2014年10月

シングル構築 オニゴーリ軸エース構築 毒電磁オニゴーリ

ファファファ!小わっぱごときが拙者に闘いを挑むとは片腹痛いわ!

を食らったら自滅!痺れてしまったら無抵抗
の技の極意!ムラっけの恐ろしさ!受けてみるがよい!

毒麻痺ムラっけ2
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ゲッコウガ変幻自在ゴツゴツメット毒菱挑発熱湯冷凍ビーム
バシャーモ猛火 / 加速バシャーモナイト守るフレアドライブ馬鹿力叩き落とす
オニゴーリムラっけ食べ残し守る身代わり氷の息吹地震
ボルトロス悪戯心命の珠電磁波挑発10万ボルトめざめるパワー氷
ガブリアスサメ肌ラムの実地震逆鱗岩石封じ剣の舞
ギルガルドバトルスイッチ拘り眼鏡シャドーボールラスターカノンかげうちめざめるパワー炎

ムラっけツールを更新したから使ってみるためにちょっとオニゴーリ入りを作ってみました。
レートは1900くらいで安定、第128回九尾杯で使用して5-2予選抜けからの本戦は初戦敗退でした。

ムラっけは毎ターンの最後にABCDS回避命中のうちランダムで1つの能力が2段階あがり、1つの能力が1段階さがる特性です。さしひき1段階のプラスなので、十分なターンを稼ぐことができれば全能力をどんどん強化できる超強力特性です。ターンを稼ぐ方法としては守る+身代わり+食べ残しが採用されます。

ムラっけという特性のチート性能はこの特性を持つポケモンの素の種族値の低さで調整が施されています。ムラっけを持つ最終進化はオニゴーリ、オクタン、ビーダル、ドーブルのみで、合計種族値はそれぞれ480、480、410、250となっています。ノーマル+水で攻撃範囲が広そうに見えるビーダルが全く使われないのは特性ムラっけをもつポケモンの中でも一回り種族値が低いからです。

まもみがをする上で、相手より先に身代わりを張ることと身代わりを残すタイミングが作れることは非常に大切なので、ムラっけエースは麻痺状態の相手に死にだしすることが望ましいです。麻痺したポケモンと対面させ、痺れるか避けるまで身代わりを続け、身代わりが残った状態でだけ攻撃をして、身代わりを残したまま攻めていきます。自分より速いポケモンに交代された場合も安全に後攻まもみがを続けてS逆転を待てばいいため、他のまもみがポケモンと比べてムラっけ持ちは遅いポケモン→速いポケモンのに交代に若干強いです。
麻痺を撒けない場合、ムラっけエースより遅い相手に対面させることができればSが下降せずに回避かBDが十分に上がって身代わりが残るタイミングを待つ運ゲーが始まります。
ムラっけエースより速い相手と対面してしまった場合、相手の攻撃を耐えて身代わりを張ることが可能な場合はそこから後攻みがまもで時間を稼ぎ、Sが上昇して逆転したタイミングから攻めに回ります。
相手の攻撃を耐えられない場合が最悪のパターンで、守って回避をあげて避ける展開を祈ることになります。

ムラっけのランク変化の期待値

この戦術において主な弱点となるのが
1.攻撃技2つだけでは対応できないポケモン
2.連続技もち、音技もち、すり抜けのポケモン
3.吹き飛ばしなどの交代技やレッドカード
4.TOD(時間切れの判定勝ちを狙う戦術)
5.積みを無視してくる天然、聖なる剣など

1.について、私はオニゴーリの残りの攻撃技に氷の息吹+地震を採用することで解決しました。耐性検索で見て貰えばはやいですが氷と地面の両方を半減以下に抑えられるポケモンはFCロトム、ドータクン、ヌケニンしかいません。

2.について、PTの他のポケモンで対応することになります。このPTではメガガルーラやメガサーナイトに対して有利対面からそのまま相手のPTを半壊させられる受けにくさを持ったエースであるバシャーモ、ハイパーボイスに受けだしできるギルガルドを採用しています。また、毒菱によって火力を補いオニゴーリの能力上昇が足りない場合でも強引に突破を試みることもあります。

