図鑑番号446 ゴンベ
873918c4b70c2e02cc48e7c3d031451d

ゴンベの図鑑番号446はみんな大好きガブリアスの次の番号、シンオウから登場したポケモンです。

カビゴンの登場から何年もの時を経て突然発見されたベビィポケモンなんですよ。
カビゴンは初代から登場してるし、次の世代で卵も発見されるようになってるっていうのにね。

これがどのくらいの時間差かというと

赤・緑、青、ピカチュウ、金銀、クリスタル、ルビー・サファイア、エメラルド、ファイアレッド・リーフグリーン、ダイヤモンド・パールとソフトが発売されたくらいの時間差ですよ。

もうソフトどころかハードもだいぶ変わりますからね。

無題

こんなですよ。進化前発見するまでこれだけかかるって、オーキド博士の目は節穴すぎませんか?

※追記
孵化で見つけようにもお香が必要なポケモンだし、何も情報ない状態からお香を持たせて卵を見つけさせようって発想はなかなかでてこないですね。僕たちも赤い糸で遺伝箇所が増える仕様をXYで追加されたところで増田さんのツイートがなければ気づくのに何年かかったかわからないです。オーキド博士ごめんなさい。


ゲームで登場してポケモン図鑑で確認できるのはダイヤモンドパールからですが、アニメではルビサファから登場しているみたいです。裂空の訪問者デオキシスでゴンベがちょろちょろしてたのは僕も覚えています。



ゴンベとの思い出:4世代(DP,Pl,HGSS)

特性ものひろいで珍しいアイテムを拾ってきてくれたので、もの拾い要因としてニャースやゴンベを何匹も育てて連れ歩いていました。ゴンベやニャースを進化させないままLv100まで育てたんですよ。

もの拾いで拾えるアイテムはふしぎなアメ、ひかりのいし、ポイントアップといろいろありましたが、特に拾ってほしかったのはたべのこしと技マシン26(じしん)です。4世代の頃といえばそう、まだ技マシンが1回の使用でなくなってしまう時代です。

→ ポケットモンスターダイヤモンド、パール攻略Wiki ものひろい



ゴンベとの思い出:5世代(BW,BW2)

5世代の頃は僕はレートでシングルバトルばかりやっていたんですが、トリプル勢と仲良くなってゴンベルールと名づけられた指振りルールを楽しんだ覚えがあります。

ゴンベのみのトリプルバトルで努力値、持ち物を工夫して、運任せだけど若干の構築要素もあったのがとても楽しかったです。指を振るのみで殴り合う環境で、単純に耐性が増える厚い脂肪が強だろうと思っていたら、もの拾いで味方の消費した木の実ジュースを拾って使う戦術を見せつけられ、もの拾いの対戦面での効果を初めて見て感動しました。

指振りルールの一番楽しいところは普段対戦で見かけない技のエフェクトをしっかり見れるところです。

→ ゴンベルール



ゴンベとの思い出:6世代(XY,ORAS)

5世代ではほとんどシングルバトルしかしてなかった僕も、6世代ではシングルもダブルもトリプルもローテもレーティングバトルを楽しむようになりました。特にトリプルバトルでは今までみたこともなかったポケモンをレーティングバトルの場で見かけて楽しかったですね。

進化前であるゴンベをトリプルレートで使ってる人も見かけました。S5からのお先にどうぞ役として使われていたようです。でもまぁ流石に使用者は1人か2人かくらいに見えました。

が、ゴンベをもっとたくさん見かけるルールが6世代で登場しました。ピカチュウ大会チュウ!です。

da63d940

ピカチュウ大会チュウ!は進化前のポケモン縛り、進化の輝石禁止、ピカチュウ絶対参加、Lv30固定のカロスマーク付き限定のトリプル大会です。ロリプルという愛称で盛り上がった制限大会でした。

その環境でゴンベはS5の遅さを生かしたトリックルーム状態でのエースとしてそこそこ見かけました。

僕はそのときはゴンベ入りのパーティは使ってなかったんですが、公式大会で初めていい感じの戦績を残せて楽しかった思い出があります。

→ 使用構築記事