ざわさんが ポケモントレーナーなら全てのポケモンについて語れる説 という企画を始めているのを見かけたので、便乗していきたいと思います.

さっそく 診断メーカー を回して、出てきたポケモンは



図鑑番号163 ホーホー
e3a51e44158fa59e27d5d67744a80ae1




ホーホーと自分との出会い


ホーホーといえばポケットモンスター金銀で序盤からでてきたポケモンです。このソフトから始まった時間帯によって出現ポケモンが変わるシステムを教えてくれるような存在でしたね。

新しい町だ!新しい冒険だ!とワカバタウンから冒険を初めて、ワクワクしながらライバルとの初めての対戦を終えて、セーブして、次にソフトを開くとなぜか画面が暗くなっていて、なんだ!?!?となりました。

ヨシノシティから上に進んで最初に出会ったのがホーホーでした。ポッポじゃない、知らない鳥ポケモンがいる!?となりました。

ゲットして、図鑑を確認しました。
「いつも いっぽんあしで たっている。あしを いれかえる しゅんかんは すばやくて なかなか みられない。」

こいつそんな高速で足を入れ替えるのかと想像して、変なポケモンだなと思いました。

旅の仲間としてはマダツボミの塔で少し活躍してくれました。マダツボミの塔を越えた後はもうボックスに預けて引き出してないですね。




落書きの思い出

小学生の頃は暇なときにノートにポケモンを描いていて、そのときにホーホーも描こうとした記憶があります。丸い体で、図鑑の説明があれだから足は一本だったはず。あれ?足ってどうかくんだろう。爪はいくつだ?なんかかっこいい感じの足にならない。と、うまく描けなくて消しました。

今描いてみても当時と全然変わらなかった。