3.について、積みエースを軸にするPTに共通する課題ですね。一応、他の2体を倒させて積みエースをラス1にすることで対応することは可能です。しかしその場合も自分がラス1のポケモンを繰り出す際に対面する相手のポケモンをこちらに不利でないポケモンに誘導できるかどうかは難しいですし、4.のTOD耐性が大幅に落ちるプレイングを強制されることにもつながります。交代技に関してはある程度割り切ってしまった方がいいかもしれません。交代技を覚えるポケモンをエースが積む前でもワンパンできる程度まで削るプレイングは出来る限り狙うことにしています。

4.について、守る身代わりで十分に能力上昇ができる前提であれば強いというだけなので、相手がTODを狙ってきてターン数が十分に稼げないならばムラっけの強さは半減します。また、ムラっけに限らず起点を作ってエースを死にだしから全抜きを狙う構築では数的不利を作ることが前提にあるために、そこからグライオンのまもみがで30ターン潰してくる相手に対応できないというのはままあります。この構築の場合はグライオンを上からワンパンできる起点作り役からグライオンをワンパンできて受けループの面子に強いオニゴーリに繋ぐ並びにすることでグライオン耐性をつけています。ラッキーやポリ2が再生で居座ってTODを狙ってくるのを防ぐために毒菱を使うこともあります。ムラっけや小さくなる戦術はTODが弱点ということで、そこの対策をTODに甘えているPTはある程度存在します。そして、TODを禁止した大会に参加するときはそういう人はカモになってくれることがあります。

5.について、天然に対しては毒菱によってダメージを稼ぐことで対応しています。マジガピクシーならムラっけで起点、天然なら毒まもみがでムラっけ関係なく突破可能です。クリアスモッグや聖なる剣は使ってくるポケモンも多くはないし切ってます。当たってしまったら火力がピンポイントにあがって突破できるよう祈ってます。



この構築の弱点:(ガルーラorサーナイトorヘラクロス)+(舞クレセリアorファイアロー)の並び、ドリュウズ、不意の滅びゲンガー等


■ゲッコウガ 毒菱/挑発/熱湯/冷凍ビーム@ゴツゴツメット
155(60)-×-112(196)-127(28)-92(4)-187(220) → 参考
役割 : 毒菱撒き、ガルーラ、マリルリを誘ってゴツメで削る。

毒菱持ちの中でも速くて汎用性が高く、グライオンに打点があってガルーラも削ることができます。
雑に毒菱を撒きすぎるとバシャやマニュに電磁波が効かないせいで負けることがあるので展開に注意。

■バシャーモ 守る/フレアライブ/馬鹿力/叩き落とす@バシャーモナイト
174(148)-189(252)-90-×-90-114(108) / 174-233-100-×-100-134
役割 : かっこいいエース、外さない

ガルーラ、サーナイト、ニンフィア、ハッサム等に強くて単体で範囲が非常に広いエースとして運用できます。ボルト入りの相手に対しては囮として投げて、ボルトを釣って電磁波を貰いながらフレドラで倒し、オニゴーリの起点を作りやすくします。
ステロほどじゃないけど毒菱とも相性はいいです。

■オニゴーリ 守る/身代わり/氷の息吹/地震@食べ残し
161(44)-102(12)-102(12)-121(164)-92(20)-145(252)
役割 : このPTの中心、対受けループ、ムラっけで遊ぶ

主にクレセドラン、スイクン、ポリ2、フシギバナ等を起点にします。
電磁波があると身代わりを残しやすい。毒菱があるとエルフやピクシーも処理できるようになる。
氷技が冷ビでなく息吹なのは瞑想クレセ対策です。
最近流行ってるのは息吹+零度みたいですが、対ドラン打点は必要だと思うので息吹+地震推しです。零度採用の場合は身代わりスイクン、身代わりドラン、ジバコイルなどに対抗できなくなります。零度の試行が稼げる相手ならば当然息吹で削ることもできるでしょうし、零度はこのPTのように毒菱を採用していない場合は天然ピクシーを特に強く意識する場合に採用されるくらいでしょうか。零度採用はPPを減らして攻撃範囲をせばめて運負けの可能性をあげている雑魚だと思ってます。

