠は無難にワイドガードでも良かったが、追い風雨乞い両採用のダブルアップギミックを採用して追い風ミラーを制することに決めた。S上昇手段を2つにしておくことで、トリル展開が予想されるPTへは最初は雨だけ起動しておいてトリルを見てからバッフロン軸の動きにシフトすることができる。横取りに対しても同様に、柔軟に対応できる。


ドクロッグ 特性  毒手  持ち物  オボンの実 
 猫騙し  毒突き   けたぐり  叩き落とす 
 陽気  171(100)-146(156)-85-94-85-150(252) 

猫騙し、フェイント、ファスガ、横取りを覚える便利なサポート役。自分が波乗りを使う予定がないかつ今回の診断環境に水タイプが少ないことを考慮して特性は毒手を採用した。猫騙しで毒を狙っていく。最初はファスガもいれていたけどアローが存在しないことに気付いてやめた。最初は最速あまり耐久振りのA4振りにしていたものの火力がいまいち足りない感じがあったのでhaS振りに変更。格闘技もドレインパンチで使っていたけどけたぐりに変更。試運転のときはこのポケモンがメガゲンガー、ギルガルドに打点がないせいでかなり苦しい場面があった。

範囲技役っぽいワイガ誘うポケモンで単体技と範囲技両立させて使い分けることでワイガ不発にさせるプレイングが好きだから、そういう使い方するなら横取りフェイントとかは要らないし技スペの圧迫になるのかなと思って4枠目を叩き落とすに変更

裏に猫騙し持ちがもう一体控えているという安心感を持って殴りにいけるのはよかった。


ズルズキン 特性  威嚇  持ち物  ラムの実 
 猫騙し  ドレインパンチ   叩き落とす  炎のパンチ 
 慎重  172(252)-124(108)-144(68)-55-154(36)-84(44) 

威嚇撒きもこなしつつ猫騙しもできるナイスなポケモン。それがズルズキンだ。
S84の追い風込みで最速ガルーラ抜き調整

普通の構成で普通に強いけど、マンタにワイガを不採用にしているせいでうまく生かせなかった気がする。ワイガというよりズキンの苦手な相手に対して受けだせるポケモンがいないのが問題か。ドクロが苦手なエスパーや地面に対してズキンを受けだしやすいのに、ズキンの苦手な飛行や格闘と対面したときは引き先がいない。


バッフロン 特性  防音  持ち物  突撃チョッキ 
 アフロブレイク  岩雪崩   地震  燕返し 
 勇敢   202(252)-161(132)-123(60)-52-123(60)-54

にしくんのブログの丸パクリ。
耐久が高くて安定して動かせて、火力もあって、無効特性のおかげで繰り出し性能もあって使いやすい。
相手のトリルにただ乗りしていく。詰め性能が高い。防音でフェアリー耐性とマンダ耐性として投げる。

逆に言うと相手のトリルに依存してバッフロンで詰めるPTになっていて、相手がトリルしないPTだとバッフロンの活躍が足りずになんとなく殴り負けていることが多い。特にガルニンフ相手にサイクル戦をしているときにそう感じた。


レジギガス 特性  スロースタート  持ち物  食べ残し 
 恩返し  雨乞い   電磁波  神秘の守り 
 意地っ張り  217(252)-204(44)-144(108)-90-138(60)-126(44) 

なんなんだコイツほんとに準伝か?弱い。邪魔。このPT唯一の汚点。いつだったかレートで相手にしたときは処理しづらくてワイガしてくる邪魔な駒って印象だったけどまじでワイガくらいしかまともな技を覚えない。火力がないしサポート技も少ないでくのぼう。検索してもまともな記事がでてこない。

意地6Vしかもってなかったから良く分からない感じになったけど、最遅個体でトリル下で最遅50族より先に動ける感じにした方がよさそう。でも仮にそうしたとしても火力はない。

攻撃技枠は握りつぶす、毒々玉空元気、岩雪崩とかいろいろ試してもどれもしっくりこない。

何人もの人に「ギガスで雨乞いするのかと思った」と言われたので雨乞いを仕込んだ方がいいのかもしれない。と思って入れた。レジギガスはワイガを警戒されまくるしこのPTにはラグの地震を切った段階でワイガが要らなそうな気がしてきたのでワイガは切った。

