2013年01月

物理受けデスカーン

563.png
特性ミイラ
持ち物食べ残し or カゴの実
シャドボorサイキネ / 鬼火 / 呪い / 眠る
調整図太い H252-B132-C124
実数値165-×-200-131-125-50

アタッカーでなく物理受け要員として採用するならこれがテンプレかなと思う構成です。

普通は眠る採用の場合はカゴ一択だと思いますが、霰砂に対して選出することも多く、自分側もバンギと同時選出することが多かったために残飯を採用しています。

毒玉残飯ガッサには呪いで遂行でき、襷珠ガッサにも乱数次第で後だし可能。
武神に対しては鉢巻珠ラムオボン関係なく後出しから処理可能。毒々持ちも余裕。

交代読み及び遂行に鬼火や呪いが一貫し、起点にされそうなら呪いという選択肢もある。寝ていても受け性能が素晴らしいため、素眠りしても負担はそこまで大きくない。

スカバンギまでなら後出しされても鬼火から素眠りで処理可能。その際、残飯込なら交代読みで一発対面してからもう一発試行回数を稼げる。

ハッサムにも後出しが可能だが、対珠ッサムでは鬼火撒いても剣舞6積みから2撃で突破されるので、鬼火撒いたあとに眠るではなく呪いが安定択、落としきることはできない。

HBぶっぱがいいのかC割く方がいいのかはよくわかってないから調整先を探し中。パルシェン意識してる風にしてるけど、これは対面で破られないようにであって後出しはもちろん無理。B204は確保した方が無難なのかな。

H種族値のせいで特殊耐久は低く、打ち合うには技の火力が足りないし役割放棄になるため特殊と対面したら素直に引くか、積まれて全抜きを防ぐ意味で呪いを使うか。





被ダメ
陽気マンムーの 地震 31.5%~38.1% 残飯込で高乱数3耐え

陽気ヘラクロスの メガホーン 18.1%~21.8%

陽気テラキオンの ストーンエッジ 30.9%~36.9%

意地ローブシンの 冷凍パンチ 素 18.1%~21.8%, 鉄拳 21.8%~26%, 珠ちからずく30.9%~36.9%

陽気バンギラスの 噛み砕く 50.9%~61.8%

意地カイリューの 逆鱗 41.8%~49.6%

陽気ガブリアスの 地震 31.5%~38.1% 逆鱗38.1%~45.4%

珠ッサムのバレパン(テクニ込) 1舞 52.7%~63.6%, 2舞 80.6%~95.1%, 3舞106%~126%

テクニガッサの種マシンガン 襷 13.3%~16.3%, 珠17.5%~21.2%

与ダメ
シャドボ
 無振りガッサ 55.5%~65.1%
 無振りラティオス 59.3%~70.9%
 無振りテラキオン 32.5%~38.5%
 Hぶっぱクレセリア 35.2%~42.2%
 D特化ドクロッグ 25.2%~30%

サイキネ 
 無振りキノガッサ 82.9%~97.7%
 無振りテラキオン 49.3%~59%
 D特化ドクロッグ 73.6%~88.4%
 
 




HBライン
・H165-B191 (H252-B68振り)
  珠ッサムの2舞バレット確定耐え
・H165-B193 (H252-B84振り)
  火傷状態のスカバンギの噛み砕く確定4発調整→交代読み鬼火外れ、噛み砕く耐えて鬼火から素眠りできる。
・H165-B198 (H252-B116振り)
  A特化珠パルシェンの破り氷柱針のダメージ域が32~29から31~36に動く
・H165-B204 (H252-B164振り)
  珠テクニガッサのタネガンのダメージのダメージ域が29~35から27~32に動く。
Cライン
・C131 (C124振り)
  破ってD下降状態意地っぱりH156振りパルシェンが確定で落ちる。
  破ってD下降状態意地っ張りH220振りパルシェンが+珠反動で落ちる。
  D特化ドクロッグの身代わりが確定で壊れる。

シングル構築 脱出雨舐めてるんですかーん?