苦手な相手はガルーラ、ヘラクロス、サーナイト等。特に三日月の舞で降臨されると高確率で負けます。

■ボルトロス 電磁波/挑発/10万ボルト/めざめるパワー氷@命の珠
155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)
役割 : 電磁波撒き、地面無効耐性+氷打点、飛行耐性+電気打点

■ガブリアス 地震/逆鱗/岩石封じ/剣の舞
183-200(252)-115-×-106(4)-154(252)
役割 : ロトムを起点にする。

■ギルガルド シャドーボール/ラスターカノン/影うち/めざめるパワー炎
167-×-171-111-171-72
役割 : 対フェアリー
ハイボ+めざパを耐えてメガサナをワンパンできる。(するとは言ってない。バシャで倒す。)
ドランハッサムと違ってめざパでワンパンされない。

相手サイクルにかけられる負担が大きいから眼鏡を選んだものの、もともと選出回数も少ないのでこの枠がこのポケモンであってるかはよくわからない。メガクチートを使ってた時と比べるとバシャーモと同時選出が可能になって明らかに勝率があがった。

いちげきひっさつ!

一撃必殺技の命中は30固定、相手の回避や自分の命中の影響を受けない。

この影響を受けないというのを回避率を上昇させる戦術への対策手段になると表現する人、多いですよね。

どう考えたって間違ってますよねこの考え方。通常技と違って常に相手が回避率MAXとして扱っているようなものなだけで、小さくなった相手に命中があがるわけではありません回避戦術には身代わりも同時採用されていることが多いです。相手が身代わりを持っていない前提にしても、まず確1や確2にできる普通の高命中技の有効打を考えた方がいいです。

一撃必殺を運試しととらえるならそれはそれでいいですが、私は一撃必殺技は高耐久回復技持ちの相手に対する有効打だと考えています。試行回数は稼げるけど相手を確定2発以上にできる技がなくて回復が追いつかれる場合に使います。だから具体的にはグライオンからカバルドンへの有効打だったり、オノノクスからエアームドへの有効打として挟みギロチンを採用しました。

シングル構築 カバルカパルシェン入り積みサイクル

カバルカパル
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
カバルドン砂起こしオボンの実ステルスロック欠伸吠える地震
ルカリオ精神力 / 適応力ルカリオナイト気合玉真空波悪巧み悪の波動
パルシェンスキルリンク王者の印氷柱針氷の礫殻を破るロックブラスト
ライコウプレッシャー光りの粘土リフレクター光りの壁10万ボルト吠える
ギルガルドバトルスイッチラムの実シャドークロー影うち剣の舞聖なる剣
ファイアロー疾風の翼拘り鉢巻ブレイブバードフレアドライブ蜻蛉返り寝言

並びみたら一瞬でわかるように、ただの積みサイクルです。
カバルカカイリューって並びをよく聞いたからアロー枠パル枠に当たる部分がカイリューにされてることが多いんだと思うけど、自分はパルシェンが使いたかったのでルカリオパルシェンから組み始めました。ルカパルがめっちゃ強くて、もっと考えて組んだPTよりレートが伸びた。
シーズン6で1800台中盤から開始して1947の207位までは行ったけどその後運負けの連続で開始レートまで落ちた。まだ10回も回してない。

選出はエース枠のパルルカガルドから2体、カバライコウアローから1体だすのが殆ど

カバルドン
ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし/地震@オボン
215(252)-124-139(4)-×-136(252)-57
役割 : 欠伸で起点を作る、ステロを撒く
5th厳選の妥協個体