カロス産レジギガスなんてもちろん持っていないので、レートでの試運転はレジギガス枠にダイノーズを代打でつれていった。ダイノーズは割と仕事していた。


◆試合結果
初戦 にしくん
診断2(にしくん)
ズルズキンやバッフロンが好きな人で、僕のPTをみてかなり羨ましがっていた

初手対面は ジュゴン ウインディ ナゲキvsマンタイン ラグラージ ナゲキ
自分のPTは格闘が重かったのでナゲキから狙っていく。ジュゴンの猫がマンタに飛んできてジュゴンの猫騙しは忘れていたのでびびる。ナゲキの山嵐がメガラグラージにヒットして半分削れて超びびる。こちらのドクロッグはウインディに猫を入れて毒手で毒にさせていく。次のターン、ドクロッグで叩き落としてみるとナゲキの持ち物は鉢巻だったことが判明。火力に納得。そして、その次のターン威嚇をいれて火力を下げようとナゲキ正面のドクロッグをズルズキンに引いてしまう。鉢巻を落として威嚇もいれれば・・ 山嵐が急所で威嚇無効であることを忘れていた( ´◔‿ゝ◔`)
ナゲキの処理が遅れ、ダメージが増えていく。ナゲキが倒れたターンでの状況が 相手 ウインディ×、ナゲキ×  自分ラグ×、ドクロ×、マンタ△くらいで相手のメガ枠も温存されていた。そこから普通に殴り負けて終了。

負け

ドクロを引かずに普通に殴ってればって後悔がすごい。


2回戦くどやんさん 
診断2 (くどやん)
ドクロッグ好きらしかった。そしてこちらのPTにだけドクロッグがいる初戦と同じ雰囲気。

強そうなのかココドラ、ヨノワールくらいだったのでそこを特に警戒した。ヨノワールは耐久が高いだけで攻撃技は威力が微妙、鬼火にだけ気を付ければと思ったので初手に神秘もちのレジギガスをだした。

初手対面はニューラ ヨノワール オドシシvsレジギガス ズルズキン ラグラージ

1T:ニューラ→ズキンに猫、ラグ→オドシシに馬鹿力をうつがギリギリ耐えられる、ギガス神秘、ヨノワ鬼火不発、オドシシトリル
2T:ヨノワ横取り、ギガス→ニューラに恩返し、オドシシリフレクを味方に横取りされる、ズキン→ヨノワに叩き、ラグ→岩雪崩でオドシシ処理

3T:ベトベトンでてくる。自分交代中央ズキン→マンタ、相手交代端ニューラ→ココドラ。ヨノワ→マンタにナイトヘッド、べトンの大爆発でラグマンタ死亡、ギガス恩返しでココドラジュース消費。

小さくなられたら面倒そうなべトンも死んで、後はココドラに猫騙し持ちを順に投げて殴ってラストバシャもトリルのおかげで下から殴ってそのまま勝ち。相手のやりたいことをさせずに種族値の差をだしていけた。

勝ち


3回戦いい やぉさん
診断2(いい やぉ)
格闘が2体もいてかなり負けを覚悟した。

初手ペリッパー、ライボルト、コジョンドvsマンタイン、ズルズキン、ラグラージ対面
マンタとペリッパーの量追い風から始まり、相手のメガライボをメガラグで抑えていく形に。交代とかボルチェンでサイクルが回っていく。ただしサイクル戦になるとこちらは格闘受けがいない。威嚇も格闘弱点のズキンだけ。

そこを、レジギガスがどうにかしてくれた。カイリキーの爆パンを半分以下のダメージに抑えてから自傷せず動いて電磁波を入れるがラムで回復される。次ターンはカイリキーに逃げられながらもしっかり動いてでてきたフラべべに電磁波をいれる。その後もギガスは自傷せずに動き続け、再度でてきたカイリキーの爆パンをまた耐えて電磁波を入れる。その活躍のおかげでラグ、バッフロンが雪崩滝登りでまひるみを狙える状況ができ、運よくカイリキー達が行動不能を引いてくれて勝てた。

運勝ち


4回戦ファンタさん
診断2 (ファンタ)
やったぁ相手に格闘がいない。これはやりやすそう。

初手ライチュウランドペリッパーvsマンタラグドクロッグ

自分初手マンタ→ギガスに交代、次ターンにドクロッグ→マンタに交代としていると見事な有利対面ができる。ライチュウ、ランド、ペリッパーvsギガス、ラグ、マンタの並び。10万をギガスで余裕耐えしていた。相手は受けだしが厳しかったようで、普通に殴ってるとライチュウとランドが倒れる。
ハッサムとドダイトスがでてくる。自分は中央ラグ→ズキンに交代で威嚇いれからの炎のパンチでハッサムを削る。そしてまた交代が続いてハッサムマンムーペリッパーvsラグズキンマンタの並び。マンムーとズキンがそれぞれ倒れる。
ハッサムドダイトスペリッパーvsラグドクロマンタの並び。ドダイトスはサイクルを回す段階で半分近く削れている。ドクロの猫+マンタのエアスラッシュでドダイトスを安全に処理してラグでハッサムを滝登りで落とす。最後相手がペリッパー一体になって降参を貰った。

勝ち

うまくサイクル戦ができた。相手に水の通りが良くてランドが序盤に落ちてくれたのも大きかった。残飯レジギガスがライチュウを受けきってくれてズキンの炎のパンチがうまく相手に負担をかけてくれて、自分の選んだ構成をそれぞれしっかり活躍させつつサイクル戦ができて充実した感じだった。レジギガスって電気に耐性があったのか・・?