12/29九尾杯を運だけで予選抜けて決勝まで進んだ脱出雨をその後いじりつづけた結果が今回のPT、当初使いたかったライコウは結局抜けちゃったんですが、まぁ仕方ないか(

その九尾杯の決勝トナメ初戦であたったいしよまさんのデスナットが印象的だったので取り入れてみた感じです。いしよまさんは残飯守るナット+尻尾トリックデスカーンだったけど、自分のは残飯デスカーンにカゴナット。ナットデスカーンを試す前に同じ枠でデスカーンの代わりにミカルゲ、ナットの代わりにラッキーとか試して微妙な結果でした。脱出雨の起源の人はソーナンスを使っていたみたいですが、ナンスだと毒武神がきつい気がして嫌だったので眠って武神受けができるポケモンを探しました。

1/20奉納祭に参加して予選ブロック内同率1位になった構築です。くじ運で惜しくも予選抜けを果たせませんでしたが、勝ち試合は完全な勝ち、負け試合は運負けが2試合とプレイングでわからされたのが1試合で、今のところ穴もみつかってないしプレイング上達しさえすればPT自体は結構いいんじゃないかなーと思ってます。

1/26九尾杯で5-2でOppの差で惜しくも予選落ちでした。アグノム桜の対処方が練れてない;

2/10九尾杯で5-1で11位予選抜け、本戦2回戦落ちのベスト16でした。バンギのエッジ2連急所などで突破はできたものの挑発ムドーが穴になっていたことが発見できた。

2/17九尾杯で4-2で34位ぎりぎり予選落ちでした。壁パが重いこと、挑発ムドーが厳しかったことを受けてトノとバンギの構成をある程度いじり、トノの守るを瓦割に変更。バンギの追打を火炎放射に、拘り鉢巻を格闘ジュエルに変更しました。

そういえば、ルカリオとか瞑想ビリジとかは構築段階で切ってます。

186.png230.png473.png598.png563.png248.png
ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ニョロトノ雨降らし脱出ボタン熱湯アンコール滅びの唄守る
キングドラすいすい拘り眼鏡波乗りハイドロポンプ竜の波動流星群
マンムーゆきがくれ気合の襷ステルスロック氷柱針氷の礫地震
ナットレイ鉄のトゲカゴの実種マシンガンジャイロボール鈍い眠る
デスカーンミイラ食べ残しシャドーボール鬼火呪い眠る
バンギラス砂起こし拘り鉢巻ストーンエッジ噛み砕く馬鹿力火炎放射

トノグドラの脱出雨+αの選出をする際に残り4体のどれも相性がよくなっていて相手に合わせやすいです。

相手が受けよりのPTでグドラが腐るときはナットデスカーンで受けまわしつつ、素眠りで煽りつつ、少しサイクルを回したところで鉢巻バンギでサイクルを断ち切って、デスカーンの素眠りでとどめを刺します()
デスカーンが神速無効であることで、カイリューに起点にされたところで放置して逆鱗を打たせ、ナットの鈍いの起点にするということもできます。



186.png
■ニョロトノ@脱出ボタン
実数値:197(252)-×-125(148)-111(4)-130(76)-94(28)
技:熱湯 アンコール 滅びの唄 瓦割り

グドラの補佐として。脱出トノならば眼鏡流星鉢巻逆鱗に対して後出しからトノを残したままグドラを召喚できる。アンコは対ガモスの際に、2舞でグドラを抜いて全抜きしようとするのを阻止できる。滅びの唄はラス1の相手に対して滅び→守る→交代→守るで落とすために使う。バトン構築やまもみがのメタにもなる。
マンムー対策なのか初手でハッサムを出されることが非常に多かったため、ハッサム読みでトノ先発で熱湯から蜻蛉不発で脱出してグドラ降臨の流れが強かった。

