472.png
特性ポイズンヒール
持ち物毒々玉
守る / 身代わり / 地震 / 炎の牙, 毒々 , ギロチン, 翼でうつ …etc
調整陽気 H36-A124-B92-D4-S252
実数値155-131-157-×-96-161

バンギラスと組んでポイズンヒールで回復しつつまもみがループで嵌め嵌めする子。

割と最近気づいたんですが、特に耐久意識したい相手がいて腕白でやってるのは別として陽気で適当に採用してるとき、グライオンがHSベースが基本になってる理由って特にないですね。いままではHSで使ってたんですがよくよく考えるとダメージを受けるのは身代わりだしASベースでよかったです。

嵌めれる相手が増えるから早い方がいい。最速85族抜き、準速100族抜き、最速90族抜きとかまで落とす場合もあるけど最速安定。最速でちょうど準速テラキ抜き調整。

Aに多く振ることでスイクン等への削り性能が向上する。相手の攻撃をほぼ身代わりでしか受けないようにすれば耐久が下がる影響も大きくはならない。

ただし、耐久を削ることで武神のドレパンで身代わりを破壊される確率が上昇する。



身代わりとポイヒの関係上意識したいのはHP実数値が8n+1~3であること。霰ダメまで意識するなら16n+9~11がいい。

最初に8n+1を満たすのが153だから
153(20)-145(236)-145-×-95-161(252)
ここを基準にどこまで耐久必要か考えて残りA振りっていう思考で調整考えるべきだった。



A145の地震で207-156眠るスイクン(ガブの意地逆鱗2耐え調整)を地震×3+砂×3で66%の確率で落とす。

A143以上確保で珠ッサムを炎の牙+珠ダメ×2で確定

A130以上確保で無振りドリュウズを地震で確定1発

A124以上確保でノイクンの身代わりを地震で確定破壊




テラキオンの剣舞エッジ急所以外耐えまで耐久振りであまりA振りにすると
155(36)-131(124)-157(92)-×-96(4)-161(252)

テラキオンの剣舞エッジ  83.8%~99.3%
鋼ジュハッサムの剣舞バレット 83.2%~98.7%
珠ッサムの剣舞バレット 72.9%~86.4% ←ステロ込耐え
陽気ドリュの剣舞アイへ 70.3%~83.2% 
意地ドリュの剣舞アイへ 76.1%~89.6%
A153ハッサムの剣舞とんぼがえり 25.1%~29.6%




そして、A振りせずにHS振りしてしまうことのメリットは
・ドランのマグスト受けてから身代わりが張れる
・C下降状態の眼鏡流星ラティを死に出しから起点にできる
・受けだしから鉢巻カイリューを強引に起点にできる可能性