5回戦 アンニュイさん
診断2(アンニュイ)

相手は前回優勝者のアンニュイさん
ジュペッタって猫騙し聞かないしトリルにしても鬼火にしてもきついなーと思いながら試合を始める。
初手対面は ジュペッタドクロッグムクホークvsレジギガスラグラージマンタイン

1T:ドクロ→ギガスに猫、ラグ守る、ムクホ蜻蛉→カビゴンに交代、マンタ雨乞い、ジュペッタトリル
2T:相手中央ジュペッタ→バルジーナに交代、端ドクロッグ→ママンボウに交代、自分中央ラグラージ→ズルズキンに交代、カビゴン腹太鼓、レジギガス神秘の守り、マンタイン→ママンボウにエアスラッシュ
3T:マンタ→ドクロに交代、ズキン→カビゴンに猫騙し、カビゴンムーブ、バルジーナ→ズキンにブレバ

自分はカビゴンを猫で抑えつつどうにかしようと動き、相手はそれを想定してムーブ、守るなどを使いつつママンボウの自己暗示+アクアジェットとか挟みつつ動いてきてなんだかんだでやりたいことを通されてた。

負け

だけど試合途中に自分のどうしようもないプレミに気付いてしまった。

1ターン目は鬼火が怖くて守る+神秘から入ったんですが、明らかにトリパの並びだしジュペッタ殴るべきだった。マンタはドクロにエアスラすべきだった。雨乞いは相手の補助にもなっちゃうじゃん気づけ。でもまぁこの程度はどうでもいい。
2ターン目、威嚇を入れるため猫を入れるため中央にズキンを持ってきたのは大正解だった
そして問題は3ターン目。自分は腹太鼓をされたから、そのカビゴンを行動させないために猫騙しをあてつつ殴るかトリルが切れるまで粘るしかないと思い込んでいた。だからドクロに交代した。けどそのときの状況はズルズキンが猫騙しを打てる状態で両隣にレジギガスとマンタインがいてその2体も自由に動ける状態だった。マンタインがいたんだ。カビゴンに殴り殺されるし火力が足りないと思ってたんだ。けどそのマンタインは黒い霧を覚えたマンタインだったんだ。太鼓いれるPTが太鼓役以外に暗示役いれるのも太鼓したポケモンを大事にするのも当たり前だしどう考えたって猫+黒い霧して相手の太鼓を無に帰すようにするべきだった。気づかなかったのが本当に悔しい。


6戦目 リータさん 
診断2(リータ)
対戦相手が決まる前、自分は前の試合のプレミを引きずっていた。
けど、決まった対戦相手のPTをみて、自分の表情が変わった。

リータさんのPT、完全にカモだ ( ゚∀゚)

これはどう考えてもココロモリで影分身積んで抜いていくPT カイロスは剣舞積むのか積まないのか知らないけど、レパルオドシシがサポートでドータクンは暗示するんだろうというのが一瞬でみてとれる。

選出中の僕のツイート「よし勝てる」

初手はココロモリ、レパルダス、オドシシvsマンタイン、ラグラージ、バッフロン
とりあえず黒い霧連打で威嚇とココロモリの積みを無効化しつつラグバッフロンでレパルオドシシを倒したときの僕のツイート「はい終了」

カイロスがでてきたけどラグバッフロン2体の雪崩で普通に倒す。ニドクインも普通に殴りたおす。
そうこうしてるうちにマンタインが倒され瞑想分身積みが成功しだしたココロモリをバッフロンが対角からの必中燕返しで詰める

圧倒的勝ち

対戦後の僕のツイート「マンタインは神」
リータさんのツイート「ここまでメタ技入れられてたら無理だ(」

アンニュイさんに負けた直後で黒い霧が積みの妨害にも有効なことを思い出してすぐ活かせた試合だった。ただ前の試合の序盤の段階でちゃんと把握してればなぁって感じ。





結果は4-2 

トリパだったり雨を利用してきそうなペリッパー入りだったりとばかりあたって晴れパとかとあたらなかったので、今回は追い風雨乞いを同時に使うことはなかった。レジギガスの雨乞い枠も全く使わなかった。S操作は電磁波でいいしやっぱり雨乞い要らないと思う。でも試運転段階で全く活躍しなかったレジギガスが大会では結構活躍を見せてくれてうれしかった。

強いPTだと思っていたからもっと勝ちが欲しかった。前の大会より勝ち数は増えてるけど前よりさらに引きが良かっただけのこと。前も似たようなこと言ってた気がするけどやっぱり診断の引きがいいのに自分のプレイングが残念だった。前の大会以降トリプルレートに全然潜ってないんだからプレイングが上達してないのは当然か。