381.png

特性浮遊
持ち物ドラゴンジュエル
流星群 / めざめるパワー炎 / 瞑想 / 吠える
調整臆病 B12-C248-S248
実数値155-×-102-182-130-178

自分なりにラティオスの単体性能を最大限に活かせる型はなんだろうと思って考えてみました。襷フルアタなんかも超つよいとは思ってますが、やはりラティオスは竜技の一貫性と高い特攻から広範囲を潰せる眼鏡流星群の火力を一番の理由として採用されることが多いですよね。それで、まぁ個人的にゴチルゼルが非常に苦手で毎回起点にされるような拘りはあまりもたせたくないので、同じ火力が放てるドラゴンジュエルに注目してみました。


ジュエル流星群で眼鏡流星と同じ火力を持ち、かつ拘らずに使える。

サブ技に龍と相性のいいめざ炎を選択。ドランへの打点になる波乗りでも良さそう。

そして、ソーナンスによる受けを許さなくする瞑想。眼鏡と違ってうちわけでき、瞬間火力を高くできるメリットを最大限に活かします。

そして他にもサイコキネシス、電磁波、置き土産、自己再生、神秘の守りなどなどいろんな技が候補になりますが、ラス枠候補には”吠える”とか有力候補だと思います。


物理竜と違ってラティオスは流星群で高火力をたたき出しつつその後に行動が選択できます。しかし、技の反動で火力が下がっているためにウルガモス等に起点にされやすい。その対策には交代して他のポケモンで受けるという方法を取るのが普通ですが、吠えて積み技を許さないパターンもあっていいはずです。

吠えるラティオスにすることで、流星で遂行した後に起点にしようとやってくる蝶舞ウルガモス、瞑想ランクルス、分身ゴチルゼル、竜舞カイリュー、剣舞ハッサムなどなどを吹き飛ばせるようになる。流星群でボルトに遂行時に電磁波を撒かれて小さくなるで起点に・・ されるパターンを、吠えて一旦小さくなるエースを控えにおいやってからラティオスを交代できる方が相手の行動回数を減らせて全抜きされる確率は減りますね。最初の相手の身代わりのタイミングは痺れない限りは相手を交代させられます。ゴチル等を瞑想の起点にすることさえ可能かもしれない。全快からならポイヒガッサ、グライオンの無限も吠えて一旦解除できる。味方でステルスロックを撒いてから使って相手のウルガモスの行動回数をがっつり減らしてあげたいですね。

身代わり+吠えるの構成にすると催眠吠える、欠伸吠える持ちの起点作り要員のポケモンの催眠技を身代わりで透かしつつ先制吠えるでアドを取っていくことができます。技スペがきついのでどれを削るかといったところ。