ルカリオ
気合玉/真空波/悪巧み/悪の波動@ルカリオナイト
155(76)-×-90-183(252)-90-133(180) / 155-×-108-211-90-155
C特化、準速ガブリアス抜き
役割 : 先制技持ちの強い特殊積みエース 
ルカリオで対応できないスカガブスカランドを起点にするパルシェンを後続に置く前提で、ギルガルドを処理できる構成にしようと考えた結果控えめ悪巧み悪の波動を採用することになった。格闘+悪の範囲はフェアリー以外にはだいたい通る。フェアリーに対しては他で対処できるし鋼タイプだからハッタリがきくかもしれない。気合玉を当てる限り強い。波動弾と気合玉で確定数が変わる相手はヌオー、ポリ2、エンテイなど。
H212-D121メガガルーラを悪巧み+真空波で確定1発
H157-D170盾ギルガルドをステロ+悪巧み悪の波動で75%の乱数+2割怯み

パルシェン
氷柱針/氷の礫/殻を破る/ロックブラスト@王者の印
155(236)-149(164)-201(4)-×-66(4)-103(100)
役割 : ガブランドを起点にできる、先制技持ちの強い積みエース
あゆかぜさんのブログを参考にしつつAの調整はパクッて、Sは礫採用のパルならガブ抜きは必要ないと考えて破ってメガライボ抜きに調整、残りを耐久に。
この耐久によって鉢ガブの地震+破った後にメガギャラの地震を耐えてくれたり、スイクンの熱湯をいい感じに耐えてくれたり要所で耐えて怯ませなくても勝ちを拾える場面ができた。

ライコウ
リフレクター/光りの壁/10万ボルト/吠える@光りの粘土
166-×-95-166-120-183
役割 : 壁で起点を作る
あんまり選出してない。

ギルガルド
シャドークロー/影うち/剣の舞/聖なる剣
167-82-210-×-170-58
役割 : ニンフィアを起点にできる、先制技持ちの強い積みエース
調整先は忘れた。
ニンフィアの前で剣舞してる間に欠伸されるのが嫌なのでラム。ついでにガッサやゲンガーにも強くなる。
ゴースト+格闘の範囲は超広い

ファイアロー
ブレイブバード/フレアドライブ/蜻蛉返り/寝言
185(252)-146(252)-91-×-89-147(4)
役割 : 地面無効耐性、積まなくてもある程度火力がある先制技もち
他の構築だと耐久反動ダメ考えてHAが一番だと思ってたけど、この構築だとASにしてライコウ、ボルトを抜いた方が選出が楽かもしれない。

シングル構築 グライガルドメタモン軸サイクル

グライガルド
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ギルガルドバトルスイッチ拘り鉢巻アイアンヘッド影うち聖なる剣諸刃の頭突き
グライオンポイズンヒール毒々玉地震守る叩き落とすハサミギロチン
メタモンかわりものたべのこしへんしん
ライボルトマイナスライボルトナイトボルトチェンジ火炎放射めざめるパワー氷10万ボルト
カイリキーノーガードラムの実爆裂パンチ叩き落とすストーンエッジバレットパンチ
マリルリちからもちオボンの実腹太鼓アクアジェットじゃれつく瓦割り


自分にはサイクルを回す構築しか扱えないけどガルガルドばっか使うのも飽きたから別の並びを使いたいと思い、とりあえず今まで使ったことのなかった鉢巻ギルガルドを中心にして相性補完できてるポケモンを考えた結果、グライオンにいきつきました。グライの苦手なハイボ勢にガルドが強くてガルドの苦手なガブリアスにグライオンが強い。ギルガルド+グライオンで特に面倒になる相手がエルフーン等でその対策にメタモンを入れました。


どのポケモンも受けだせる回数が少ないので有利対面でも不利対面でも択ゲーが発生しまくります。


■ギルガルド@鉢巻 アイアンヘッド / 影うち / 諸刃の頭突き /  聖なる剣
167(252)-112(252)-170-×-170-81(4) → 167-222-70-×-70-81
役割:ゲンガナンス対策、ガルーラの処理、フェアリー耐性、抜きエース
対ガルーラでは後出しから聖なる剣で遂行する。猫+地震で倒されるのでガルーラ入りに初手で投げてはいけない。

