248.png
特性砂おこし
持ち物先制の爪
噛み砕く / 冷凍ビーム / 挑発 / 電磁波or火炎放射
調整慎重 H204-A44-B12-D236-S12
実数値201-176-132-103-150-83

バンギラスに先制の爪を持たせる主な理由は誘うグライ、ガブの起点を回避するため。これが他の道具にはない長所。
対雨や受けループにつよめになるから、鉢巻バンギと採用理由がちょっと近いと思う。


道具なしでも対ラティ、グドラである程度機能するようにするためHDベースの配分、遂行技として噛み砕くを採用。穏やかで悪の波動を採用すると場合と比べて噛み砕くの方がラッキー、トノ、グドラ等への蓄積が速く使いやすいと判断した。

先制の爪によって無限グライ、身代わりガブを崩すための冷凍ビームを採用。

グライを含めた受けループを相手にするため対ラッキー等で使いやすくなる挑発も採用。ランクルスやクレセにも強くなる。BSラッキーやエアームドに対して爪挑発ができれば毒電磁波ステロ挑発あたりを先制で止めてアドを取れる。

電磁波は挑発との相性や汎用性を意識して採用。使っていてムドーやナットに刺さる炎技が欲しくなる場面があったので火炎放射でもいいかもしれない。


爪による行動回数増加によって強くなるのは対ラッキー、グライオン、シャンデラ、ニョロトノ、キングドラ等。


バンギ捨ての場面で噛み砕くや電磁波が爪で先制してうてて有利になる場面ももちろんある。

スカーフ、タンガ、ヨプ、襷などと違いガモスボルトに役割を持たせようとしても安定しないためぶつけない前提の構成にした方がいい。