230.png
■キングドラ@拘り眼鏡
実数値:151(4)-×-115-161(252)-115-137(252)
技:波乗り ハイドロポンプ 竜の波動 流星群

雨パエースとして採用。波乗りハイポンでよく急所を引くいい子。

473.png
■マンムー@気合の襷
実数値:185-172(172)-111(84)-×-80-145(252)
技:氷柱針 氷の礫 ストーンエッジ ステルスロック

ステロ撒いてグドラの一貫を高めるかつ竜対面で氷柱をうてるポケモンとして採用。雨マンムーはステロ氷柱礫が確定でラス枠は選択だと思っているので地震、馬鹿力、我武者羅、吠える、地割れと迷いつつエッジを採用した。他の技でもいいと思う。地震や我武者羅使ってたときは、スイクンクレセ見た時点でマンムー選出する気が失せるから使う場面ないかなと思ってました。

598.png
■ナットレイ@カゴの実
実数値:181(252)-123(68)-161(76)-×-165(108)-22
技:タネマシンガン ジャイロボール 鈍い 眠る

雨ミラー時の対策として採用。トノ、グドラ、ナット、マンムーに強く、雨メタのスイクン、トリトドンにも弱点をつける。デスカーンに残飯を奪われたことと、ナットミラーを意識して鈍いねむカゴ型。鈍いを積むことで火力の低い格闘に後出しされてもある程度対応できる。残飯でなくウィップも持っていないので雨下グドラを任せることができず、バンギで天候変えつつグドラを受けに行く形になります。

563.png
■デスカーン@残飯
実数値:165(252)-×-204(164)-127(92)-125-47
技:シャドーボール 鬼火 呪い 眠る 

ローブシン、キノガッサ、ドクロッグ、ヘラクロスあたり格闘をすべて一任する。それができるのがデスカーン。根性だろうが鉄拳ラムだろうが関係なく鬼火まいてれば遂行交代読みに一貫するという安心感。痛み分けによる回復では信用できないと思ってるので素眠りを採用。遂行兼交代読みで珠ッサムやバンギに鬼火を撒いたあとに素眠りを連打ていれば相手が攻めあぐねてどうにかなる場面が結構あった。呪いはポイヒガッサや身代わりナット、まもみがドラン等に刺さる。シャドボの枠はサイキネと変えてもどっちでも良さそう。デスカーン考察してる人が少なくて調整どうしたらいいか分かりません()
残飯持たせてないとガッサへの後出しは厳しいかな。ガッサ、ローブシン、スカバンギが多い現環境にデスカーンがよく刺さっていて、デスカーンの選出率が非常に高いです。
素眠りについてですが、素眠りは起点にされるからしない方がいいというのが常識ですが、このPTにおいてデスカーンに任せられている役割が眠っていても支障が大きくはありません。デスカーンの役割を持ちたい相手が格闘で格闘のドレパンは無効化して相手には回復ソースがなく、デスカーンがただいるだけで鬼火、砂、ちからずく消失後の珠の定数ダメで削ることもできるし相手がデスカーンを倒す前に起きます。残飯が眠っている間の回復ソースとして活きてきます。デスカーンを起点にしそうな相手がいるなら普通に引けばいいだけ。

248.png
■バンギラス@格闘ジュエル
実数値:189(108)-171(132)-131(4)-103-138(140)-113(172)
技:ストーンエッジ 噛み砕く 馬鹿力 火炎放射

キュウコンクレセメタとして採用。スカバンギの流用なので眼鏡流星耐えの最速で、鉢巻なのにA殆ど振ってない個体です。意地ASぶっぱじゃなくスカーフ型の流用の耐久に厚くした個体だったおかげで眼鏡潮吹きブルンに後出しがききました。火力は、今のところ不足に感じてない。スカーフ想定で動いてくる相手に刺さる。火力の不足を感じることがあればS落としてもいいけど、最速ならば相手バンギの格闘技以外に対して後出しが安定し、耐久にしっかり振っていれば眼鏡ブルンまで後出しがきく。ノオーにも確実に先手がとれて、意地バンギや意地ハッサム意識で調整したトノやスイクンにも強く負担をかけていくことができるということでなくはないと思う、意地と比較はしてないけど。

