ローテの亡霊アズマゴローさんがつくったゲーム、リローテーションをプレイしてみました。

DLしてから夢中になって3日で35層まで攻略してしまって、すごく楽しかったので、紹介する意味で記事を書いてみました。

ReRotation公式サイト → https://rerotation.wixsite.com/rerotation
ReRotation公式Twitterアカウント → @ReRotation

Screenshot_2018-08-13-12-03-17

これがホーム画面です。チュートリアルを済ませてデッキを受け取ったら、バトルして、勝利報酬やクエスト報酬でカードを増やして、デッキを調整して、次の対戦に臨んでいくカードゲームです。対人戦モードはまだ実装されていません。

ポケモンBWに存在したローテーションバトルをシャドウバース風のデザインで再現した雰囲気のゲームです。

Screenshot_2018-08-13-12-04-03

これが対戦画面です。3体+控え1体のユニットで構成したデッキを使い、手札から技のカードを選択して対戦していくカードゲームです。カードに表示されている左上がタイプ属性、右上の緑の羽が素早さ、右下の赤い盾が体力、左下の剣が攻撃の入る枠で技カードを選択した後決定されます。技カードには技のタイプ属性、威力、効果、使用するユニットが描かれています。

選択する技を決定すると技を使うキャラクターが中央に出て、お互いに技を使って攻撃を受けます。

属性によって有利不利があるのですが、技を選択する段階では相手がどのユニットを選ぶか分からないので3体全てを想定して不利になりすぎない選択をしていく必要があります。

この画面では私は中央のフレイムデーモンの特性によってフィールドを炎天下に変えて炎属性のフレイムデーモンの攻撃力を上昇させ、さらに炎天下で素早さが上昇する特性と威力が上昇する技を持った不思議草マンドレイクを並べて数値のあがった2体でごり押す戦術のデッキを使用しています。



Screenshot_2018-08-13-12-03-02

これはユニット図鑑から所持しているカードを確認した画面です。

カードはそれぞれレアリティ、タイプ属性、4つの技、特性、フレーバーテキストを持っています。

ユニット図鑑画面からは持っていない技を含めて習得可能な技一覧が確認できます。

それぞれのユニットは4種類から7種類くらいの技を習得可能で、その中からランダムに4枚(重複あり)が自分のユニットの使える技になります。

この画面で、ポケモン対戦勢なら気づくと思いますがこのゲームにはポケモンをモチーフにした名前や技などをもったユニットが数多く登場しています。ぼくはポケモンが大好きなので、入手できたカードのモチーフが何か気づくととても愛着がわきました。


◆技を入れ替える方法
・スキルリロール
持っているユニットの技の組み合わせをリセットします。課金で手に入るスキルリロール固定は有用だったので、スキルリロール固定の240円かこれを含んだセットの360円くらい課金するとゲームがそれなりに楽になると思います。

◆ユニットを増やす方法
・スカウトカード
対戦中にスカウトカードを使うことで対戦相手のユニットをゲットできます。レア2以下くらいなら簡単に捕まるのですが、レア3やレア4だとなかなか捕まりません。マスターカード(要課金)を使えば確実にユニットが捕まります。

・ユニット合成
要らないユニット2枚を合成して別のユニットを生成します。レアリティが同じ同士を合成しておけば、基本は同じレアリティのままだけど何割かの確率でレアリティの高い別のカードに化けます。

・レシピ合成
指定のレシピ通りの4体をまとめて合成することで決まったモンスターを確実に入手できます。

↑これらを使って自分のデッキを強化したり、図鑑埋めを進めたりしてゲームを進めていきます。


Screenshot_2018-08-13-13-19-25Screenshot_2018-08-13-13-20-30

対戦要素やモチーフの話以外にもデザインやフレーバーテキストも気に入るものがありました。特にこのサラマンダーのテキスト、『「サラマンダーの姿をはっきり見た」というのは、嘘つきの言葉とされる』っていうのが世界観がすごく表れててぼくは大好きです。

オークファイター、砂隠れの民サンダンのテキストも良かったです。まだ持ってないユニットも多いのでもっと読みたいですね。




以上。リローテーションの紹介記事でした。