繰り出し性能も抜き性能も高い神ポケ。影踏みカウンター無効でゲンガナンスに強い。
アイへ+影うちで無振りガブリアスが余裕をもって落ちる程度の火力なので有利対面を作ってアイへを交代先に入れればだいたい影うちで一貫を取れます。聖なる剣はガルーラ、ナットレイ等への打点。
ラス枠はシャドクロと迷ってますがとりあえず諸刃を採用しています。
シャドクロはクレセやギルガルド等への有効打になり、ノーマルがいない並びに対してアイへより一貫が取れます。
諸刃は物理ガルドの最大火力でサンダー等への役割破壊にもなる技です。反動が大きすぎるため実質的には命がけみたいな感じ。HBゴツメサンダーに諸刃をあてるともちろん相手は倒れるとして、反動で6割削れゴツメがあれば1/6削れ、繰り出し際に眼鏡ハイボあたりを受けていればそのまま落ちてしまいます。しかも低命中。

■グライオン@毒々玉 地震 / 守る / 叩き落とす / ハサミギロチン
意地177(212)-139(92)-146(4)-×-107(92)-129(108) ←くまぽけさんのブログのパクリ配分
役割:ガブ,エンテイ,状態異常技持ちに繰り出せるクッション、カバを切断する

地震無効でギルガルドと相性がいいポケモン。ガルドの拘りを解除するためのクッションとして採用。グライオンはまもみがTODマンとしてしか認識されてないけど普通にこの耐性と攻撃範囲だけで優秀。3ウエポンあるのを想定してない動きをされるおかげで有利になることもあった。もっと耐久に振ったほうが良かったかもしれない。
岩石封じ1回いれてから即TOD仕掛けるようなのはくっそウザいから消えればいいと思う。
XY環境になって初めてグライオンを使いました。強かったです。



■メタモン@食べ残し 変身
H155(252) 
役割:エルフ、ライボで対応できない電気、メガシンカの誤魔化し

ガルド+グライの並びをみて、クレッフィグライメタモンみたいだなと思っていれてみたら全然違うはずなのにうまく嵌った。
エースではなくサイクルをまわす駒として採用。役割遂行後には相手のメガシンカ枠に同速勝負を挑む。
爪やスカーフではなく食べ残しを持たせてサイクルを回すことを意識している。残飯なのでクレセリア等のメタモンよりHPが高いポケモンに変身せざるを得なくなった場合もそれなりに動ける。
リザードンやヒートロトム意識でめざ岩個体を採用。
相手の技構成を確認できるのも便利。草タイプに変身すると草タイプになるので地味に宿木胞子耐性がある。このPTはへど爆の通りが悪く草技の通りがいいのでバナにも安心して投げられる。



■ライボルト@ライボルトナイト ボルトチェンジ / 火炎放射 / めざめるパワー氷 / 10万ボルト
臆病145-72-80-157(252)-81(4)-172(252) → 145-72-100-187-101-205
役割:ボルトロス、サンダー、ファイアロー、マリルリ、ヤドラン、ルカリオ、ナットレイ等の処理
へど爆ギガドレ地震めざ炎のメガバナを使ったあとにライボルトに行きつきました。バナと違ってゲンガーに強い。
シングルのライボルトは相手がめざパ打ってても10万打ってても繰り出せるときに繰り出すんだし相手のポリ2にトレースされて利用されるのは面倒くさいしどうせ電気タイプ対面でも初手メガシンカするんだからマイナスが安定だと考えています。


■マリルリ@オボンの実 腹太鼓 / アクアジェット / じゃれつく / 瓦割り
202(212)-112(252)-101(4)-×-101(4)-75(36)
役割:サザン、ラティ受け
サザンドラあたりの攻撃を受け止める。そして流しながら太鼓を積んで全抜きを狙う。
滝登りのかわりに瓦割りをいれてナットレイでとまらなくしてみた構成。



