450.png
カバルドンはステロ+欠伸を覚えて起点作りができるポケモンの中でも砂起こしでドリュウズの補助ができるから採用される。

この役割の場合はまずステロ+欠伸が必須。自身が起点にされることを回避するために吹き飛ばしもよく採用される。ラス枠には攻撃技として地震、氷の牙、岩雪崩、地割れあたりが入る。


■腕白or慎重HD@オボン

2耐えできる範囲を増やし、ステロ+欠伸による起点作りをできる範囲を増やそうとした型。腕白でもラティの眼鏡流星耐えくらいなら実現可能、ほぼD特化にすることで炎ジュガモスのオーバーヒートや眼鏡ラティの草結びあたりまで耐えることができるようになる。物理耐久はもともとかなり高いおかげでオボン込みで2耐えできる範囲が多い。連続技耐性もある。慎重でなく腕白を採用する場合は相手のドリュウズのストッパーとして剣舞珠地震耐えを実現したい場合など。


■腕白HB@ゴツゴツメット 怠ける

カバドリの並びできつくなるローブシンに対して選出を変えずに対応するための型。怠けるで回復しつつゴツメ+砂で削ってローブシンを処理しようとする。BW1環境で火炎玉武神対策として使われだした頃は武神に後出しする勢いだったが、BW2環境になって珠武神やラム武神がでてきて後出しするのは厳しくなった模様。ステロや欠伸を抜いて起点作りではなく完全に物理受けとして使われることもある。


■腕白HB@気合の襷

特殊耐久を襷に頼ることで、眼鏡流星やジュエルオバヒのみならず眼鏡ハイポンやその辺の技の急所まで1耐えすることを可能にした型。1耐えできる範囲が広くなるためとりあえず先発に投げやすくなる。Dに割く努力値を他に回せるので物理耐久か素早さにその分の努力値を回すことができる。


■図太いor呑気HC@ラムの実 めざ飛

胞子回避目的のラム+遂行技のめざ飛を用意してポイヒガッサに対してピンポメタを張った型。めざ飛+砂+砂でポイヒガッサを落とす。Cに努力値を多く割く必要があるため耐久は低くなる。


■慎重HD@レッドカード、メンタルハーブ、メール、レンブなど

とりあえずHD振りしとけばだいたい1回は行動回数が保障されているから最低限の仕事の定義次第ではそれだけで満たすことができるため、意表つく目的でいろいろ変な道具を持たせる案がでてくる。メンハは挑発対策に、メールはトリック対策に、レンブはノオーの襷を削って炎の牙で返り撃ちにしてから天候を取るらしい。