ゲッコウガローテ 準優勝構築

ゲッコウガゲッコウガゲッコウガゲッコウガ
ゲッコウガのみ使用可能のローテ大会に参加してきました。

そして、僕の使用構築がこれ!

無題

木の葉隠れ第7班構築です。
 
ゲッコウガうちはサスケ
ようき 179(252)-115-88(4)-×-91-191(252)
グロウパンチ/影うち/滝登り/燕返し@弱点保険
ゲッコウガはるのサクラ
ようき 179(252)-115-88(4)-×-91-191(252)
ダストシュート/けたぐり/恩返し/電光石火@拘りスカーフ
ゲッコウガはたけカカシ
ひかえめ 179(252)-103-105(140)-141(44)-100(68)-143(4)
熱湯/草結び/冷凍ビーム/神通力@軽石
ゲッコウガNARUTO
ようき147-147(252)-88(4)-×-91-191(252)
ダストシュート/けたぐり/かげうち/電光石火@拘り鉢巻



水悪の弱点をつける けたぐり、草結びが強い環境だと考えて、その威力を抑える軽石や先制ダストシュートが強いと考え構築を考えました。初手はサスケ、サクラ、カカシの3人で裏がナルトです。

サクラちゃんのHSスカーフダストシュートで高い耐久を確保しつつH振りゲッコウガまで確2にする火力を得ることができます。これで全体的に相手のHPを半分以下にしていき、味方の影うちで詰めます。

サスケは弱保グロパンで火力をあげて影うち。あとの2つの技は使わなかったので電光石火を入れた方がよかったです。HP振りの耐久はちょうどよく、蜻蛉で逃げられた場合にも弱保でアドを稼げて調整とアイテム選択もよかったです。

カカシは他で縛り切れないときに相手の高火力技も耐えて削りができる構成にしました。オボンのほうが良かったかなと思える場面もありました。

ナルトは4枠全抜きエースとして電光石火か影うちで全抜きを狙います。サスケの影うちを見てノーマル技を使ってくる相手に電光石火を使えるのが良かったです。



大会ではスカーフ持ちで削り、積み技+先制技と拘り先制技で削って詰める動きがだいたいうまくきまりました。ローテーションバトルのルールに適した構築にできていたと思います。統一制限の大会でありながらほとんど同速勝負を気にせずに対戦できました。

決勝では間違えてナルトでダストシュートを押してしまったせいでS負けして負け。HP振りであれば行動回数を稼ぎやすいと思ったのが完全に正解で、逆にHPに振ってない個体は同速負けからのワンパンに常におびえなければならないため、ナルトはAS振りを採用した時点で先制技以外を選ぶリスクをなくすために石化影うち2つのみの構成にするべきでした。


ダブル構築 アマルルガ入りポリ2クチート

アマルルガゲッコウガポリゴン2
メガクチートモロバレルファイアロー

ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
アマルルガ雪降らし氷柱プレート吹雪大地の力電磁波守る
ゲッコウガ変幻自在命の珠吹雪けたぐりダストシュート岩雪崩
ポリゴン2ダウンロード進化の輝石トライアタックめざめるパワー格闘トリックルーム守る
クチート威嚇→ちからもちクチートナイト叩き落とすじゃれつく岩雪崩守る
モロバレル再生力ゴツゴツメットギガドレインヘドロ爆弾キノコの胞子怒りの粉
ファイアロー疾風の翼拘り鉢巻ブレイブバードフレアドライブ蜻蛉帰り寝言

◆調整
アマルルガれいせい 230(252)-×-92-166(252)-113(4)-56
ゲッコウガむじゃき 147-147(252)-87-124-81-191(252)
ポリゴン2ひかえめ 191(248)-×-111(4)-156(248)-116(8)-80
メガクチートいじっぱり 157(252)-150(252)-105-×-76(4)-70 → 157(252)-172(252)-145-×-116(4)-70
モロバレルずぶとい  219(236)-×-121(156)-105-115(116)-50
ファイアロー いじっぱり 185(252)-146(252)-91-×-89-147(4)

◆狙い
トリル選出を警戒させておいてゲッコウルルガを刺す。両吹雪だと思わせて威嚇をださせずに、吹雪につよいガルーラニンフィアあたりを物理ゲッコウガでワンパンする。
アマルルガゲッコウガ+メガクチート@1

吹雪を警戒してくれる相手にはトリル展開で普通に殴る。ポリ2の守るでいい感じにアドが稼げる予定。
ポリゴン2モロバレル+メガクチート@1

◆改善の余地
アマルルガ電磁波の枠はあまり意味を考えてないのでフリドラ、原子の力あたりも選択肢。
 メガクチート不意打ちを切ってるのはさすがによくないかもしれない。

・S順を特に考えていない。最遅にした方がいいポケモンがいるかもしれない。アマルルガを早くする選択肢もある。
・ワイドガードとかきついかもしれない。
・ノオーじゃなくアマルルガ採用した利点ってなんだ? 熱風とかに弱くなりすぎないしいいか。

アマルルガゲッコウガメガクチートトゲキッスロトム(ウォッシュ)ランドロス(霊獣)
 バルドルのなみのり日記 【全国ダブル】アマルルガ+ゲッコウガ霰パーティ

ダブル強者が作ったアマルルガ入り構築です。偶然似た並びになっていて、自分よりも深く考察されていました。この人の記事を読むほうが私の構築の改善点も見つけられそうです。

単体考察 怖い顔ガブリアス

ガブリアス
特性サメ肌
持ち物ハバンの実
逆鱗 / 地震 / 岩石封じ /怖い顔
調整ようき 183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

S17スペシャルレートで使うポケモンを考えていたら「こわいかお」という技を初めて考えてみたくなりました。

ガブリアスは耐性と打点から炎タイプに強いです。鋼タイプのドリュウズあたりにも強いですね。

電気タイプの中で特に多いジバコイルに対しては岩技でいったん頑丈を潰してから地震で殴るとイバンも弱保も発動しなくて無難そうです。(拘りを持たせないメリット)

ドラゴンタイプの対策として採用でき、意地スカーフオノノクスの逆鱗でも耐えることができます。(ハバンを持たせるメリット)

オノノクスに対しては鉢巻、スカーフどちらを想定してもハバン逆鱗で勝つことができます。

カイリューに対しては、スカーフ逆鱗に対しては耐えてサメ肌で削って逆鱗で勝つことができますが、そうでない場合はこちらの逆鱗を受けて弱点保険逆鱗で返り討ちにされることがあります。ここで「こわいかお」を使用することで、相手の逆鱗を受けてサメ肌で削りつつスカーフ持ち想定でも先手をとれるようになり、次ターンに逆鱗で倒すことができます。

カイリュー視点でガブリアスがスカーフ逆鱗してきた場合に逆鱗でなく龍舞を選択しているのは負け筋になるはずなので逆鱗を選択してもらえるはずです。

鉢巻逆鱗まで想定してB振りしてもいいかもしれません。

プロフィール
秋桜(こすもす)

ポケモン対戦勢でシングル、ダブル、トリプル、ローテ勢。 未進化や種族値制限とかの制限ルールも好き。

いろんなポケモンを、特徴にあったルールで、強い構成で、相性のいいパーティを作って活躍させたい。

ORAS最高最終レート
シングル 2009
ダブル 1916
トリプル 1801
ローテ 1644


このブログは週一更新が目標
記事検索
初心者向け記事
◆初心者にはまず読んで欲しい ◆厳選&育成について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