かくれ特性の『あまのじゃく』もちジャローダがついに配信されましたね。
アタッカーとして考えると天邪鬼+C2段階下降技のコンボは強そうにみえますが、種族値の低さとサブウエポンの少なさのせいでファイアロー云々ぬきにしても使いにくそうに思います。ガブ抜けるとはいえゲッコウガ抜けない程度のSで火力も耐久も微妙。蛇睨みサポートを軸に、放置したらやばい火力がある、相手に時間かせぎされずに倒してもらえる補助役として挑発なり壁なりを添えて採用するのが良さげに思えます。それだけやってれば差別化も十分。

ゲンガーの凍える風、ガブリアスやランドロスの岩石封じのタイミングで後投げしてSをあげつつ蛇睨みをすることができるのもジャローダの特権です。ボルトロスでも悪戯心で先制できますが地面タイプに対してこの動きができません。

serperior.gif
特性あまのじゃく
持ち物気合の襷
リーフストーム / めざめるパワー / 蛇睨み / 挑発
調整臆病 169(148)-×-115-119(188)-115-170(172)

安定のガブ抜き調整

H165-D115でC172控えめ水ロトムの眼鏡ハイドロポンプ2耐え、スカーフめざ氷2耐え
H169-D115でC177ボルトロスの道具補正なしめざ氷2耐え
H171-B115でA182ガブリアスの道具補正なし岩石封じ+逆鱗耐え(ラム想定) 封じでS上がるの忘れてました

C188 リーフストーム + C↑↑めざ氷で H155-D100ボルトロスを命中考慮で88.46%
珠ボルト想定なら リフスト+珠ダメ×2+アローの鉢巻ブレバで確定

ということで、オニゴーリ入りの麻痺撒き枠にいれてみようと思います。
CSぶっぱ以外にするとしたらこんな調整が無難じゃないでしょうか。種族値ひっくいですね。

他に覚える技が竜波動、しぼりとる、両壁、宿木、叩き、胃液くらいしかないし型のバリエーションめちゃ少なそう。
アタッカーするなら技スペあまるのにめざパ氷、炎、岩、地から1つしか選べないのきついだろうな。
過剰マンダみたいに相手倒しつつ積んで無双狙うんだろうけど、やっぱメインウエポンとしての草は弱すぎる。




配信されてすぐ受け取ったら♀で運命を感じました。(蛇睨みないのがばれるし配達員厳選はしない)

B60zzdaCEAAeNF-.jpg

さっそく厳選&育成してPTにいれよう

毒電磁オニゴーリⅡ

↓えいっ

毒電磁オニゴーリⅢ

ばいばいエレザード





結果、勝率がさがりました。めざ炎の方が欲しくなった。
めざ氷を打ちたい相手→ガブはリフストでも削れるしマンダは蛇睨みさえいれればいい。要らない。
めざ岩は襷持たせる前提ならアローにも突っ張れるし悪くなさそうだけど・・・ 
めざ地はドランピンポでこのPTの場合はまぁ後続でどうとでもなる。麻痺はいるし、挑発をうてば身代わり毒を封じれるし、特にドランを倒したい理由がなければ要らなさそう。
めざ炎が欲しくなったのはハッサムとかの蜻蛉してくる虫に打点が欲しくなったから。削れないし、オニゴーリ達の苦手なポケモンだし、蜻蛉でジャロを倒しながら逃げられる。起点作り役がエース枠の弱点のポケモンにここまで弱いのは無理だった。麻痺撒き要因としてめざ炎ないジャロいれるくらいなら電気タイプいれた方がましだと思えた。

耐久はちょうど2耐えしたい耐えそうな技を耐えてくれる感じだった。珠やプレートを持たせてもいいかも。