イバンバクーダ

323.png

ACが高めだけど技やSの関係でアタッカーとして運用するのはなかなか厳しいです。
一致技の通りは悪いし、電気無効、氷等倍、炎虫半減という耐性を利用した起点作り役がまだまし。

特性ハードロック
持ち物イバンの実
ステロ / 欠伸 / 岩雪崩or大文字 / 大地の力or地震or吠えるor守るor堪える
調整生意気 (穏やか) H252-D252-B4
実数値177-120-91-125-139-54


H177-D133以上確保することで、C159以下のサンダーの眼鏡めざ飛行を2耐え

他に調整したいところが特に思いつかなかったのでそのままHDぶっぱとしています。

採用理由は対ガモス、ボルト、サンダー、ライコウあたり

イバンを持つことでステロ→欠伸を安定させようと考えました。ステロを撒く段階は頑張りましょう。

大文字は一応ナットレイシュバルゴには先制して使えるけど、どうせ炎技が抜群な相手に繰り出しは厳しいし。岩雪崩は遂行技として必要な可能性があるだけで、火力がなくて交代先に刺さらないという意味ではエッジも同じだから命中とるかな。バクーダで役割を持ちたい相手に相性的には岩技の方が一貫するという。

地面技か吠えるがないとこれだけタイプ相性有利なのにノイコウに起点にされるという異常事態が起きます。

殴ろうとしても水や竜に止められまくります。水もでてくるから交代読みめざ氷もリスクが高い。


バクーダ、使おうとしても汎用性が低くてカバルドンやガブリアスの劣化臭が酷くて厳しいですね。襷持たせてとりあえずステロだけは保障できるようにしたり、S振りで無振りハッサムを抜いて蜻蛉の前に焼いてみたりも面白そう。トリルから噴火できる可能性もありますね。どの型にしても不思議とあまりバクーダに魅力感じない気もしますが



C特化ウルガモスのめざ地 32.7%~39.5%  1舞めざ地 49.7%~59.3%

C特化ウルガモスの1舞珠文字 54.8%~64.4%

臆病眼鏡ラティオスの流星群 87%~103.3%


岩雪崩
 無振りボルトロス 50.6%~59.7%
 無振りウルガモス 100%~120%

大地の力
 無振りライコウ 65.4%~77.5%
 H153-D65パルシェン 64.7%~76.4%

イバンの実の効果検証

第五世代、つまりBW、BW2でのイバンの実の仕様について検証する。


イバンの実:自分の体力が1/4以下になったときに先制して行動できる。

売値は30000円


イバンの発動はターンの最初であるため、ターンの途中で相手の技等で体力が1/4以下になってもそのターン中はイバンは発動しない。

ターンの開始時に体力が1/4以下になっている場合、ターンの最初にイバンが発動し消費する。先制か後攻かの決定は先制の爪と同様で優先度が同じ技の場合は素早さに関係なく先制するが優先度の枠は超えない。優先度+0.5と考えると分かりやすいと思う。

4世代までは優先度が違ったり交代時だったりでイバンによって先制することができない場合は温存できていたようだが、今作からは相手と技の優先度が異なる場合や相手が交代時の場合でも技選択時にHPの発動条件さえ満たしていればイバンは無駄消費してしまう。


先制の爪とイバンがぶつかった場合はどう判定されるかは未検証である。




頑丈持ちのポケモン、先制の爪を持たせても機能するポケモン、ステロ欠伸するポケモンあたりがイバンと相性がいいんじゃないかと思ってる。イバンナンス考察してる人はみかけた。
プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644


このブログは週一更新が目標
記事検索
初心者向け記事
◆初心者にはまず読んで欲しい ◆厳選&育成について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