■カイリキー@ラムの実 爆裂パンチ / 叩き落とす / ストーンエッジ / バレットパンチ
意地197(252)-181(116)-102(12)-×-121(124)-85(4) 
C222メガゲンガーのシャドボ高乱2耐え、H135-B101メガゲンガーを叩き落とすで1.5発
A200マンムーの鉢巻地震耐え
役割:マンムー対策、ポリ2を起点に相手のPTを崩す

爆パンよりもむしろ必中エッジが超強い。
グライのポイヒ発動前のこのPTに対して状態異常技が一貫してるように見えて、カイリキー自身も状態異常技に弱くて、ノーガードで命中不安の状態異常技も必中になって、持ち物もチョッキとスカーフばかり警戒されるということで毎回うまくラムが発動して役割破壊に役立っています。バレパン枠は冷パンや身代わりでも可
アローの必中鬼火→ラム発動→必中エッジ
ボルトの必中威張る→ラム発動→必中エッジ

単体考察 バクオング

exploud.gif
バクオングは威力140の音技である爆音波を一致で扱えるポケモンの中でペラップに次いでCが高い。
ガルーラ対策をゴツメに任せているが肝っ玉爆音波は一貫しているようなPTはよくあるため、うまく扱えば活躍できるマイナー。爆音波を打つだけで相手のサイクルを崩せるため削り役として優秀。

高火力特殊ノーマルであるためきもったまであればゲンガーやヤミラミに強い。
防音で採用すれば滅びの歌、ハイパーボイス、吠えるを無効化できるためニンフィア等に役割を持てる。
音技は身代わりを貫通するためグライオン、エルフーン、オーロット等に役割を持てる。
連続技でなく音技で身代わり持ちを対策する場合、倒しきれなかった場合に相手の身代わりが残ってしまうことに注意が必要。

特性きもったま or 防音
持ち物拘り眼鏡
爆音波 / 寝言
調整Aひかえめ179-×-115(252)-157(252)-93-89(4)
調整Bひかえめ179-×-83-144(156)-119(204)-107(148)

調整A BC振りしてストッパー性能を高めるパターン
H183-D105ガブリアスを眼鏡爆音波で81.3%の乱数一発
H171-D150メガギャラドスを眼鏡爆音波+1/4定数ダメで81.3%の乱数
A227メガギャラドスの竜舞アクアテールを1耐え

調整B CDS振りして物理受けに繰り出すパターン
H227-D151クレセリアを眼鏡爆音波で確定2発
シャンデラ、ボルトロス、ゲッコウガ等の耐久に振ってない紙耐久連中を爆音波で確定1発
C182ゲンガーのヘドロ爆弾を乱数2耐え
S4振りクレセ抜き、バナとかも意識

特性きもったま or 防音
持ち物突撃チョッキ
爆音波 / 気合玉 / 大文字 / 冷凍ビーム
調整ひかえめ191(92)-×-84(4)-157(252)-107(108)-95(52)

C222メガゲンガーのへど爆×2+毒ダメ×1最大乱数以外耐え
A200ガブリアスの逆鱗1耐え
眼鏡でなければガブやハッサムに弱点技を打ち分けることができる。
眼鏡で調整する場合はD特化してもC222メガゲンのへど爆2発を高乱数耐えくらいしかできない

特性防音
持ち物たべのこし
爆音波 / 身代わり / 影分身 / 火炎放射or挑発
調整臆病179-×-83-143(252)-94(4)-132(252)

最速ギルガルド抜き、あまりCS
分身界隈からの使者
素でニンフィアを起点にでき、吠えるが効かない積みエース。
積み技が影分身くらいしかないため展開速度が非常に遅い。

使ってみて、分身を積める機会が少なく普通に爆音波を打つだけになることが多かったがそれでも多少活躍していた。爆音波は強かった。
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644


このブログは週一更新が目標
記事検索
初心者向け記事
◆初心者にはまず読んで欲しい ◆厳選&育成について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