HNI_0078.jpg
特性収穫
持ち物オボンの実
守る/身代わり/宿木のタネ/呪い
調整192(252)-×-97(4)-×-147(252)-76

■特徴
守るで収穫の試行を稼ぎ、身代わりで事故を減らし、宿木、呪い、鬼火で相手を削る。回復手段があるため有利な相手には何度もくりだすことができる。宿木のタネを多用する場合は交代先の仲間も回復させることができる。ループにいれればグライオンのようにまもみがで相手を嵌め殺すこともできる。
毒菱を撒いていれば1/8+1/8=1/4も削れるので、宿木→守る→交代だけでも相手のHPを殆ど削り切れる。
ゴーストタイプであるため影踏みは効かない。根を張るの交代不能の効果もなくなるらしい。

■特性収穫について
道具を消費した状態である場合、毎ターンの最後に1/2の確率でその道具を拾ってくる。発動条件を満たしていればそのまま発動する。その戦闘中に消費した道具であれば、一度引っ込めて道具を持っていない状態で繰り出しても発動する。
叩き落とす等で道具を無効化された場合は発動できない。道具を持っていない状態で叩き落とすを受けても叩き落とすの威力上昇、追加効果は受けない。そのため、叩き落とす持ちの相手と対峙した場合は敢えて身代わり呪いでHPを削りオボンを消費済にしてから攻撃を受けることでダメージと追加効果を抑えるプレイングが有効になる。

■技について
Aが高いためウッドホーン、岩雪崩、地震などを使ってもそこそこの威力はでるが、収穫を活かすために守るを多用する前提だと宿木呪いをダメージソースにした方が都合がいいことが多い。
収穫の発動機会を倍にする守るはどの構成にする場合も必須。宿木はダメージソースでありながら回復ソースにもなり収穫発動率への依存を若干軽くしてくれるほか自分が交代する際に味方にまで回復させることができる。呪いは宿木の効かない身代わり状態の相手への削りとして非常に優秀で、回復技持ちに粘り切られなくなる点も優秀。身代わりは嵌め性能を得させるためには必要になる。
雪崩や地震を採用すればヒードラン、ファイアローへの役割破壊になる。
ウッドホーンはガルーラの身代わりを壊す程度の火力があるため物理受けとして採用する場合は一考の余地がある。

■得意な相手
耐性が有利そうに見えてもガブリアス等のSが負けていて積み技や拘りアイテムを持っている可能性が高いポケモンの相手はできない。叩き落とすに弱いためタイプ相性上有利そうに見えるランドロス等の相手もできない。
ノーマル格闘無効、地面半減、岩等倍ということでメガガルーラには有利。ただし、冷パン炎パン大文字などの有効打を持たれていると安定はしなくなる。草タイプで胞子無効のためキノガッサにも強い。
HD振りをすればに火力に余り割いていないことが多いスイクン、ポリゴン2、クレセリア、天然ピクシーなどに繰り出しやすすくなる。

■苦手な相手
苦手な相手はSが負けていて弱点を突いてくるポケモンや挑発もち、マジックガードなど。具体的にはパルシェン、ギャラドス、ファイアロー、シャンデラ、ハッサム、ゲンガーあたり。

■調整について
味方で麻痺巻きの補助をしてからエースとして使うのか、有利な相手に受けだしして流しながら展開するのか考える必用がある。後者の場合、物理受けとして使うのか特殊受けとして使うのかで調整が大きく変わる。
耐性を活かした物理受けとして考えた場合は叩き落とす耐性がないため格闘全般やランドロスに繰り出すことはできずほぼガルーラピンポイント受けとなる。それでも全てのガルーラを受けきれるわけではなく噛み砕くガルーラや特殊ガルーラには負けることになる。
特性を生かした特殊受けとして考えた場合は物理受けとして考えたときよりも繰り出すことができるようになる範囲が広くなる。そのため個人的にはHDベースの方が扱いやすい印象。

■ダメージ計算
H192-B130 A182ガブリアスの地震を身代わりが耐える
H192-B126 A200ガブリアスの鉢巻逆鱗を1耐え、A200テクニガッサの岩石封じ確定3発
H192-B109 A172メガクチートのじゃれつくを1耐え

H192-D147 C172ポリゴン2の冷凍ビームを最高乱数以外2耐え 
H192-D143 C111スイクンの瞑想+冷凍ビームを2耐え
H192-D135 C156スイクンの冷凍ビームを2耐え

H192-A103-B96 不一致イカサマ 40.6%~47.9%
H192-A130-B96 不一致イカサマ 51%~60.4%
H192-A103-B140 不一致イカサマ 28.1%~33.3%
H192-A130-B140 不一致イカサマ 35.4%~41.6%

無振りでS76、44振りでS82で4振りポリ2抜き、148振りでS95で無振り零度スイクン抜き
ポリ2は最遅ガルド抜かれ調整であったり毒でなく電磁波を採用していたりすることも多い。

■相性のいい味方
トゲキッス : 悪耐性と対鋼打点があり叩き落とすクチート等に繰り出せる。イカサマに繰り出し宿木とシナジーを発揮しつつエアスラ怯みゲーができる。
クレッフィ : 相性補完が良く、オーロットが物理受けクレッフィが特殊受けとしてサイクルを回すことができる。宿木とシナジーを発揮しつついばみがイカサマで嵌めゲーができる。
ヒードラン : オーロットの苦手な炎技、飛行技、スキンハイボに耐性がある。